Mac OS X Yosemite をインストール

修復した項目が全然修復されていない・・・
修復した項目が全然修復されていない・・・
 iMac 2013 をYosemiteに入れた。

 こういう場合にDiskFirstAidを書けるというのが漢字Talkから使ってきた人間の修正。今ではディスクユーティリティというアプリを使う。本当は、他のドライブから起動して修復を書けるのが王道だが、iMac 2013 には起動用のメディアは添付してこなかった。修復用パーテーションから起動して修復をかければいいのだが、ここからは起動できなかった・・・それでも、やらないよりはマシということで、起動ディスク上でもできるアクセス権の修復を実行した。その時のログが右。拡大してみて欲しい。ログの上部が修復を実行した時のもので、下はその後に検証したもの。修復で修復完了したはずのものが検証で全く同じエラーで引っかかっている。

 修復用のドライブから起動できないのは軽くショックだが、外付けHDDにインストールするのも面倒くさいwww データは外付けに Timemachine バックアップしているので、システムさえ入れて起動できればどうにかなる。最悪、娘の Macbook からどうにか出来るだろうと思いインストールした。

 インストールデータだけで 5GB 有り時間がかかり、その後インストーラーを起動して、再起動がかかる前に寝てしまった。起きたら Yosemite で起動していると思って寝たが、朝起きたらプログレスバーの途中で止まっていた・・・このまま放置しても進まない雰囲気だったので、電源ボタン長押しで再起動した。

 Yosemite で起動できた。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です