そらそうやろw「mixiまだ使っている人、7割が『毎日利用している』」

mixi startup
WindowsXPのIEも何もかも懐かしいww
 面白いアンケート。というより、分析次第でなんとでも言えることがよく分かる記事だ。こんなんパチンコ屋の開店待ちの行列でアンケート用紙配って「パチンコをする人の大半が一週間に一回以上パチンコ屋に来る」という結果を出すのと一緒だ。

 そもそも、このアンケートをどこでやったのかというのが問題だ。mixiの中のアンケートだったのではないだろうか。mixiの中のアンケートに答えるようなのはそこそこ関心があって今でも継続的にmixiを使っている人だろう。めったにログインしないユーザーはそんなアンケートの存在すら知らない(自分もそうだ)し、知ったとしても興味が無いのでアンケートに答えようとすらしないだろう。仮に会員あてにメールを送ったとしても、関心のない人間がわざわざアンケートの回答をすることはない。 

 そんな偏った母集団で「7割が毎日利用している」って、当たり前だ。煮こごりみたいなものなんだから。その中で満足度聴いても、そらええ答え返ってくるよ。満足度が高い人しか答えないんだから。

 もしほんとに mixi の満足度やユーザーの忠誠度を調べたいのなら、任意回答のアンケートではなく、全員を対象にするか無作為抽出で対象者を絞ったアンケートを行わななければ意味はない。

 まあ、回答数がたったの1879しか得られていないことで mixi がオワコンだということがわかる。

mixiまだ使っている人、7割が「毎日利用している」(ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース

 ミクシィが運営するSNS「mixi」は2004年のサービス開始から急成長し、11年にはアクティブユーザーが1500万人を突破したが、その後はTwitterなどほかのSNSが台頭して利用者が急減。アカウントはあるがもう利用していない“幽霊会員”が大多数とみられる。

続きを読む そらそうやろw「mixiまだ使っている人、7割が『毎日利用している』」

また消える・・・サービス終了のお知らせ – Yahoo!ジオシティーズ

geocities 終了の通知メール
geocities 終了の通知メール
 なくなって残念というより、まだあったんやというのが正直な気持ちだ。Yahoo!グループとかも終わってたから。geocities にはいくつかサイトを持っていた。

 当時はホームページを作るのがネット上の流行りで、html をテキストエディタで書いてアップしていたのだった。

 閉鎖までにダウンロードできる仕組みを提供しているところは評価したい。しかし、アカウント名もログインIDもパスワードも忘れてしまったからどうしようもないが・・・まあ、消えてもいいような内容しか書いていなかっただろうからもういいや。それについてはここも同じやけどねw

サービス終了のお知らせ – Yahoo!ジオシティーズ

移行の案内

土管屋の「+メッセージ」は生きる屍か

 他社が土管を活用したサービスで儲けてるのが羨ましくてしょうがない土管屋の新サービス。

 狙っているのはLINEのメッセージングサービスではなく、LINE が展開するサービス群だろう。残念ながら遅きに失した。

 「電話番号を知っていたら送れる」といっても、「相手がアプリを入れたスマートフォンを使っている場合」という前提が障壁だ。今後、キャリア販売の端末には強制的にプリインストールさせられるかもしれないが、普及までにはかなり時間がかかるだろう。

 LINEを使っているユーザーに対する乗り換えのメリットが全然ない。すでにLINEスタンプを買ってやり取りしているのに、買ったスタンプが使えなくサービスに移行するはずがない。iMessage が iPhone にプリインストールされているのに全然普及しないのを見れば分かる。

 スマートフォン世代のメッセージングサービスはLINEの勝利で終わりだ。これは動かせない。スマートフォンが iPhone の一人勝ちなのと同じ。

 覆るとしたら、スマートフォンが次世代のハードウェア・プラットフォームに代わる時だ。コミュニケーション用デバイスの主流がデスクトップパソコンからスマートフォンになった時に、それまで普及していたメッセンジャー系サービスがフェードアウトして消えても大して誰も困らなくなったように、LINE も Twitter もトラフィックが消え、「そういえば昔はLINE(Twitter)つこてたなぁ」となるだろう。

 ただ、そのときLINEに取って代わるのが+メッセージでないことは間違いない。

ITmedia Mobile

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、携帯電話番号だけでやりとりできる新たなメッセージサービス「+メッセージ」を、5月9日から3社のスマートフォンやタブレット向けに提供する。Android 4.4以上のスマートフォンやタブレット、iOS 9.0以上のiPhoneとiPadが対象。

