iPhone 8 保護シール貼ってみた

 iPhone 8 は裸で使っている。これというケースが見当たらないからだ。iPhone 6 を使っているときにはとりあえず保護のためと 100 円ショップの透明シリコンケースを3年近く使った。2年位で黄ばんできてゴールドのようになっていたが、みすぼらしいので替えたいと思いながら探すのも面倒で使い続けていた。その後、息子に防水耐衝撃ケースをプレゼントされて使った。

 しかし、ランニング時に少し不便な時がある。ランニングベストは専用のポケットがあるのでいいが、軽量ウエストベルト型にはポケットの数が少ないので、ジェルやカードキー(社宅の鍵)と一緒に入れるしかない。カードキーならまあいいが、金属製の鍵や小銭と一緒に入れるのには気が引ける。

 できるだけ同居させなくていいように工夫して暮らしていたが、Aliexpress で保護シートがオススメに入っていたので、「これなら薄いし傷は防げそう」と思い買ってみた。200円もしなかったので、ダメ元だ。

 届いたものはなんの説明もないシールだけだった。平面の部分だけを覆うのかと思っていたら横に回り込むようになっていた。これを見たときに「これはアカンやつや」と思った。マナースイッチと音量ボタンの間や電源ボタンとSIMカードスロットの間は狭いのでステッカーは細く切り欠いてある。こういうところから剥がれるというのが常だ。

 細い部分は切ってしまおうかとも思ったが、とりあえず貼ってみることにした。ボタンやレンズに干渉しないように貼るのは難しいが、カットの精度は高くてきれいに貼れた。そして、回り込んだところも安定していた。

 シートはカーボンシートのように見えるよう型押されていた。これが滑り止めとして機能して書く段に持ちやすくなった。シートが横面に回り込んでいるのが更に効果的だった。これは期待以上だった。

 心配していた、細い部分も安定している。この価格なので、数ヶ月で剥がれても痛くない。久しぶりにいい買い物をした^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です