呉・広島 ポンコツ・ツーリング 2日目(2019/07/29)

 朝7時半頃に起き、ホテルでゼイタク朝食。充実したメニューで食べたいものがいっぱいあったが、自分はそんなには食べられない。こういうときには損した気分になる。息子は和食を中心に食べ、締めにはお好み焼きを二切れを食べていた(^^;

 その後、息子は職場への土産を買うために広島駅まで徒歩で向かった。自分はお土産を買わないので、9時半頃にウォーキングに出た。東に公園があるので、そこから南方向に回り込んで1時間位歩くつもりでいた。しかし、晴れ上がってきて直射日光に焼かれたので、公園から引き返した。

 ホテルに戻ってシャワーを浴びて出発の準備。チェックアウトは11時だったので余裕があった。

ポンコツ4
 10時半くらいにホテルを出たが、すでに気温は30度超え。ホテルの前の駐輪場に行くだけで汗ばむくらいだった。荷物をくくったりロックを片付けたりしていたら、生垣の向こうから女性が「財布落としましたよ」と自分の財布を差し出してくれた。「ホテルの出入り口の前に落ちてたから、さっき出られた人かなと思って」。「ありがとうございます。助かりました」と平身低頭で受け取った。今回最大のポンコツイベントだった。タンクバッグのポケットに入れていたがチャックが全開だったのだ・・・

 広島から直接高速で帰っても早く着きすぎるので、海岸沿いの下道を通って尾道まで走った。2時間くらいとナビで出たのだったが、遅い車に引っかかったり、Yahooナビの例の癖のせいでタイムロスしたり、道の駅で水分補給したりで3時間くらいかかった。ストレスだったのは、トラックと老人の軽トラックだが、これはしょうがない。めちゃくちゃ飛ばすかわいい軽自動車に乗ったOLさんに先導してもらって助かったりもしたけど(^^;

 尾道インターを入って、備前SAで昼食。尾道ラーメンを食べた。

 そこで、息子の荷物を止めていたゴムがサイレンサーに接触してたところが熱で焼き切れていたことが分かった。荷物が落ちなかったのはラッキーでしかない。このままでは荷物を持てないので、自分が荷物入れにしていたナップサックを息子に貸して、息子が使ってた袋に自分の荷物を入れNinjaにくくりつけた。(これ、フリです)

ポンコツ5
 リスタートして少し走ったところで息子がウィンカーを出して自分を抜いた。自分がウィンカーを出したままにしてたのかなと思って、ウィンカーを確認して走り続けた。が、息子はウィンカーを出したままついてくる。それもスロー走行で。何かあったかと思ったが止まるわけにもいかないので、バス停まで走って止まった。

 「おとうさん、荷物落ちたで。なんか大事なもん入ってた?」。「いや、着替えくらいしか入ってへんけど・・・」

 歩いて引き返せる距離ではなさそうだ。気づいて止まるまでかなり走ったから数キロ戻ることになる。次の出口でエスケープでUターンして一つ戻り、現場に戻ることも考えたがしんどい。落とした場所はトンネルの追い越し車線だったらしいから、戻ったとしてもバイクを止めるのは難しい。それに、追い越し車線まで回収に行くのは危険すぎる。さらに、荷物を入れていた袋はトートバッグみたいな口を閉じないようなものだったので落ちた瞬間中身が飛び散ったらしい。だとしたら、バラバラに飛び散って後続車に踏まれているに違いない。で、割とすぐに結論が出てそのまま走った。

 中身は、福知山マラソンのフィニッシャーT、Reebokのランタイ、パンツ、靴下、teslaのシューズ2足(自分のと息子の)、メガネ、お土産ちょっと(息子に分けてもらった分)。金額的にはメガネが一番高い。シューズもほとんど新品、息子のシューズは一回履いただけだったが、全部買えるものばかりだ。メガネを作るのは面倒だが、免許やクレジットカードと比べたら物の数ではない。これくらいで済んだのは不幸中の幸いだった。

 まあ、最後のはポンコツというより事故だからしょうがない。それまで一度も落ちそうになったことのない固定方法で、しっかりと固定したことも間違いないから。というより、しっかりテンションをかけないと届かないのだから。ゴムが切れたという可能性もあるが、どちらにせよ予防措置は難しい。

