Runcas180 #095 insta360 GO part 1

kofuziのレビュー動画充電ケースの色が違う
kofuzi Insta360 Go – Can It Vlog? (stabilization, low light performance, audio)

ポッドキャスト:

音楽:

ご注意:番組で使っている音源はモノラルでかなり強く圧縮をかけています。本来の音質ではありませんので、ここで聴いたもので音質をご判断いただかないようお願いします。

twitter:@runcas180
instagram:panhead
pinterest: スポーツ・シューズ
twitter:@geek_panhead

Runcas180 #094 New Balance FUEL CELL REBEL

  • 性格:ニュートラル、ミッドフットストライク向け
  • クッション:Boston boost 3 と同程度
  • グリップ:良好(濡れたグレーチングとマンホールの蓋には注意)
  • 重量:182g 25.5cm
  • アッパー:ブーティ構造のニットで柔らかい。快適(個人の感想です)
  • ライド感(ロッキングチェア効果):強 NIKE ZOOM STREAK 6 と似ている
  • ドロップ:6mm
  • 公式サイト:New Balance FUEL CELL REBEL

SJDのレビュー動画

ポッドキャスト:

音楽:

ご注意:番組で使っている音源はモノラルでかなり強く圧縮をかけています。本来の音質ではありませんので、ここで聴いたもので音質をご判断いただかないようお願いします。

twitter:@runcas180
instagram:panhead
pinterest: スポーツ・シューズ
twitter:@geek_panhead

Runcas180 #093 舞鶴赤れんがハーフマラソン2019 反省

反省:

  • ◯集合と同時にスタートブロックに入ったのは正解
  • ◯リストバンドとHALOヘッドバンドは正解だった
  • ✕安物の帽子は通気性が悪く暑かった
  • ✕Insta360 GO の操作をミスって前半で電池切れさせてしまった
  • ✕ポンチョをベルトポーチに挟んだのは失敗だった
  • ✕GARMIN の iPhone との接続が切れていて、ペースが分からなかった

Insta360GOで録った動画

Relive動画

言及したことへのリンク:

ポッドキャスト:

音楽:

ご注意:番組で使っている音源はモノラルでかなり強く圧縮をかけています。本来の音質ではありませんので、ここで聴いたもので音質をご判断いただかないようお願いします。

twitter:@runcas180
instagram:panhead
pinterest: スポーツ・シューズ
twitter:@geek_panhead

北海道旅行&北海道マラソン 2019/08/25 マラソン+反省会編

スタート前

 5時頃にトイレに行ったらすでに準備を開始しているランナーがいて驚いた。そして、トイレに立ったら雨模様・・・クヨクヨしても仕方がないので、ベッドに戻り二度寝。熟睡できないまま6時頃に目は覚めたが、起き上がってもすること無いので、7時頃までダラダラして過ごした。

 7時に起きて普通の服に着替えコンビニへ。このホテルは持ち込み禁止なので狸小路商店街のアーケードを歩きながら(雨が降ってるので)チュロスを食べた。High5のエネルギー・バーを持ってきていたが、スタートまでの時間が短いのとチュロス食べたら腹いっぱいになったので、朝食はチュロスだけにした。

 ホテルに戻って歯を磨いて本格的な準備を開始。まず、テーピング。今回はフルなので3本取りにしたが、ベッドに座ってだったのでうまく貼れなかった。次はタイツ。新しい2XUのタイツはきつくてこれまた履くのに苦労した。靴下はC3fitの5本指。Hoka DirectX はボックスが広いので5本指ソックスが丁度いい。Tシャツは当然8ビートTでゼッケンは昨晩付けておいたので簡単。GARMIN 心拍センサー、ウエストベルト、アームカバー、GARMIN 630を巻いたら準備は完了。チームビーズは23日から風呂の時以外、無くさないように、忘れないように、つけっぱなし。ランニング中の補給ジェルは昨晩ウエストベルトに入れておいた。Halo のヘッドバンドはスタート位置で付けるようにベルトに挟んで出発。