 +メッセージは、業界団体「GSMA」が策定した「RCS(Rich Communication Services)」に準拠したサービスで、グローバルで採用キャリアが拡大している。現在使われている「SMS」を代替するもので、携帯3者間でキャリアを超えて、より長いテキストやリッチコンテンツを送受信ができる。

 SMSでは全角最大70文字のテキストを送受信できるが、+メッセージで送受信できるテキストは全角最大2730文字。写真や動画の送受信も可能。メッセージはチャット形式でやりとりでき、専用スタンプやグループメッセージも利用できる。なお、メッセージの送受信にはデータ通信料がかかる。

 利用するには、+メッセージのアプリが必要。auは「SMS(Cメール)」アプリ、ソフトバンクは「SoftBankメール」アプリのバージョンアップが必要になる場合がある。

「さらばADSL!」を読んで

 収容されている基地局がサービス対象になるのを首を長くして待ったのは同じだ。

 違うのはADSLーというより Yahoo!ADSL といったほうが正解だろうーがもたらした「こと」への評価だ。ADSLがもたらしたのは、定額での時間・容量無制限通信環境だ。速度よりコストだ。それ以前もISDN回線による定額契約はあったが、回線料金が高かった。ISDNは電話回線の置き換えだからISP契約が別途必要になる(今のフレッツ光と同じ仕組みだ)が、Yahoo!ADSL はISPと抱き合わせなのでーISPを選べないがートータルコストが大幅に下がった。このインパクトが日本におけるインターネット普及に拍車をかけたといっていい。

 Yahoo!japan の情弱を騙すようなやり方は気に食わないが、ADSLとiPhone発売による日本市場へのインパクトは高く評価すべきだと思う。Yahoo!ADSL と iPhone をそれぞれのタイミングで開始しなかったら日本のインターネットやスマートフォンの普及は、キャリアに阻まれてもっともっと遅れていたし、今でも高価な回線料を支払わされていたに違いないと思っている。

 因みに、社宅では Yahoo!ADSL を継続して使っている。2年毎に他社に切り替えるつもりでいたが、切り替えられる対象が見当たらないので諦めた。Nifty ADSL の広告は見たが、サービス提供は softbank というので、切り替えても回線の品質向上は期待できそうにないし価格も大差ないのでやめた。いろんな企業や自治体が競ってADSLサービスを立ち上げていたが、今はほとんど残っていない。

 ともかく、自分が生きているうちになるかどうかは分からないが、光も銅線も無線通信に取って代わられるだろう。ADSLがそれまで生き残るかどうかは分からないが。とはいうものの、相変わらず、遅くブチブチと切れる社宅の Yahoo!ADSL 回線には悪態をついてるけどね^^

情報源: さらばADSL! 我が青春のブロードバンドよ! | ギズモード・ジャパン

終わりの始まりあるいはIoTデバイスの寿命

Pebble
iPhone 8 plus とつながらないという質問者への返事も悲観的なものばかり・・・
 去年の暮に fitbit が Pebble を買収した時に予想されたことだが、予想以上に早く使えなくなってきた。

 春に、有志による Pebble アプリのアップデートが行われ Pebble のサーバーが止まっても天気などの情報を取り込めるようになった。が、Apple との契約の問題でもあるのかヘルスケア(アプリ)のソースから外され、Pebble 2 の歩数データがヘルスケアに表示されなくなった。

 その後、個人的な理由で SIM カードをいろんな端末に入れて使っていたので、そのたびに Pebble アプリ上の履歴は消えた。それでも、目覚ましとカウントダウンタイマーとして腕に巻き続けていた。

Apple watch 3 の回線付きが出て、IIJmio で運用ができるなら買うつもりでいたが、発表されたものは MVNO では使えないものだった。なので、fitbit charge 3 が出るのを待ってそれを買うつもりでいた。

 しかし、iPhone 8 をメイン端末にした時に状況が変わった。iPhone 8 と Pebble 2 がつながらなくなったのだ。現行機種なら当然端末のOSのアップデートが行われるが、Pebble には期待できない。しかたなく、Jelly pro 上の Pebble アプリと同期するようにした。

 が、Pebble 2 でカウントダウンタイマーを使おうとするとアプリが見つからなくなることが有り始めた。timer を起動しようとしたら再起動がかかって工場出荷状態になったりもした。そんなときは Jelly との接続をやり直す必要があった。ストレッチの時に30秒カウントダウンタイマーを使いたいために一々ペアリングしなおすのは辛い。

