579_2021/03/04 丹波篠山オンライン05回目 10.0km

 insta360 のティーザー広告

川内優輝が履いたアシックスの厚底 ランナーがやきもきする理由(NEWSポストセブン)
 今回のアシックス製厚底は、まだ発売前。川内選手はアドバイザリースタッフとして効果を“実証”するための使用だった。結果が出たことを受け、当然、一般発売を期待する声が出る。東京五輪でも選手が履き、それを見てモチベーションにしつつ同じ靴でランニング──と思いきや、そうはならない。今回のシューズは世界陸連(WA)に「開発中の靴(Development Shoe)」として登録されているものだからだ。

「規定上『開発中』では、五輪などの世界レベルの大会で使用できません。昨年、厚底禁止論争が起きた際に、そうした大会での使用には4か月以上『市販されていること』が必須条件となったためです。

 一方で、五輪で有名選手が使用してくれるといった“大宣伝”なしで市場に投下するのはメーカーにとって勇気が要ること。そうなると、少量しか出回らない可能性があります」(前出のスポーツジャーナリスト)

 いつ一般に販売されるのか。アシックスに聞いた。

「現在は国内外の選手に試してもらっている段階です。東京五輪開催に間に合うように発売するかどうかは申し上げられないのですが、近いタイミングで発表できればと思っています」(アシックス広報担当)

下にSTRAVAが表示されない人はSTRAVAのサイトへ行く

Youtube :panheadpirates

  • Insta360 ONE X
  • Insta360 GO
  • twitter:@runcas180
  • instagram:panhead
  • pinterest: スポーツ・シューズ
  • twitter:@geek_panhead
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です