集合

 ホテルを出たのが 7:55 。雨が降っていたが、ポンチョを取りに帰る時間はない。集合地点まで余裕で着くと思っていたが、会場に近づいたらバリケードが張られていて道路を渡れなくなっていた。車椅子のレースが先に始まるということでコースが締め切られていたのだ。これには焦った。規制のないところまで戻ろうとしたがかなり大回りしないといけなかった。地下街の出入り口が見えたので、「ひょっとしたらここ使ってあっちに行けるのでは」と思い階段を下った。正解だった。地下街を通って公園の近くまで行って地上に出たら集合場所まで行けるところに出た。

 そこから軽く走ってFブロックに向かった。ランナーの数が半端なく見つけるのは至難だった(後で考えたら、前日打ち合わせていた集合地点を自分が勘違いしていたのだった)。ありあどねさんからのラインで場所を確認して少し遅れて集合した。

 そこで、ボッチランナーの憧れ、シューズ円陣ならずシューズ三角陣を作った。さらに、近くのランナーにお願いして記念撮影も敢行した。こういう記録が残っているのは自分の場合は全く初めてだ^^;

 この後すぐに各自のブロックに散った。移動中に、持参した水でスティックコーヒーの空き袋に詰めたMRMのBCAAを流し込んだ。傍から見てる人には突然ブレンディのスティックコーヒーを粉のまま一気飲みする変人に見えたかもしれない。

スタート・ゴール

 北海道マラソンのブロック分けは人数の割に大きい。道幅が広いことと道路のブロックを活かして規制を楽にするためだろう。A、Bは特別に小さなブロックが設定されているようだが、C以降はおそらく1ブロックに2,000人近くが入ることになっている。自分が入ったときにはFブロックの半分以上が埋まっていた。この時点で記録的なことは頭になかったので、無感情で並んだ。あまり鍛えてない感じの人がたくさん自分の前にいるというのも予想通り。

 前の方で行われている誰かの紹介とかもほとんど聞き取れない。号砲は聞き取れたがなかなか動き出さない。これも予想通り、歩いたり立ち止まったりしながら何分かして右折したらゲートと計測装置が見えてきた。ジョギングペースでゲートをくぐった。

 ここからは断片的な記憶しかない。前半は気温が低く雨が降ったり止んだりで走りやすかったが、目標の5分30秒ペースで走ることは全くできなかった。道幅は広いが人が多いので人口密度はなかなか下がらなかった。少し走りやすくなったのは7kmから8kmくらいだったらしい。これはGARMINのログによると8kmから5分30秒前後のペースになっているが、実際には前が空いたからではなく、スペースを見つけやすくなって右に左に隙間を見つけてペースアップを開始したのがそのあたりという感覚だった。本当に前を気にせずに走れるようになったのは15kmくらいを過ぎてからだったと思う。

 土地勘がないからどっちを向いてどのへんに自分がいるのかもさっぱり分からず、人の流れに乗って走ってるだけだった。一箇所だけ、昨晩「あそこの長い折返しの直線は辛い」と聞いていた場所だけは分かった。STRAVAのマップを見ていただければ分かる。北西に伸びる川沿いの直線路だ(今調べたら新川通だった)。7kmくらいの直線路の先に折り返しが有るというもので、単調で辛い。ここで、前の人達とすれ違うが、折返しはなかなか来ない。そして、このへんで雨が上がり急激に天候が悪化し始めたのだ。

 もちろん、この場合の悪化とは雲が消えて直射日光が射し始めるということだ。新川通を北西に走っているときには向かい風で体力的にはきつかったが、空冷効率がよく救われたが、折り返すと追い風になり暑くなり始めた。強く風が吹くと冷やされるが弱くなると進むことで浴びられる冷えた空気が減り体の周りの熱い空気の層が剥がれなくなる。

 この直線の往路で中間点を過ぎたが2時間を過ぎてたので、「まあ、前半がゆっくりやったからしょうがないわ」と思いながらDブロックからスタートしたポッキンさんを探しながら走っていた。ここまででだいぶEブロックを泳ぎきって、Dブロックの潮流に変わってきていたから。

 復路の途中に30kmの関門があったが、よく見えなかった。見えても、スタートまでにどれくらい掛かったかわからないから計算するのは不可能に思えて、あまり熱心に時計を見なくなっていたから。