 今は Jelly のアプリと同期できるので時刻を合わせる必要はないが、Jelly がなければ時刻を合わせることもできなくなる。Pebble 2 には単体で時刻を合わせる手段はない。Pebble がアプリとの同期にここまで依存しているとは意識していなかった。

 そういえば、Nintendo DS lite にはDS storeとかいうサービスが有ったが、動かなくなっていた。また、iPhone で遊んでいたゲームが動かなくなっていた。

 クラウドに依存するデバイスの末期はこういうことなのだろう。

さようなら Windows 10 Mobile 、 AIM

 秋は別れの季節。iOS の 32bit アプリに別れを告げたばかりだが、IT界のガリバーとも思われたプラットフォームが2つ消える。

 一つ目は Windows 10 Mobile。Windows CE や Surfece RT など実は Apple より前からモバイル OS に挑戦し続けてきた Microsoft がついにモバイル OS に別れを告げた。Windows CE は palm、RT は iOS、Windows 10 mobile は Android に挑戦しては敗れ去ったというイメージだ。

 Windows 10 が載った Nokia の端末は美しかった。が、盲目的な Microsoft フォロワーのおもちゃで終わってしまった。「iPhone よりいい」とか得意げに言っていたのが懐かしい。その人達は今でも Winows 10 mobile 端末を使っているんだろうか。

Microsoftは、「Windows 10 Mobile」の愛用者に対し、同プラットフォームにもう新機能は追加しないと宣告した。 MicrosoftのWindows Experience担当バイスプレジデントを務めるJoe Belfiore氏は米国時間10月8日、スマートフォン向けプラットフォームであるWindows 10 Mobileに対する新しい機能やハードウェアを同社が計画していないことを認めた。

情報源: 「Windows 10 Mobile」、新機能の開発はもうない–マイクロソフトが認める – CNET Japan

 こちらも来るべくして来たということだろう。自分では使ったことはなかったが、AOL(America On Line)はダイヤルアップのパソコン通信の頃から名前はしっていた(自分は当時N ifty serve だった)。Mac の Finder のようなGUIのメニューなどには憧れたものだった。

 SNS の普及に伴って、Yahoo!メッセンジャー、MSN messenger といったメジャーサービスも消えた。AIM が消えるのも時間の問題だとは思っていた。しかし、LINE だけはメッセンジャーサービスとして(Facebook messenger とか Twitter の DM は付随サービスだろう)生き残っている。この違いは何だろう。

 自分の周りでも多くの人、どちらかと言うとITリテラシー低目の人たちでもLINEは個人のスマホに入れて活用している。Twitter や Facebook 以上の普及率といっていい。その人達はメッセンジャーサービスを使ったこともSNSとも無縁の人たちだ。そんな人達がなぜLINEは受け入れたのだろう。

「AOL Instant Messenger」(AIM)に別れを告げるときが来た。 インターネット草創期に人気を集めたコミュニケーションツールのAIMは、米国時間12月15日をもって姿を消すこととなった。AOLの事業を現在運営しているVerizon Communicationsの子会社Oathが10月6日に明らかにした。 AIMはかつて、インターネットのインスタントメッセージプラットフォームとして独占的地位を築いていた。AIMを手がけるAOLのインターネットサービスを使って、ダイヤルアップでネットに接続するユーザーが大勢いたからだ。1997年にリリースされたAIMは、90年代の終わりから2000年代初期に絶頂期を迎えた。

情報源: ネット草創期に人気を集めたAOLのメッセンジャー「AIM」が終了へ – CNET Japan

ArounMe が初めて役に立ったww

waze editor screen
郵便局があることが信じられなくてオーバーランしてしまったwww
 このアプリは3GSの頃から入れていたと思う。しかし、田舎では全く使えなかった。旅行先とかで使えるかもしれないと思って入れていたが、これで見つけた所に行ったことはなかった。

 昨日、病院の帰りに郵便局に寄ろうと思った時に使ってみた。本局が近くにあるのは知っていたがいつも駐車場が混んでいるので本局には行きたくなかった(荷物を受け取りに行くときには自転車だから無問題)。

 そこで、ArounMeで郵便局を検索してみた。すると、数百メートルの所に簡易郵便局があった。行ったことのない郵便局、というより、そんな所に郵便局があることすら知らなかった郵便局だった。で、ナビができるというので、推してみたらGooglemapとiOS標準の地図に並んで waze が表示された。試しに押してみたら waze が起動してそこまでの道が表示された。

 そのルートで使われている道は自分が waze で編集したセグメントだった。自分が手を入れるまでは進行方向が分からないと出ていた一方通行だった。実際に走っても問題のない最短ルートが示された。「こんな所に郵便局があったかなぁ」というよな感じの場所にホントに郵便局があった。しかも、その郵便局は自分が編集したものだった。嬉しかった。

 知らない間に AroundMe が大きく進歩していた。ArounMe だけでなく、ナビアプリや waze までもが「使える」レベルに達したのが感慨深い。

TidBITS Apple 2Q 決算発表、OPERA 復活?