 4時過ぎくらいに自宅に着いた。息子は自宅で夕方まで休んで、日が落ちてから京都まで更にひとっ走り。自分は10時頃に自宅を出て社宅まで走った。翌日でも良かったが、昼間に走りたくなかったのと、よく知っている道で夜のほうがストレスが少ないので夜に走ったのだった。この区間が一番快適だったかもしれないwww

呉・広島 ポンコツ・ツーリング 1日目(2019/07/28)

2019年7月28日から29日にかけて息子とバイクでツーリングしてきた。

去年の鳥取ツーリングに続いて、ポンコツぶりを露呈してしまった。事故的な事案もあったので、全てが自分のポンコツに起因するとは思わないが、結果として被害が出たのは自分の方だった。

長くなるが時系列で記録しておく。

27日は土曜だったが二人とも出勤日だった。仕事の後で西宮の自宅で集合するつもりでいたが、台風の影響で雨が残って息子は来れなかった。自分も、6時くらいには出るつもりだったが、雨雲レーダーで雨雲が近づいてくるのが分かったので、やり過ごしてから出発した。上からの雨はほとんどなかったが、途中の道路は水たまりが残るくらいのヘビーウェットだった。

 息子は夜中のETC割引を使うということで朝4時前に出発し、5時半頃に自分が起きた時には朝食を作って食べていた。自分はその後二度寝し、6時半くらいに起きて、7時頃にスタートした。

ポンコツ1
 スタート直後に高速に入り、後は延々高速。9時頃に備前SAで休憩。バイクを降りてヘルメットを脱いだ時に一つ目のイベントが発生。AirPodsが外れ、グレーチングの下まで落ちてしまったのだ。グレーチングはボルトでガッチリと固定されていてビクともしない。手を入れる隙間もないし溝も深かった。

 「片方だけ買わなあかんかぁ」と思ったが、周囲の植栽に副え木がしてあるのが目に入った。トイレに入って自販機で水を買って飲んだ後、売店でガムを買った。ガムを噛んで副え木の先に付けてAirPodsを回収することができた。なので、これはセーフ案件。


 山陽道は連休に車で通った。その時は岡山市の手前で渋滞が有ったが今回はなかった。車の密度も連休のときほどではなくそこそこ快適に走ることができた。ただ、フルカウルのロードバイクとはいえ250ccで高速を巡航するのはきつい。SR400ほどではないが、息子のDucatiがトップギアに入るくらいの速度を維持するのは心理的に辛いものがある。

 山陽道のSAで息子の給油ランプが点いたので次のGSに止まろうと言っていたが、呉道路にはGSは一箇所もなく、降りてからもなかなかGSがなくて焦った。自分が盛んにツーリングしていた頃と違ってGSの数が減っているのを肌で感じる。止まることなくGSに入ることができたがDucatiの燃料残量は1リットルを切っていたようだ。給油ランプが点灯してから40kmくらいは走っていたので、給油ランプ点灯後も50kmくらいは大丈夫そうだ。

 大和ミュージアムの駐輪場に到着したのは10時頃だった。

大和ミュージアムの星型エンジン

 そこで今回の目的地大和ミュージアムをゆっくり回った。夏休みの日曜だけに沢山の人が来ていた。自分的には星型エンジンの実物が興味深かった。

 大和ミュージアムで撮った写真はこれだけwww


金曜カレー
 その後、近くで昼食をとり海上自衛隊呉史料館 (アイキャッチの写真)に移動した。自分はモトクロスブーツで靴ズレができて歩くのが辛くなったので座って休んでいた。身体が冷えて楽になったとき、ふとバイクのキーをどこに置いたかと不安になった。ポケットもタンクバッグにも見当たらない。

 「落とした?」

ポンコツ2
 焦って、駐輪場まで帰るまでにいろんなことを考えた。バイクのキーを使って盗まれてたらどうしようとか。施設内に落としたとしたら届いているかもしれない。届いていなければ、電車で広島まで行って、ホテルに泊まって新幹線と電車で社宅に戻りスペアキーを持って回収に来るしかないとか。駐輪場にバイクがあることは遠くから見えたので、キーを落としたために盗まれたりしてないことは確認できた。そして、近づいたらキーはエンジンスイッチに入ったままだった・・・ホッとした。施設に戻って息子に報告したら呆れられた。この時点で午後1時15分くらいだった。