 レースの山場は30kmからだった。雲が完全に消えて、真夏のような直射日光にさらされ始めた。給水ポイントのたびに水を浴び、スポーツドリンクを飲んだ。コーラも一回飲めた。沿道の人も心得ているのかこの直線の復路には多くの私設エイドがあった。自分はバナナ、バームクーヘン、スイカを頂いた。何がどれくらい効いたのかは知らないが、それぞれ気分のリフレッシュにはなったと思う。一番美味しかったのはスイカだった。確か、一箇所目のスイカエイドで取れなくて、二回目の時に少し立ち止まってもらったのだった。一口大に切ってあって、美味しかった。

 帰りには往路になかった北海道大学構内に誘導された。北大まで来たらゴールは間近なはずと思い気合を入れ直した。かなり限界に近い状態だったが、なんとか歩かずにゴールしたいと思ってペースを刻んだ。チームビーズに恥ずかしいことはしたくない一心で止まりたい心を抑えつけた。

 ゴールに着いて休みたいという気持ちは別に、イベントが終わることへの寂しさも感じていた。2月末の皇居ランの後の食事で、ポッキンさんの思いつきから始まって、そのときは全くイメージが湧いてない中、3/3の篠山マラソンの当日に申し込みをしたのだった。「あと5km、30分で終わるんや」と・・・

 後で知ったのだが、北海道庁舎の建物の前を通っていたらしいが(というか、ルート図を見直したらたしかに通っていた)、全く気づかなかった。北大の構内に入ってから道幅が狭くなり、短い間隔でカーブがあったのでペースの遅い人と交錯しないように神経質になっていたからだ。ペースを落としてしまうとその後で加速するのに脚力を使うから。自分は北海道庁舎の敷地を北大の敷地だと思って走っていた。

 北大の構内(実際には北海道庁)から都会の道に出たらすぐにゴールと思っていた。しかし、そこからが結構遠かった。最後のコーナーを曲ったらすぐかと期待していたが、曲がってもアーチは遠かった。コースの横には隙間なく応援の人がいたので歩くのは辛い。なんとか心のリザーブを使い切ってゴールに到達した。


 ゴール後は渋滞していて、タオルを貰ってメダルを掛けてもらって、完走証をもらうまでに15分以上かかった。そして、そこで初めてネットタイムが4時間を切っていたのを知った。切ったといっても8秒しか差はないので、途中で計算することは不可能だった。スタート地点までは7分かかっていた。

 ゴール後、ポッキンさんとありあどねさんと合流して健闘を祝しあった。

反省会

 ホテルは3時までベッドを使うことはできないが、ロッカーと風呂は使えるので汗を流して着替えることはできる。これができれば御の字だ。遠くへの日帰りのときなどは、汗だくのまま着替えて、汗を流すのは数時間後だから。同じ考えのランナーがたくさん帰ってきていた。

 風呂から上がって少ししたらベッドの掃除も終わったのでベッドで横になった。眠たくなるかと思っていたが眠たくなるほど消耗はしていなかった。1時間くらい目をつぶって音楽を聴いていたが、反省会までの時間があったので、散歩に出た。シューズの仮設店舗があったら偵察したかったが、自分が見た範囲ではシューズの仮設店舗は無かった。かといって、他に目的地も無いので、コンビニでおにぎりとコーヒー、プロテインバーを買って豊平川の河川敷で補給しながら歩いた。

 8時前にホテル前で集合、反省会の会場へ移動。

 一次会は居酒屋だったが、周囲の話し声が大きくて収録できそうにないとうことで、食事だけして場所を変えた。

 自分は、このときおかよさんのビザーレ君とカカオさんTシャツを着ていたのだが、ありあどねさんがそれに気付いた。この絵柄を知っている人なんて、家族は別にすすると、初めてだ。こういうのも文句なく嬉しい。

 次も結構盛り上がっているグループがあったが思い切って収録を敢行した。複数で収録するのも初めてならiPhoneでの録音も初めてなので言葉が聞き取れるか分からないが(これを書いている時点でまだ音源をPCにもってこれてない)、次の番組でお送りするつもりでいる。なので、反省会の様子は詳しく書かない。ただし、二次会は自分がおご・・・・ってもらったことだけは記しておく。ありがとうございます。ごちそうさまでした。