 Other Produsts が 31% も売上を伸ばしたらしいというのに驚いた。新製品として 12 月に発売された AirPods があるが、単価が低いし出荷が遅れていたので Apple watch や iPod、Apple TV も含む製品カテゴリーの売上を 30% も上げるとは思えない。かといって、他の製品群にもこの四半期にブーストが掛かる要素は見当たらないからだ。

 ウェアラブルデバイスだけで Fortune 500 に入るほどの規模に育っているというのは喜ばしい。Apple watch を切ることはないとは思うが、Apple watch にもしものことが有ると、回線付きスマートウォッチの普及を待っている自分にとって大きな痛手となる。長期的には必ず普及するはずだが、現状では Apple 以外に市場を急拡大させられるメーカーは無い。Apple が Apple watch をやめたら、スマートウォッチにはネガティブ・イメージが付いて、Apple watch 登場以前より悪い状態になりかねない。

 スマートフォンにおける iOS のアドバンテージはほとんど無くなった。というより、ハイエンドのスマートフォンのアドバンテージがどんどん減っている。自分がHuaweiのIDEOSを買ったときには1万円程度の Android 端末はおもちゃのようだった。が、今年買った Homtom HT20 はメイン端末として使っても問題ないレベルになっていた(カメラの初期不良はおいといてだが)。

1368号
The Other Products category, which took a beating in Q1 2017 (see “Apple Sees Apparent Return to Growth with Q1 2017’s Record Results,” 31 January 2017), recorded a staggering 31 percent increase in year-over-year revenue. That’s good news for fans of products like AirPods, Apple Watch, and Beats headphones, which Cook identified as the primary drivers of growth. “Our revenue from wearable products in the past four quarters was the size of a Fortune 500 company,” Cook said.

いろんなブラウザを試してた時期があって、Opera も試していた。Mac だけでなく iPhone 3GS や会社の Windows 機にもインストールしていた。が、Chrome が出てからは全てのOSでの標準ブラウザは Chrome に統一している。iMac や iPad では Safari で構わないし Windows 10 でなら Edge でも構わない。が、使う端末によってUIが変わるのは面倒なので、OS に依存しないという意味で Chrome が標準だ。

 Chrome を脅かすとは思えないが、この記事を読んで、Opera を使う理由ができた。

Opera Web Browser を試すべき 3 つの理由
Opera の VPN のスイッチをオンにするのは容易だ。Opera > Preferences > Privacy & Security を開いて、Enable VPN を選択する。青い VPN アイコンがアドレス・バーの隣に現れ、VPN が有効になったことが分かる。アイコンをクリックすると、吹き出しが現れ、VPN をオンオフしたり、使用した通信量を見たり (これは、少なくとも今は無料だ)、そして、あなたのバーチャルなロケーションを変更したりすることができる。もし、ある Web サイトが、ある国を好んでおらず、あなたが、その国から訪問しているように見えるのであれば、ロケーションの変更が必要になるかもしれない。

ウェアラブル市場の課題を解決するのは・・・

 ウェアラブルデバイスの市場は実は大きくは変わっていない。あったのは Apple watch の新規参入によるパイの拡大と失速によるパイの縮小だけだ。スマートウォッチもフィットネス・トラッカーもニッチなオタク向けのデジタルガジェットでしかなかった。ただ、Apple watch の参入により競争関係が大きく変わり、淘汰された企業が目立っただけだ。

 下の記事には納得できることが多い。Android 2.0 もそれ自体は起爆剤にはならない。しつこいようだが、スマートウォッチに必要なのは回線だ。回線さえあれば、「スマートウォッチでできるのにスマートフォン持ち歩く必要ないやん」という時代になる。「回線こそがスマートウォッチを救う

 Android 2.0 の回線付きスマートウォッチがこの回答になるのか。Android 2.0 の脱スマートフォンという方向性は正しいと思う。というより、この方向にしか未来はないと思う。2017年2月に発売されるとされているスマートウォッチがスタンドアローン・スマートウォッチとして普及するかどうかは分からない。Apple watch に回線が付けば火がつくと思うが、Android wear 2.0 と LG にその影響力があるとは思えない。