 バイクに乗って、すぐ側のフェリー乗り場に行ったら、出航まで1時間近くあった。炎天下で待っているのは無しなので、潜水艦に戻った。息子は潜水艦の中に入っていたが、自分は時間がないというので諦めて戻っていたのだった。潜水艦の中を見た後、フェリー乗り場に移動(徒歩で)し待合室で水分を補給し休憩。今回のツーリングは時間や距離より熱暑との戦いとなった。

 フェリーに乗っている時間は30分くらいだが、涼しい客室でブーツを脱いで休めたのでかなり回復できた。早朝から高速や市街地を走り続けていたので目が疲れた。路上のペイントの照り返しで目を開けるのが苦痛なくらいだ。特に、呉道路のような片道一車線の自動車専用道路はドライバーが横にブレるのを防ぐために道路が狭く見えるよう左右にストロボラインのようなペイントをしている区間が多い。これが眩しい。自動車だと視界の下部は車の内装で遮られるが、バイクの場合は下からの照り返しがもろに視界に入る。サングラスやスモークシールドもあるが、それを使ってしまうとトンネルが怖い・・・


 江田島で降りて次の目的地、三高山砲台跡に向かう。ナビはYahoo!カーナビだが、アナウンスが微妙で苦労した。カーブがあると「右方向」というので、交差点を右なのかどうか分かりにくい。画面を見ていればいいのだろうが、自分は音声だけなので、何回も間違えた。左カーブの先に交差点があって右に行かなければならないのに、「前方左方向です」とだけ言う。で、交差点を左に曲がると当然方向が逆になって、Uターンするか回り込んでこなければならなくなる。

 苦労しながら「ここから」と思えるところを見つけて登ろうとしたら「この先工事中。通り抜けできません」。「まあ、行けるとこまで行ったろか。砲台跡まで行ければその先が通れんでもええし」と思って入った。しかし、そこからの道はまともな状態ではなかった。土砂崩の落石が道いっぱいに散らばって走るのが困難な状態だった。オフロード好きの本能で乗り切ったが、Ducatiの息子は大苦戦したようだった。石に乗り上げた状態でアクセルを開けるとホイルスピンするのだ。ハンドルでかわせるようなステアリング設定ではない(ダンパーも付いてるし)。路面が普通なら楽しい(といっても、Ninja250ならだが)道で、綺麗な景色の場所もあったが、止まる余裕はなかった。オフロードバイクなら楽しかっただろう。

 途中、道路のど真ん中に動物の死骸があった。たぬきか猪かと思って近づいたら、頭が動いてこちらを見た。そして、バイクが近付いてくるのに気づいて、起き上がり去っていった。猪の子供が道のど真ん中で昼寝していたのだった(^^)。

 三高山砲台跡に着いたら、自分達の走った道が通り抜けできない区間だったことが分かった。砲台跡から逆方向の道が通行可能だったらしい。まあ、帰りにあの落石だらけの道を通らなくていい事が分かったので、息子にはかなりぼやかれたが、結果オーライ。

 三高山砲台跡はレンガ造りの防空壕のようなものだった。もっと見晴らしがいいのかと期待していたが、雑木が茂っていて見晴らしは全く効かなかった。砲台の周辺の草刈りはされているが、周囲の整備まではされていなかった。

 手垢の付いていない廃墟のような構築物から受ける感情を自分の文章力では表現できない。そこに砲塔があり、多くの兵士がいたことは想像も難しい。(下の写真をクリックすると大きく表示されます)

 砲台跡から宿のある広島まで戻る途中にある「歴史の見える丘」をナビの目的地に設定してスタート。しかし、途中で車一台がやっと通れるような路地裏のような道路で急な下り坂を案内された。砲台跡という史跡にアプローチするルートとは思えないようだった。自分はバックミラーを見る余裕もなく迷走に近い状態で道を降りた。少し幹線道路っぽい道に出て息子を待ったがなかなか来ない。息子のバイクの排気音は静かな所ならかなり離れていても聞こえる。それすら聞こえないので不安になって引き返した。しかし、引き返そうにも自分がどこを通ってきたのか分からなくなるような迷路で、自分も迷子になると思って幹線道路に戻った。

 とりあえず、自販機で喉を潤していたら、息子からライン。「はぐれたみたいやから、自力で呉に行くわ。」そこから、田舎道から国道に入り、道なりに呉に向かった。前に息子がいるのか後ろにいるのか分からないので無闇に飛ばすこともできない。呉市に入ったところで信号待ちしていたら、後ろから爆音を押し殺したような独特の排気音が近づいてきた。バックミラーを見たら息子のDucatiだった(^_^;