 二次会が終わった時点で11時半くらいだったので自分はホテルに直行。ご夫妻は締めのラーメンに向かって行った。北海道人の胃袋恐るべし・・・というか、ポッキンさんは千葉の人なはずやけどwww

Runcas180 #072 HOKA ONE ONE Carbon X、マルチポケット・パンツ

初めて、最新のシューズを発売日に買った。こんなのは iPhone 6 以来(その後買った、iPhone 8 や iPhone Xs は発売後に買った)。

 

 個人が単独で走る場合には荷物をどうするかは大問題。短パン派の人にはこのタイプがオススメ。
 

参考:

ポッドキャスト:

音楽:

ご注意:番組で使っている音源はモノラルでかなり強く圧縮をかけています。本来の音質ではありませんので、ここで聴いたもので音質をご判断いただかないようお願いします。

twitter:@runcas180
instagram:panhead
pinterest: スポーツ・シューズ
twitter:@geek_panhead

Runcas180 Fitbit Versa がなんと、18,930円!

 Fitbit Versa、通常24,205円のところをクーポン適用で18,930円!

BGM:日曜の午後kkさん

連絡:@runcas180

Runcas180 #065 NKランニングチーム・なにわ淀川ハーフマラソン参戦報告

NKランニングチーム
NKさんの自撮りによるNKランニングチームと応援団。他にもチームメンバーはおられました。

NKランニングチーム
NKランニングチーム集合(ただし一部)

・1:45:21(ネット)、1:46:10(グロス)
・NIKE ZOOM FLY2018
・GARMIN 630J with HR sensor
・サンキュー8ビートTシャツ(速乾性半袖T)
・2XUコンプレッションタイツ
・Zoff Athlete 度入り・調光レンズ
・アシックス アームウォーマー
・コープこうべの5本指靴下(ブランド不明)
・ポンチョ(ブランド不明)
・kotori bluetooth ヘッドセット
・プレイリスト:リアルイマズマン(ザナチュラルキラーズ、SASAYAMA.、クボタアツシ)
・補給食:Wiggle High5 ジェルサンキュー8プロテイン

参考:

ポッドキャスト:

音楽:

ご注意:番組で使っている音源はモノラルでかなり強く圧縮をかけています。本来の音質ではありませんので、ここで聴いたもので音質をご判断いただかないようお願いします。

 連絡:@runcas180

VANMASSはバンドマスターではない。

 スマホホルダー歴は結構長い。ダッシュボードに iPhone を固定してナビとして使っていた。元々、旅行とかにほとんど行かないので車にカーナビを付けるほどではなかったというのも大きい。今では、スマホアプリのほうが地図の更新が早いし、性能も十分なので、カーナビを付ける意味がわからないくらいになってしまった。

 最初は100円ショップで買ったものだった。機能的には問題はなかったが着脱が面倒だったのと、iPhone 4 や 5 函体の時代に設計されたものだったので、6にしたらさらに着脱が難しくなった(函体が大きくなったため)。

 一昨年からソニー損保のYahoo!カーナビとコラボで運転状況をモニタして報告するという調査に協力したときにもらったものを使っていた。これは2,000円くらいで市販されていたもので、吸盤でダッシュボードに固定するものだった。アームにより角度を変えられたり、着脱に工夫があったりして便利に使えていた。なので、全然買い換える気はなかったが、今年の熱暑のせいで吸盤が弱って付かなくなってしまった。屋外でノーズを南に向けて駐車しているのでシリコンゴムが熱で変形してしまったのだろう。

 数ヶ月はホルダーを使わずにいたが、waze の地図のチェックをするにはホルダーは必須。似たようなものがいっぱい有ったが、特にこだわりなく選んだのがVANMASS スマホ 車載 ホルダー

 エアコンの吹き出し口タイプにしたのは、夏のダッシュボードの熱が危険だと感じていたから。晴れた夏の昼間にダッシュボードにスマホを置いておくのは屋外に置いておくより過酷だ。なので、風冷のできる吹き出し口タイプのほうがいいかと思ったのだ。来年の夏にならないと効果は分からないが。

