PS3恐るべし

PS3スゴイねえ。テラだって。刈り取り時期になったPS2用のチップもパワー的に見劣りするようになってしまったので、次期には一気に他を引き離したいのだろう。

 確かに、MSは自分ではチップを開発できないので、intelの開発能力に依存するしかない。しかも、価格的にパソコン用の最新チップを使うことはできない。XboxがPS2に対して見劣りしないのは2年という後発メリットがあるからだ。XboxがPS2と同時期に発売していたらceleron300程度で大きく見劣りしたものしか作れなかったはずだ。それを考えると、PS3がこの記事で解説されたものならば、Xboxはハードウェアパワーで圧倒されるだろう。任天堂がこれに追いすがることは不可能だろう。それくらい、このプロセッサの開発コストは高い。

 このチップの恐ろしい所は、そのスケーラビリティじゃないだろうか。セルの数をかえることで同じアーキテクチャのもので応用できるなら、ソフトの開発ノウハウを活かすことが可能になる。PCと携帯とでバイナリ互換があるなんて考えるだけで興奮する。

 このチップにjavaが載れば、マルチプロセッシングlinuxが載れば・・・・あれ、PS2Linuxキットって・・・布石か?昔NEWSという68kワークステーションで敗れたソニーのリベンジマッチか?CELLプロセッサ対応のlinux環境をつくればそのまんま強烈なunixワークステーションができるじゃない。

 それだけでなく、スケーラビリティを活かして、サーバーブレードにも使えるだろう。でも、ファイルサーバーにはこんな演算能力は要らないか。発熱と消費電力に疑問が残るしなあ。

PS3が待ちきれない

CELLチップを待つまでもなく、PS2をつないでEEとGSをフル活用することでスーパーコンピュータを作ろうということを考えたらしい。

PS2でスパコン構築 NCSA。webサーバーじゃなく、演算サーバーという使い道があるんだったら、CELLをラックに押し込んでというアプローチも有りだろう。というか、PS3が発売されたらきっと誰かがやるだろう。

 ただ、こいつは一般人が真似できるようなものじゃないな。linuxキットについてきた技術仕様を見てGSやEEにアクセスするプログラムを書け、マルチプロセス用の計算プログラムを書けるようなレベルでないと使いこなせない。だからNCSAなんだろうけど。SONYじゃないところがどうにも・・・まあ、純粋に知的好奇心やチャレンジで研究できる機関と一般企業を比較するのは酷かもしれないけどね。

 でも、GSもEEも今では特に速いチップというわけではないのだから、NVIDIAとかATIのグラフィックカードをたくさん挿して並列処理するスーパーコンピューターにチャレンジしても面白いかも。NVIDIAが技術デモとして、高速性をアピールするのに作ったら面白いのにね。

水冷PC

 NECが水冷デスクトップをリリースしているらしい。NECのデスクトップPCには全く興味がないが、水冷というアイデアには興味があった。DOS界では冷却効率を上げ、CPUのクロックを上げるということを趣味としている人がいて、水冷化キットが売られていた。日立は前からノート型の水冷マシンを発表(販売していた)。

 個人がやる分には面白いが、メーカーがデスクトップの水冷化というのは面白さ半減だ。水冷化というのは巨大なヒートシンクやファンをつける延長上でしかない。今回のNECの開発者インタビューでも、一番苦労したことは時間との戦いだったような感想だ。時間とコストさえかければ、水冷化によって冷却効率があがることは誰でもわかる。メーカーの技術と資金を使ってそれをやっただけで、台湾の小さなメーカーが工夫を凝らして作ったような面白みに欠ける。ただ、ターゲットが違うので、「液漏れしてつぶれても知らないよ」といえないハンデもある。

 もうひとつ面白くないと感じた理由は、サーバーに対する考え方の食い違いだろう。俺がサーバーと書くときは、ファイルサーバーを意味する。webもメールもftpもファイルサーバーの一種だ。だから、そこそこのCPUと十分なメモリ、HD、ネットワークがあれば、個人で使う分には十分だ。しかし、NECのはこのマシンでテレビを観たり録画したりDVDを焼いたりすることが考えられている。だから、こんなハイスペックなCPUと冷却システムが必要なのだろう。