大和を作ったドック
そこから少し走ったら、目的地付近というアナウンス。しかし、それが見当たらない。住宅地をウロウロしたのち、止まって地図を確認したら小さな道端の緑地帯みたいなところが目的だった。かなり大回りしなければならなかったが、なんとか歴史の見える丘についた。歩道橋の上から大和を作ったドックがよく見えた。船の工場は作るものがでかいだけに壮大で迫力がある。

 そこから広島までは退屈な都会国道。途中のコンビニで給食と水分を補給し、なんとか乗り切ったが、正直きつかった。神経を使うしシフトの回数も増えるので左手と左足が痛い(モトクロスブーツはでかいので、シフトレバーを操作しにくいから)。

オリエンタルホテル広島
 ホテルはオリエンタルホテル広島。予想以上に立派なところで、驚いた。息子に「間違えてるんちゃうん?」と言われて、自分も不安になってじゃらんからのメールを確認した。もちろん、間違ってはいなくて無事チェックインできた。朝食付きで8900円という激安価格にしてはいい宿で快適だった。

 夕食にする前にジョギングに出た。広島の地理は全然知らなかったが、近くに平和祈念公園、原爆ドームがあることはホテルの場所を調べていた時に知っていたので、そちらに向かってみた。暑かったが、写真に収めたいような物がそこここにあって、止まっては写真に収めての繰り返しだったせいでオーバーヒートせずに走れた。シューズはテスラだったので、公園の固くて凸凹の土風味の舗装路面は足の裏に突起が食い込んでいたかったが。

 バッグを持ってきておらず、水を持てないためにのどが渇いた。更に、夕方おにぎりを食べただけなので空腹感も襲ってきた。そこから引き返したが、気づいたのが遅すぎたらしい。というか、昼から続いていた酷暑で脱水症状が進んでいたのだろう、走っている最中から頭痛が始まってしまった。

 なんとか無事にホテルについたら息子が爆睡。声をかけても目を覚まさないくらいだった。3時頃に起きて出てきていること、昼間の高温直射日光の下を走ったこと、Ducatiで細い道やガレキのある道や一般道を走ったことから消耗しきったのも無理はない。しかも息子は革ツナギを着ていたので、負担は自分以上だったかもしれない。自分も、真冬用の内綿入の革製ライダースだったので上半身の暑さでは革ツナギ以上ではあったが・・・

 9時ごろまで待ったら息子の眠りが少し浅くなったので、声をかけて起こした。自分がジョギングに行っている間に息子が調べたというお好み焼き屋で遅い夕食にした。ホテルに帰ったら二人ともすぐに爆睡。息子は夜に少し広島をウォーキングすると言っていたが、その余裕はなかった。

 ポンコツはあまりないようだったが、要所要所で「鍵」や「財布」を入れた場所を忘れて慌てるというのを繰り返していたのだったorz…


Runcas180 2019/08/06 水忘れランからの荷物受け取れてラッキー 9.6km

 山陽道に散ったメガネは今年の2月8日に買ったばっかりだった(Runcas180 #058 近眼・老眼の味方遠近両用レンズ)。仕方なく現役に復帰したZOFFだったが金属疲労が進んで折れてしまった。ZOFFのフレームの品質が悪かったのではなく、使い方が悪かったのだ。メガネを掛けたままプルオーバーのシャツを着脱するときに引っ掛けて曲げては戻しを繰り返したのが折れた原因。

BGM:田んぼのカエル合唱団

twitter:@runcas180
instagram:panhead
pinterest: スポーツ・シューズ
twitter:@geek_panhead

雑用・銀行・シューズ試着後の有馬川公園 3.7km

 娘に頼まれていたオビツろいどのジョイントパーツ作り。既存のジョイント部分を少しだけ改造するもので、プラモデルの改造の経験を活かした。自信はなかったが、思ったよりあっさりと目的を達成できた。

 あまりの暑さに家を出るのをためらっていたが、やっとかないと面倒なので、銀行とイオンモールに行った。

 暑いからといって車で行くのは嫌なので、Wilier izoard で行った。この気温の中ビアンキのミニベロでは干上がりそうだと思ったから。

 三井住友銀行で通帳記帳しようとしたら、「全然つこてないからアカン」と断られてしまった・・・前までは、古いログは明細なしの合計で記入して直近1年分くらいは明細を書き出してくれたのに。これでは、災害があったときに使えない。釈然としないがごねてもしょうがないので次のみなと銀行。こちらは無事入金できた。