 下のパーツに掛かる重量で横のパーツを内側に押して固定するので、縦にしか置けない。また、下パーツがスマホの重みで下がることで左右のパーツを閉じる仕組みなので、下にスペースがないと固定できない。なので、車種によっては角度はかなり限定されてしまう。自分のfitはかなり寝かした角度にしないと保持できなかった。下のパーツにはライトニングを挿すためのスペースが設けられている。30pinのことは一切考えていない。Android の端末でも充電ポートの位置が左右のアームに干渉する機種があるかもしれない。

 iPhone XS にシリコンケースを付けたものは全く問題はなかったが、ケースによっては収まらない可能性はあるだろう。

 上から置けば自動的に保持され、上に持ち上げれば開放されるので着脱は便利だ。固定も問題ない。アームの可動部分と固定の爪が使用限界を決めるだろう。また、エアコンの吹き出し口のルーバーは元々重量物を支えるようには設計されていないので、そちらに限界が来るかもしれない。

 横向きに保持できないので、ナビのときに少し使いづらいこと。ダッシュボードの上に取り付けるものだとドライブレコーダ的な動画を撮ることができたが、これではできない。また、アーム的なものがなく車のダッシュボード(というか吹出口)との距離が近いので角度の自由度は低い。角度をつけようとすると本体にあたってしまう。上の写真で少し寝ているのがわかるだろうか。ホントはもっと垂直に近いほうが好みだが、これ以上は起てられない。不便なのはこの二点くらいだ。自分の場合はカーナビへの依存度が低いので判定は甘いかもしれない。

カレル・チャペック いろいろな人たち

 カレル・チャペックというチェコの作家のエッセイ「いろいろな人たち」。80年~90年も前の作品だが人についての文章は今でも全く色あせない。ちなみに、ロポットという言葉を作ったのがこの人で、その作品(ロボット)ではすでに、工場ロポットが意思を持って人間を襲うというストーリーだったらしい(読んでないw)。

 貧困や貧富の差について、キレイ事でない視線を向ける。厳しいようだが、美化して誤魔化そうとするどこかの政治家より遥かに誠実。

毛皮なしのシラミ

 この世界に貧窮と実際の物質的不足があるならば、この事実をやさしくおだやかに指摘することは望まぬようにしたい。貧窮は人々をぞっとさせるものであり、乱暴で人を脅かすやり方で述べられよう。・・・貧窮はいやしく野蛮で醜悪で汚いものである。貧窮に対抗する最大の主張は、人間の心は善でやさしい、ということではなく、人間の貧窮は残酷でぞっとするようなものだ、ということである。

 SNSで拡散する「XX叩き」や炎上の根源欲求もこれだろう。

われらが悪しき性格

そして誰かがあなた方に、どこそこでは大きな盗難事件や恐ろしいスキャンダルが起こっていると話してくれる時、あなた方の眼には興味と情熱がきらめき、まるでこの上なしの盗みと悪がこの世にあることが、この上なしの喜びを与えてくれるかのようである。もし誰かがこっそりと、どこそこではとても大きな美徳が示されたとか、気高い行為がなされたとかささやく時、あなた方がそんなに愉快に興奮することは決してないだろう。そんな場合はむしろ、そんなことはあるまいとか、そんな話にはきっとなにかひっかかるものがあるとかいう意味で、一定の保留を持ち込むことだろう。このことから明らかなように、われわれの心は、善よりむしろ悪に傾きがちである。ある人になにかの優秀性や美徳を認めたいという気持ちを起こさせるためには、最小限その人の仲間にならなければならない。しかし誰かが盗賊だとか危険な遊び人だとか、喜び勇んで思い込むには、個人的にも原則的にもその人の敵になる必要はない。そのためには、ありふれた、自然な人間の性向があれば十分なのである。

 今の、日本のスポーツ界にも当てはまる。買ったときだけ祭り上げるニワカも同じだし、プロ野球ファンはずっとそうだった。日本のプロスポーツが育たないのはこんな「ファン」ばっかりだからだ。そして、野茂やイチローがメジャーに行きたがったのもそのせいだろう。

