オークション

 自転車を買ってからというもの、ヤフオクをチェックする機会が増えた。昨日は、短パンとグローブを購入した。買う場合は、オークションで買うというより、安売りしている店を探すために使うという使い方が大半だ。

 久しぶりに、息子に頼まれてゲーム関係を出品したら面白かった。モンスターハンター2という今年に出たゲームだが、PS2がネットにつながっていないことによる制限があって面白くなかったらしい。にもかかわらず、息子は祖父母からもらった小遣いで2300円もする公式ガイドブックを買っていた。そして、自分で「何で買ってもたんやろ。あんまりやってないのに・・・」と言っていた。で、この機会にゲームも攻略本も処分したいと言い出した。

 セットで出品することも考えたが、攻略本を欲しいと言うようなふぁんならすでにゲームは持っているはずと思い、ゲームと攻略本、特典セットの残り(フィギュアとマウスパッドとでかい箱)をオークションにかけた。先週発売されたばかりの攻略本の反応は良く、送料を考えると上限に近いと思われる1500円の希望落札価格に達した。次は、ダメもとで出品したおまけのセットだが、現在販売されていないことがヲタ心をくすぐるのか、意外な高値になってきている。反応が無いのがゲームソフト。デメリットが無い代わりにメリットも無い。半年遅れの中古ゲームソフトでは高値は難しいようだ。やはり、何らかの特徴(新品未開封とかおまけ付きとか限定版とか)がないと難しいようだ。

 こんなところでもマーケティングの基礎を学べる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です