 そこから、イオンモール神戸北(やったかな?)に移動。何回か丘のようなところを超えなければならないが、ロードだったのでそれほど苦労しなかった。正解だった。

 イオンモールではJINSに行き、検眼とオーダーだけして帰った。前にも書いたが、遠近両用は1週間かかるので、今回も社宅に送ってもらうことにした。フレームの選択には迷ったが、結局前と同じようなものにしてしまった。ウェリントンとか縁無しとかスポーツ用とか迷ったが、見慣れてないからか合わない気がした。縁無しは一度試したいが、置いてあったもののブリッジ部のデザインが華奢なものしかなかったのでやめた。

 レンズの度は、近距離の方を少し強くしてもらった。iPhoneのテキストとか紙の資料が少し読みにくいから。これは、今回の事故がなくても変えようかと思っていた点だった。Jinsは度が合わなかったら無料でレンズの交換がしてもらえるが、めんどくさくて放置していた(よくあるフレーズ)。

 その後アウトレットのAdidas、Reebok、Nikeに行った。AdidasにはPure Boost、Reebokには float rideがあって8,000円くらいだった。さらにReebokのランタイは良さげなのがあった。ここのReebokで買ったタイツを先日落としたこともあって、食指が伸びかけたが荷物を持てないので諦めた。

 NIKEは充実していた。Epic react 、Zoom fly1、Pegasus 35、Pegasus turbo1 があった。女性用ではZoom fly flyknitもあった。Epic reactとPegasus 35、Pegasus trurbo を試着してみた。日本向けのEpic react は25.5cmでちょうど良かった。Pegasus 35とturboは初めて履いた。思っていたのより快適で New balance vazee rush を思い出した。肌触りの良いインナー素材で優しい感じがした。逆に、ボックス部以降の通気性が悪いのではと思った。36のレビューでアッパーが良くなったという意見が多かったのはこの辺を改善したのだろう。turbo は思ったより柔らかかった。turboのほうが高速モデルというのをレビューで見ていたので意外な感じがした。

 ここで、ロードできたことの副作用が出た。ロードにはロード用のSPDをつけているので、SIDIのシューズで来た。自転車に乗っているときには快適だが、歩くことは考えてない。なので、途中から足が痛くなって辛かった。モトクロスブーツとは違う歩きにくさは底が一切曲がらないこととクリートが露出していて事実上逆ドロップ(前足部のほうが高い状態)になっているせいだ。

 帰宅後、少し涼んでからランニングに出た。7時を過ぎていたが30度以上あったと思う。時間もないこともあって、近場を一周りだけで帰ってきた。しかし、GARMIN のボタン押し忘れかGPSデータ不正のためにかGARMINのログでは500mも走ってないことになっていた。実際には3.7km(距離測で計測)くらい走った。

風鈴を愛でたあとで地獄絵図で涼む

 実家の近くに東光院という寺があって、あじさい風鈴まつりというのをやっているというので行ってきた。

 あじさいは散っていてほとんど残っていなかったが、風鈴まつりはやっていた。

 風が吹くとガラス風鈴の涼し気な音が響く(しかし、実際には暑くて汗だくww)

 ここは、坂本龍馬夫妻の仲人をした坊さんと縁があるということで縁結びを推していた。そういえば、京都市中京区には二人がデートしたというでかい木がある神社があった(名前忘れた)。社寺の乗っかって行こう精神には見習うべきものがある。

 便乗商法みたいで違和感があるかもしれないが、よく考えたら仏教なんかは外来のハイカラ宗教で、信者を増やすために他の宗教がやったようなことは一通りやってきている。極彩色の寺院や偶像崇拝、世界観の創作(天上や地獄。特に地獄の概念は他のメジャー宗教でも大きな役割を果たしている)、音楽。意味もわからないのに唱えられているサンスクリット語のお経なんか典型だ。中身もわからずにオリジナルの言語をそのままカタカナで取り入れてしまう貪欲さは千年以上前からやっているのだから。

 仏教は平安時代には時代の最先端の海外文化だったし、当時の人にとって一つのエンタメだったはずだ。だから、今、エンタメを取り入れるのは当然だろう。この貪欲さがあるから千年以上も続いてこられたのだから。