「われわれの」対その相手

スポーツは人々にフェアプレーをすべきだと教育する。スポーツは純粋にわざの前にのみひざまずくことを教える、とよく言われる。失礼ながら、あの叫び声でわたしは異なる印象を持った。われわれにはわざは関係ない、勝つことだけが問題なのだ、ということである。・・・われわれはもはや、相手がよければよいほどわれわれのフランタの名誉は大きくなるのだ、ということさえ意識できない。・・・相手の側にはインチキと裏切りと謀略しかないと自分をだますなら、それによってわれわれは、自分たちのフランタばかりでなく自分自身をも卑しめてしまう。われわれはわざを正当に評価し、測定し、価値を与える能力を失ってしまう。・・・疑惑と罪を着せる事自体によって、この面でもあの面でも、わざをちゃんと見ることができなくなるのだ。これはもちろん、フェアプレーの終わりである。われわれは慢性的ないらいら状態になるだろう。ことが思うように運ばないと、恥だ、裏切りだと叫び、自分たちが傷つけられたという感じを持つ。それは非常に悪しきスポーツである。そして悪しきスポーツはもっとも悲惨な教育である。(フランタは作品が書かれた当時の作者の祖国のボクシング選手)

 ここでも、貧しい人間を切り捨てるブルジョアジーにも、明日のパンをどうするかに対して応えない野党(この時代なので対象がコミュニズムと言っているが)にも与しない。貧しさを礼賛することも当然ない。それは上にもある通り。

わたしはなぜコミュニストでないのか

二年、二十年もかかるとは、どうしたらよいのか?なにをそんなに冷淡に放置できるのか、そんな悲惨な状態でまだ冬の二ヶ月を、まだ二日をなんとか生きていかねばならぬのに?この点で助けるすべを知らず、または助けようと望まないブルジョアジーは、私にとって無縁である。しかし、助ける代わりに革命の旗をふりかざしてやってくるコミュニズムも、同じように無縁なのだ。

 男とか女とか人種とか、国籍とかで人を排除しようとする全てに送りたい。

わたしはなぜコミュニストでないのか

「森は黒い」と実に容易に言える。しかし森のなかには黒い木は一本もなく、赤か緑なのだ。一般には松の木かモミの木なのだから。「社会が悪い」と実に容易に言われる。しかし根本的に悪い人間がどこにいるか探し出して欲しい。野蛮な一般化なしに世界を判断するよう試みて欲しい。しばらく後には、原則的主張などは一かけらもなくなってしまうだろう。・・・誰かが「ドイツ人は嫌いだ」と言ったなら、「ドイツ人の中で暮らしてみたらどうだ」と私はその人に言いたい。そして一ヶ月後に、自分の家主の奥さんが嫌いかどうか、ゲルマン人の二十日大根売りの首を切ってやりたいとか、マッチを売ってくれるドイツ人のおばあさんの首を絞めてやりたいなどとおもっているかどうか、たずねてみたい。

 ただ、第二次世界大戦後思想の自由に対する限界に突き当たっているのではないか。神という存在が希薄になったことによる不安から新たな神を求めて右往左往しているのが現代ではないか。このことをチャペックは感じていたのだろうか。

発展はどこをめざすか

二千年、三千年のヨーロッパの歴史の中で、人間の精神はつねにより大きな思想の自由に向かって発展し、世俗および教会の権力と対抗してそれを戦い取ってきたが、それが人間の精神の永続的で逸脱することのない努力だったのか、またはそうでないのか?この年功を経た精神の自由を抑圧する教義がなにかあるとすれば、このような現実の発展にたいして何をなすべきだろうか?

※ただし、ヨーロッパの歴史認識については違和感があった。教会の権力と戦ったのなんか千年にも満たないだろうし、ヨーロッパの歴史が三千年というのは間違いだと思う。ギリシャやローマはヨーロッパの歴史じゃないだろう。

蛇足

kindle 縦書き例
気持ち悪い・・・
 中身とは無関係だが、Amazon の縦書きの本の中に変なフォントの作品があって気持ち悪い。この作品もその一つ。文字の形が美しくないという意味ではなく、中心が合ってない気がする。


kindle 縦書き例 赤線を入れたところ。文字の中心線が自分が思っているのとずれている。「国」はくにがまえと中の玉の中心が揃ってないのではと思う。