#Insta360 GO 「修理顛末」または 「車のドアを締めるときにはご注意を」

 由良川堤防を20km走って走り終わったときに、車のリアドアのヒンジ部分にGOを貼って(GOの本体後面には磁石がついている)シューズの紐を解くシーンを撮った。その後、帰るときにGOを付けたことを忘れてドアを閉めてしまったのだった。着替え終わったときにGOが見つからない気はしたが、汗だくでヘトヘトで「(その辺を簡単に見回しただけで)着替えの中に紛れてるんやろ」と自分を納得させて帰った。部屋に帰って着替えを選択して荷物を確認したが見当たらなかった。

 「車の周りに落として気づかんかったんかなぁ」と、半信半疑で、現場に戻ろうかと車に乗るときにドアの周りを確認したら・・・あった。レンズが割れた状態で。ひと目見て取り返しのつかない状態だとわかった。

 修理するかどうか迷いながら半月以上放置していた。2万円くらいで買ったデバイスで、かつ、後継の高性能モデル(Insta 360 GO 2)が出てしまっている旧モデルを直す価値があるか迷ったのだった。1万5千円とかだったらバカバカしい。Insta 360のサイトでサポートに問い合わせをした。

 修理費用を聞いたら$99との答えだった。ちょっと高いと思ったが、おそらく交換になるだろうから、妥当な金額とも思えた。ただし、送付先が中国だったら送料で数千円かるので、送付先を尋ねたところ国内とのことだったので修理を決めた。

 当然新品になって帰ってきた。プチプチで包んで、60cmの箱の中で遊ばないようにガムテープで固定されていた。自分が送ったときは定形外で120円で送ったのだが、返送料は$11だった。「定形外で送ってくれてよかったんやけどなぁ」と思ったが、メーカーとしてはトラブルが起きたときに責任の所在がはっきりしない送り方はできないのだろう。

これが最後のシーン。

その時動画(動画を編集している時点では GO の事を忘れています・・・):

Runcas180 Youtube #026 Newbalance Fresh form 1080 v10

 迷っていたトレーニング用シューズを1080にした。ヒマラヤに行ったら、Hoka one one Rincon の25.5cmがなかったこと。ASICS の Glide ride も Nova blast も値段の割にフィット感がいまいち好みでなかったこと。New blance freshform 1080 v10 が 7,980円でピッタリだったことからこれにした。

 ほぼ予想通りだった。次のモデルへの希望を言うなら、タンを薄くすること(あるいは Fuelcell rebel のような材質・構造にする)とアウターソールの材質をもう少しゴムっぽい柔らかいものにすることくらいだ。

 動画では元の紐だが、ゴムひもに交換した。

Runcas180 youtube #022 NIKE ZOOM FLY 3 after 500km

 NIKE ZOOM FLY 3 の走行距離が500kmを超えたのでYoutubeにまとめを上げました。といっても、150kmのときとあまり変わりませんでしたwww

Podcasts:
Runcas180 #100 NIKE ZOOM FLY 3, HOKA ONE ONE CLIFTON 5 first impression

Youtube:

SPENCO insole を入れた

Runcas180 2020/06/19 季節外れの涼しさ/Garmin の電池交換話 10.1km

 修理料金のご案内:GARMIN には電池交換というメニューはなく修理扱い。630Jの場合は15800+1580(消費税)。

 Apple watch の電池交換とか iPhone の電池交換と比較すると割高に感じる。

・下にSTRAVAが表示されない人はSTRAVAのサイトへ行く

Runcas180 YouTube #016 NIKE ZOON FLY 3 150km 中間報告

 NIKE ZOOM FLY 3 の走行距離が150kmに達したので、中間報告を YouTube に上げました。

 runcas180 #016 NIKE ZOOM FLY 3 150km 走行後中間報告

 例によって言い忘れたことがありました。

  • アウターゴムが馴染んだのかグリップが良くなった気がする
  • SPENCO のインソールにしたこともあるが、今履いている中で一番クッションがある。CLIFTON5より遥かにスポンジー
  • Cabon X のような板が入っている感じはほとんどない
  • 動画のピントがボケてるのはマニュアルで5mくらいのところにピントが合うようにしたつもりだったが、明るい直射日光の下で液晶画面がよく見えなくて確認できなかったため。
ピンぼけ

Runcas180 YouTube #014 HOKA ONE ONE Carbon X 500km走行後感想

 HOKA ONE ONE CarbonX の走行距離が500kmに達したので、感想を動画にしてみました。

 言い忘れたこと:

 HOKA ONE ONE はこのシューズの説明で初めて5km走るというような人にも履いてほしいと言っていた。ここが、他のレース用カーボンプレート入りシューズと違うところだ。同社の Carbon rocket はハーフマラソンより短い距離を高速で走るためシューズというコンセプトだったが、それとは全くことなるターゲットということだ。

 おそらく、ヒールストライク気味に入ってもシューズが変形することなくエネルギーを前に運んでいくというものだからだろう。だから、初心者からウルトラマラソンの省エネ走法にも活きてくるのだろう。ただし、これでフルマラソンより長い距離を走るには硬いソールに負けない「足」が必要だろうが。