何年ぶりかの歯科医院

歯科治療
いらすとや
 6月20日、「江崎グリコ バランスオンminiケーキ」を走る前のカロリー補給のために夕方に食べた。材料的にはクッキーに近いが、水分を含んでいて、弾力がある。噛みごたえがあって楽しい。が、バランスアップのように砕けないので、餅のようになる。ここまで書いたら分かると思う。

 そう、詰め物が取れたのだ。虫歯になったときに埋め込んだ金属が取れて、次のストロークのときにゴリっとなったのだった。一瞬「異物混入?」と思ったが、そんな訳はなく、すぐに「あ~あ・・・やってもた」となった。

 単身赴任してから一度も近くの歯医者に行ったことがなかった。歯石を取ってもらったついでに悪いところがないか、悪くなりかけてるところがあったら補修してもらいたいと何年も前から思っていたが行けなかった。自宅近辺の行きつけの歯医者もあるが、そっちに予約を入れてしまうと、帰る日と時間帯が制約される。かといって、単身赴任先の近くのどの歯医者がいいのか全然わからないから不安だった。

 歯医者ある場所は分かっていた。子供の頃通っていた歯医者も残ってる(代替わりはしてるだろうが)。しかし、歯医者というのは病院の中でも特別だと思う。技術の進歩が日進月歩で、子供の頃にはなかった新兵器が数々投入されている。田舎の医者でそういうものを積極的に取り入れられているかどうかが不安だった。どうせ治療してもらうなら最新技術のほうがいいに決まっている。歯科治療は物理的な治療だから。素材や接着剤などは新しいに越したことはない(昔は、詰め物を入れたら「今日はこっちで噛まんように」と言われた)。

 ネットで探したら、SNSとホームページを積極的に使ってる医院があった。医師も若くて、「歯をできるだけ残す」という方針も嬉しかった。しかし、残念ながら社宅から遠かった。距離としては5kmくらいなんで、自転車でも余裕だし、ランニングでもその近くを通っている。しかし、予約した日時にそこに行かなければならないというと4kmでも遠い。雨の日に自転車やバイクでは行けないし、晴れていてもランニングの途中で汗だくで行って、治療を受けてから走って帰る訳にはいかない。できることなら雨でも交通機関を使わなくても行けるところがいい。

 結局、よくわからないが、自分が高校生の時には存在しなかった歯医者に予約をしたのが、詰め物が取れた翌週だったか・・・で、予約が取れたのが今日だった。

 久しぶりの歯医者。それもはじめての歯医者というので、ゲロ吐きそうになりながら行った。予約が厳密に運用されているらしく待合室には人はほとんどいなかった。問診票を出して10分位待って(問診票を書くので早めに行った)、席についた。

 少し待っていたら、初老の医師が来て丁寧に応対してくれた。虫歯が原因じゃないから詰め物を作って詰め直せばいいということだった。ラッキ~!自分は、詰め物の周囲が虫歯になって詰め物が浮いたために外れたのだと思っていた。

 で、少し削って形を整えてから型を取ると言って、これから削るけど麻酔しますか?と聴かれたので迷わず「お願いします」と言った。

 今の麻酔注射はほとんど痛みを感じないのでびっくりした。掘削作業はものの2分くらいだったし当然痛くなかった。麻酔をしなくても痛くなかったかもしれないがそんなギャンブルに賭ける気はない。次に、型をとって今日は終わり。一番時間がかかったのは麻酔の待ち時間だった。

 その後、麻酔が完全に抜けるまでには3時間くらいかかったが、液体のものや反対側で噛んで咀嚼できるようなものはすぐに食べられるようになった。

 とりあえず、ホッとした。仮止めしてあるだけだが、常にどこかにトラブルを抱えているような不安から開放されて気分は最高。上に書いたが、前から歯石を取りに行きたいとずっと思っていた。歯ブラシが届かない場所に虫歯が進行していないか、歯周病になっていないかのチェックの必要性も感じていた。老化現象の一部だと思うが歯茎が下がって来たようにも感じる。今回、これら全部を払拭する一歩が踏み出せた。

 「どの歯医者に行けばいいのかわからない」から「行ったことのある歯医者が身近にある」にステータスアップしたことが一番大きいかもしれない。これからは定期的に歯石取りに行っていい状態を保ちたい。