 また、電池の持ちがウェアラブルデバイスとして許容範囲かどうか、そして Apple watch 2 より安いかどうかだ。LG ブランドで 4 万円以上は無理だろう・・・

昨年苦しみを味わったウェアラブル市場の課題
今は手首にはめるデバイスにとって「待ち」の時期だ。数年間ものすごい盛り上がりを見せていたウェアラブル業界だが、今年のCESではあまり目立っていなかった。2つ、3つ新しいスマートウォッチが発表され、パートナーシップやそこそこの出来のフィットネスバンドがアナウンスされたくらいで、業界全体のフォーカスとしては、Alexaを搭載した種々のデバイスやスマートホームへとシフトしたように感じた。
続きを読む ウェアラブル市場の課題を解決するのは・・・

回線こそがスマートウォッチを救う #LG #AndroidWear2

Android wear 2.0 Pebble Core 以降、興味の持てるスマートウォッチ、フィットネス・トラッカーは無かったが、下の記事を読んで発売が楽しみになった。

 Android Wear のバージョンアップには興味はない。スマートフォンの機能をどこまで盛り込めるかしかないからだ。これと同じ論調の記事「Android Wear 2.0のデビュー機はソフトもハードもGoogleが設計に介入、その隠し玉は何だろう?」がTechCrunchにあった。

 自分が惹かれたのは「3GとLTEによるデータ通信が可能」というフレーズだ。すでに中国製の回線付き Android スマートウォッチがあるのは知っていたが、Google 純正の端末で回線接続できるものが発売されるとは思っていなかった(LG は昨年から回線対応モデルを出していたが)。いつかは出ると思っていたが、2017年初頭に出るとは思っていなかった。

 スマートウォッチは消えていく?(ギズモード)<否、ただし今の世代は消えるのみ)で書いたが、今のスマートウォッチはスマートフォンの周辺機器でしかない。スマートウォッチがウェアラブルデバイスとして生活に無くてはならない物になるには回線が必要だ。パソコンがネット端末になったときのことを思い出して欲しい(思い出せるのは50歳以上だろうが)。今ではパソコンを買うということはネット端末を買うということと同義だ。回線でつながることでパソコンの存在意義自体が大きく変わった。スマートウォッチも同様に変わる可能性を秘めている。

 単体でインターネットにつながるスマートウォッチが普及すればスマートフォンの重要性は相対的に低下する。スマートウォッチで出来ないことをサポートするための大きな液晶を持ったデバイスになる。スマートウォッチが単体で回線に繫がるのであればスマートフォンアプリの有無など大した問題ではない。bluetooth で iPhone のアプリにデータを渡すことはできなくても、クラウドにアップロードできれば、無問題だ。

 Pebble 2 で人柱になったばかりだが数万円までなら人柱になってもいい。iPhone 6 で使っているSIMを挿してみて、使えるようならデータ専用の低速 SIM 回線を一本契約すればいいだろう。

 因みに、スマートウォッチが回線につながるようになるときに iOS と Android のアドバンテージが消える(スマートフォンというレガシーを動かすための OS として残るが重要性は下がる)。「夢見るのはやめよう–モバイルOSの勝者は Apple と Google」を書いたばかりだが、シャッフルの可能性はある。ただし、もう OS なんて何でもいい「IoT の肝はデバイスではなくビジネスモデル」なのだから。

グーグルとLG、「Android Wear 2.0」搭載スマートウォッチを2月10日に発売か – CNET Japan
 「Android Wear 2.0」を搭載する初のスマートウォッチが、GoogleとLGの提携によって米国時間2月9日に発表される見込みだと、VentureBeatのEvan Blass氏(Twitterアカウントは「@evleaks」)が報じた。

 信頼できるリーク情報が多いことで知られるBlass氏によると、「Google Assistant」機能が統合された「Watch Sport」および「Watch Style」と呼ばれる製品が、2月10日から米国で発売されるという。

 どちらのスマートウォッチも円形の有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、Wi-Fi接続とBluetooth接続に対応するようだ。Watch Sportはチタンと濃いブルーの2色、Watch Styleはチタン、シルバー、ローズゴールドの3色が用意されるという。また、Watch Styleのストラップは交換可能になると、Blass氏は述べている。

 フラッグシップモデルのWatch Sportは、3GとLTEによるデータ通信が可能で、「Android Pay」が利用可能な近距離無線通信(NFC)に対応し、GPSと心拍センサを搭載する。また、どちらのモデルも「Apple Watch」に似たデジタルクラウンで操作し、防塵および防水仕様になるという。
続きを読む 回線こそがスマートウォッチを救う #LG #AndroidWear2