新型コロナにまつわる良いニュースと悪いニュース

悪いニュース:

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は7日、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した新型コロナウイルスの感染について、新たな証拠があることを認識しているとの見解を示した。ただ、証拠は決定的ではないとも強調し、数週間以内に感染経路を説明した最新の報告書を公表する予定という。くしゃみなどをすると飛沫は1~2メートル程度で落下するが、小さい飛沫はエアロゾルと呼ばれる微粒子になって、長い間空気中を浮遊し、遠くまで移動する。世界32カ国の感染症専門家239人は6日、エアロゾルによって感染するリスクを指摘した報告書を公開し、話題を呼んでいた。

WHOの感染予防の技術責任者ベネデッタ・アレグランジ氏は7日の記者会見で、エアロゾルを介した感染の可能性を示唆したうえで、「換気の悪い場所などでの感染の可能性は否定できない」と話した。「証拠を収集して解釈する必要がある」として、検証作業を急ぐ考えを示した。

WHOはこれまで新型コロナの主な感染経路は飛沫と接触だとして、対人距離の確保などの徹底を求めてきた。仮にエアロゾルからの感染が正式に認められれば、WHOが推奨する対策も変更を迫られる可能性がある。

情報源: 新型コロナ:「エアロゾル」感染の証拠認識、WHOが見解 (写真=ロイター) :日本経済新聞

悪いニュース:
 

いかなる新型コロナワクチンも防御効果に限界ある公算大-ファウチ氏

  ファウチ氏は国立衛生研究所(NIH)が主催したビデオ会議で、「少なくとも現在の感染サイクルの終わりまでは感染を防御すると想定することは可能だ」と発言。「今はまだ、第1波のただ中」であり、衛生当局者はワクチンには一定の感染防御効果があると想定しているが、「限界」がある可能性は高いと指摘した。

  新型コロナのワクチンは、1回接種すれば感染防御効果が一生続くはしかワクチンのようにはならないだろうとした上で、「われわれは感染防御の効果が続くよう、追加免疫が必要になるかもしれないが、現在はどのぐらいの期間持続するか分からない」とファウチ氏は述べた。

良いニュース?:
 一番上の指摘は新しいものではなく2月にはされていた。そして、その対策としても三密回避しか無いことも明らかになっていた。そして、経済を無視すれば抑え込めることも分かった。

新型コロナで可能性指摘 「エアロゾル感染」とは?

その後、2月19日に中国国家衛生健康委員会が、医療従事者向けの新型コロナウイルス感染症診療ガイドラインの改訂を発表[注3]。その中で、「密閉された空間で、高濃度の汚染されたエアロゾルに長時間さらされた場合には、エアロゾルによるウイルスの伝播は起こりうる」と、この経路での感染の可能性を示唆しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です