人体実験:米テキサス州、マスク着用義務を解除へ

 また、感染症対策の参考になる貴重な実験が行われることになった。普通なら絶対に許されない、住民の命をかけた社会実験の始まりだ。

 州知事にとっても大きな賭けだろう。3ヶ月後にテキサス州の100万人あたりの感染者数や死亡者の数が他州と比較してどうなるか見守りたい。

米テキサス州、マスク着用義務を解除へ 10日に商業活動も全面再開

情報源: 米テキサス州、マスク着用義務を解除へ 10日に商業活動も全面再開 – BBCニュース

米テキサス州のグレッグ・アボット知事(共和党)は2日、州内の新型コロナウイルス対策について、10日にもマスク着用義務を解除し、商業活動を全面的に再開すると発表した。「今こそテキサス州を100%開く時だ」としている。

アボット州知事はこの日、同州ラボックの商工会議所での演説で、新型ウイルス対策の制限措置を解除すると明らかにした。

「あまりに多くのテキサス州民が雇用の機会を奪われている」とアボット氏は述べた。「あまりに多くの小規模事業者が経費の支払いに苦労している。こんなことは終わらせなければならない」。

そして、予防接種の実施件数が増加し、新型ウイルス感染症COVID-19の治療法が改善されていることから、同州は「今、はるかに良い状態にある」とした。

アボット氏は「新型ウイルスは突然消えるわけではない」としつつ、「州政府の命令はもはや必要ではない」と述べた。

アボット氏の新たな知事令は、同氏がこれまでに出した新型ウイルス危機に関連する知事令のほとんどを無効とするもので、3月10日に発効される予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です