ネットワークってこういうことだったんだ

 昨夜Let’sNoteで英会話の宿題をした。簡単な英作文をつくるだけだが、Let’sNoteだと英辞郎が使えるから便利なのだ。そして、プリントしようと思った。iMacから打つことにして、サーバーに保存した。そして、忘れていた。

 しかし、良く考えれば、サーバー上のファイルはftpで取り出せる。首尾よく会社からサーバーにアクセスして取り出せた。こんなことはつい2ヶ月前にはできなかった。

 Let’sNoteから印刷はできるが、USBケーブルが届かない。しかも、電池がないのでLet’sNoteをプリンタの近くに運ぶこともできない(運ぶためには一度電源を切る必要がある)。

音楽の楽しみ方

デジタイズした音楽データをサーバーに置いてクライアントマシンで鳴らすというのは面白いし、便利だ。容量の大きなHDがあれば、手持ちのCD全部を放り込むこともできる。

 ここまできたら、NFSでサーバーのディスクを公開してリモートでも鳴らすことが可能だ。しかし、そこまでしてしまうと犯罪だな。しかし、技術者がMP3交換サイトやGNUtera(スペル不明)を作りたくなる気持ちも分かる。純粋に、リモートの音楽やデータをネットワーク経由で操作できるのは楽しいから。

 ついでに、リモートからの画像アップロードも試してみる。たった一つ不満は、画像データをアンカーにしたリンクが貼れないこと。ここには小さな画像を張って、オリジナルの大きな画象へのポインタに使うことができない。そんなことしてたら、入力フォームがごちゃごちゃして使いにくくなっちゃうだろうが・・・大きな画像が見たい好きモノはここにHHKの写真がある。

 ちなみに、右はハッピーハッキングキーボードをつないだiMac。大きさ比較のためにprismを並べてみた。ホームポジションからマウスまでの距離が近いというのもいい。

辞書

 ところで、辞書について、どうして出版社は本気で辞書データを売ろうとしないんだろう。広辞苑のデータなんかは枯れてるんだし、本として1万円程度で売れるのならデータは数千円で売っても十分元は取れるだろう。というより、印刷をやめてしまえばいいのだが、印刷からスタートしているから無理なんだろう。それが足を引っ張っているのに・・・

 辞書という書籍の印刷ではなく、辞書データサービスという視点に立てば、英辞郎のようなアプローチが取れるだろう。英辞郎の水増しした100万語よりはるかに良質の充実したデータを持っているんだから、もっといろいろなアプローチができるだろうと思う。

 今は、データだけを様々なハードメーカーに販売しているが、専用の辞書リーダーのようなハードを出すというアプローチはどうか。メモリカードを搭載して、辞書データをメモリカードに焼いて売ればいいし・・・ハードの設計・製造・販売・フォローは荷が重いかもしれない。辞書の販売網を使ったコンテンツ産業への移行のほうが危険が少ないかもしれない。ただ、ハードをやらないならパソコンをターゲットにしないのは片手落ちだろう・・・PDAや電子辞書といったニッチなプラットフォームでは印刷物からの全面移行はできないはずだ。

 ここは、SEGAを見習って、ソフト資産を幅広いプラットフォームに拡販するのが一番いいのかもしれない。その時重要なのは、OEMが楽だからとメーカー任せにせず、プラットフォームフリーな販売形態にすることだ。ROMに焼けばコピーは防げるが、その機種が死んだときに袋小路だ。どのプラットフォームが残ってもいいように主体的に、ソフトを作る能力を身に着けることだ。

 もちろん、電子辞書は同じユーザーの買い換え需要も期待できるところはおいしい。しかし、これは紙の辞書を売っている発想だ。辞書のデータを売るのなら、一度買った人はプラットフォームを変えても使う権利がある。この辺の考え方の切り替えは、レコード・CDの販売でも問題となるところだろう。

 後、パソコンに提供するときは間引いたライト版をバンドルで提供することだ。検索ソフトのフリーダウンロード、フリーアップグレードも提供したい。ライト版で不満のないユーザーなんてもともと電子辞書も要らないだろうし、そもそも辞書が必要ではない可能性が高い。

 重要なのは数万円出してでも電子辞書を買っている購買層を取り込むことだ。手持ちのパソコンやPDAで使えるフルコンテンツデータが数千円で買えれば電子辞書を買わないだろう。