 治療については何も意見することはないが、データ管理系については前時代と言わざるを得なかった。予約は紙だし、受付は電話だし、ウェブページもなければSNS発信も行っていない。LINEすらない。患者の管理も紙ベースでやっているらしかったし。精算だけはシステムになっているようだったが、顧客との接点である予約とか重要度の高い患者データが紙ベースというのは残念としか言いようがない。

 ただ、個人病院だと未だにこのやり方から脱していないのが現状のようだ。医師は治療に忙殺されていて、事務の効率化とか考える隙がないのだろう。現状でも回っているし・・・まあ、実際問題、予約が2週間後でないと取れないくらいに患者がいれば、予約システムを改善してもそれ以上増やせないから、やらなくてもいいという考え方もできる。周囲の医院がそれをやって、自分のところが暇になったりしない限り気づかないかもしれない。
 

Runcas180 #075 Youtuber kofuzi、アタッチメントレンズ

 おすすめユーチューバー:kofuzi

 買ったもの:iPhone対応 魚眼レンズ マクロ クリップ式2点セット

静止画

 以下はオリジナルファイルへのリンク。ブラウザでは縮小表示されるので、オリジナルの画質を確かめたい方はダウンロードして等倍表示してください。

動画

・(魚眼)地面に置いた場合

・(魚眼)ベンチに置いた場合

・iPhone Xs アタッチメントなし

ポッドキャスト:

音楽:

ご注意:番組で使っている音源はモノラルでかなり強く圧縮をかけています。本来の音質ではありませんので、ここで聴いたもので音質をご判断いただかないようお願いします。

twitter:@runcas180
instagram:panhead
pinterest: スポーツ・シューズ
twitter:@geek_panhead

Runcas180 2019/05/25 炎天下ラン 10.0km

 GARMIN connect では 22.8 度とあるが、日射が強くて日向、体感温度は30を軽く超えていた。特に由良川の堤防は鉄板の上のようだった。

 久しぶりに NIKE ZOOM FLY(v1) を使った。Carbon X よりクッションが厚い感じがした。が、ぜんそくぶの反り上がりをつかって前に進められる感じはよく似ている。

 午後、昨晩スーパーに忘れていたRX3を回収し、100円ショップ>郵便局>コンビニ>図書館>スーパーを回って雑用を済ませてきた。図書館での図書カード作成と貸出は受けられなかった。単身赴任で運転免許や健康保険証の住所が西宮のままだから。水道の領収書を持っていったがだめだったIIJMIOはこれで行けたし、公共料金の領収書を住所の証明に使えるところもあるが、福知山の図書館は無理だった。

 夕方には45lのゴミ袋一枚分の草むしりをした。大量に汗を掻いた一日だった。

BGM:田んぼのカエル合唱団

twitter:@runcas180
instagram:panhead
pinterest: スポーツ・シューズ
twitter:@geek_panhead

Runcas180 2019/05/04 エンジンが有ってもなくても走るのは楽しい 8.0km

 今日はエンジン付きバイクで息子とツーリング。京都市内からくる息子とは舞鶴赤レンガ倉庫の駐車場で合流。息子は早く来て護衛艦の見学を済ませていた。自分は特に興味はないので護衛艦はパスしてバイクにまたがった。

 最短コースは退屈なので宮津まで少し海岸沿いを走り、大江山の峠を超えて福知山に戻った。福知山のカリフォルニア・ランドリー・カフェという似合わないシャレオツカフェでタコライスで昼食。その後、息子と実家にタッチ&ゴー。このミッションが一番きかったかもwww

 連休で天気もいいというので、赤レンガ倉庫周辺やとれとれセンターは混んでいてだるかった。

 夕方に一周だけラン。昨日のロードバイクと今日のエンジン付きバイクの疲れはランニングの疲れと異質のものがある。こういうときには全身運動で血流を増やすのが効果的。

BGM:日曜の午後kkさん

連絡:@runcas180

Runcas180 #067 チーム・ビーズでドーピング? 津山加茂郷フルマラソン

 21日の津山加茂郷フルマラソン全国大会に出走します。チーム・ビーズ・オブ・カレッジのビーズを手に巻いて走ります。別府選手のマネです(^^;

 おにぎりとお好み焼きと終盤でのコーラを楽しみにヒルクライムに臨む。

参考:

ポッドキャスト:

音楽:

ご注意:番組で使っている音源はモノラルでかなり強く圧縮をかけています。本来の音質ではありませんので、ここで聴いたもので音質をご判断いただかないようお願いします。

 連絡:@runcas180