トレーニングログ 2019/01/06 NIKE ZOOM FLY 初走り 2.4km

 曇っていたが、来週の大阪30Kに履く靴を決めるために NIKE ZOOM FLY を試しておきたくて着替えた。

 外に出たら小雨が降っていたが、路面に水たまりができるほどではなかったのでスタートした。

 しかし、3日に打った右膝が痛んだのと路面に水が浮き出していたことから、すぐに最短コースに切り替えた。

 ZOOM FLY のアウターソールは Streak 6 とよく似た素材なので、接地音はよく似ていた。ポンポンという感じだ。ZOOM FLY はさらにそれが強く感じた。ウォームアップもできてないような状態なので、それ以上の感想は持てなかった。

 とにかく、この右膝を治しておかないと土曜日の30Kの感想すら覚束なくなるだろう。今週は慎重に、様子を見ながら走ろう。

Runcas180 #053 Reebok float ride ultra knit / NB BEACON

 上の写真が横から見たところ。白い部分がフォームで黒いのがEVA。

リーボック・ウルトラニットの反発性
反発力はAdidasのJapan boostと互角
 屈曲点は母子球の少し前で、それ以外のところはほとんど曲がらない。屈曲点から後ろは前後左右、全方向に対してほとんど曲がらない。

 この剛性は初心者用の ASICS GEL 1120 と競技用の NIKE ZOOM FLY に近いというところが面白い。


リーボック・ウルトラニットのソール
ソール
 土踏まずとつま先が黒くなっているのは奥に黒いプラスチックらしき構造材が埋め込まれているため。


リーボック・ウルトラニットの重量
重量227g(26cm)
 26cmで227g というのは特に軽い方ではないが、GEL KAYANO よりは相当軽い。比較ページ(pinterest)


 New balance BEACON
New Balance fresh form BEACONの500km走行後
  New Balance Fresh form BEACON の走行後のソール。前足部中央の減りが激しい。

 拡大すると、バリのようなものが確認できる。左右の減っている位置が違うのもよく分かる。

参考:

ポッドキャスト:

音楽:

ご注意:番組で使っている音源はモノラルでかなり強く圧縮をかけています。本来の音質ではありませんので、ここで聴いたもので音質をご判断いただかないようお願いします。

 連絡:@runcas180

Runcas180 2019/01/05 Epic react で堤防ラン 18.2km

 曇だったが気温はこの季節にしては高かったと思う。もちろん、二重ミトン着用は前提だが。

 NIKE Epic react を久しぶりに履いたが、サイズが合ってないことを再認識した。サイズが合ってたら快適そうなシューズなんやけど。ホント残念。

 これでフルマラソンはやめといたほうがいいのではという結論に達した。

連絡:@runcas180

GARMIN ForeAthlete 630J 保護ガラスは優秀だった

 お守りみたいな気持ちで貼っていた保護ガラスに救われた。

 3日に走ったときにつまずいて転倒したことは書いた(トレーニングログ 2019/01/03 初コケ 9.9km)。そのとき左手から路上を一回転し、GARMIN をアスファルトの路面に押し付けたようになっていたらしい。下の写真の左の写真の状態になってしまった。。

 「保護ガラスが守っていると思っていたら、本体のガラスも割れていた」というのはよく聞くので剥がすのが怖くて先延ばしにしていたが、スペアのガラスが見つかったので、思い切って割れた保護ガラスを剥がした。

 ガラスを剥がしたのが中央の写真。ガラスは一部バラバラになりそうなところがあって、危ないのでテープを貼っている。それくらいひどく割れているが、本体の液晶には全くダメージがなかった。

 すぐに、スペアを張り直したのが右。ケースにすこし傷がついているが、全く問題ない。安い保護ガラスだったが、十分な性能だった。GARMIN に限らず、ランニングウォッチを使っている方には貼っておくことを強くおすすめしたい。GARMIN ForeAthlete 630J ガラスフィルム【2枚入り】で買える。ここには 630 とあるが220,230,235,620でも使えるはず。ボタン操作のみでいい機種ならそれほど神経質にならなくてもいいが、タッチ操作が必須な機種は貼っておいたほうがいいだろう。

正月休みは Mac のメンテ/ WordPress の Classic Editor

 娘のMacbook pro 13 2012のHDDをSSDにしたことは前に書いた。娘のマシンは数ヶ月前からMojaveになっていた。それで、システムや Office 2011 for Mac も一応動くことが確かめられたので、iMac も Mojave にしてみた。

 数ヶ月間鬱陶しく右上にのさばってたダイアログがいつの間にかでなくなっていて、いざ、Mojave を入れようとしたらインストールボタンが見つからない。App Store のMojaveのページに行ってもインストールもヘルプサイトで指定された「入手」というボタンも見当たらないのだ。

 答えを書く。「開く」だった。ヘルプで指定した「入手」というボタンがないというのは問題だ。せめて「インストール」というボタン名ならすぐにわかっただろう。対象もないのに「開く」というのはUI上の間違いだろう(Mojave アップデート後の App Store には「入手」ボタンが有る。しかし、Mojave アップデート前の App Store にないのでは無意味だ。アホか?)。

 そこからはスムーズに事は運んだ。インストール後にシステム環境設定から「ソフトウェアアップデート」を実行したらアップデートが見つかったのですぐにインストール。また15分くらい待ったら最新システムになった。

 ソフトウェアアップデートがまた環境設定に戻った。OSが他のサードパーティアプリと同じ App Store にあることがおかしい。昔は、Apple Menuの中にあったりした。こういうところがコロコロと移動するのも Apple の悪い習慣だ。

 HDDをSSDにした効果は絶大だった。ハードウェア的には iMac のほうがかなり上回っていることは上のダイアログでわかる。CPUは iMac が一世代新しくクロック周波数が高いし、GPUは独立していてGRAMを2GB搭載している(Macbookはメインメモリ共有)。メモリは仕様は全く変わらず8GBだ。今、Macbook のアドバンテージはストレージがSSDであることだけだ。しかし、これがすべてを覆すくらいに効いた。

 やはり、システムはバランスだ。CPUやGPUが速くてもストレージが不十分ではそれを活かせないというか、普段の「軽さ」には貢献することを思い知らされた。

閑話休題

 UIの話に戻るが、WordPressのUIもブレブレだ。5になったときにモダンで機能の豊富な編集画面になったが使いにくいだけだった。我慢してhtmlモードで編集していた。最近写真の配置がおかしかったのはこのせいだ。

 娘が使っている WordPress の調子が悪く更新が反映できないというので、プラグインを止めたり再インストールしたりしていた。そのときに、「古い編集画面に戻す」とかいうテキストリンクがあった。やってみたら Classic Editor というプラグインがインストールされた。そして、編集画面を開いてみたら、懐かしい編集画面になった。そして、それが良かったのか再インストールが効いたのか、プラグインを止めたのが良かったのか、正常に動くようになった。

 早速ここにも Classic Editor プラグインを入れてみた。こちらのほうが軽いしプレビューも速い。見栄えだけのUIは要らんねん。最終表示はともかく、編集画面なんて使うのはスマホしか触ったことがないとかいう人間じゃないだろう。テキストエディタみたいなので十分。

 道具のUIがコロコロ変わると使い難くてしょうがない。こんなことは Office で散々叩かれたことだろう。反省してほしい。

トレーニングログ 2019/01/03 初コケ 9.9km

 今日はアドベン坂を反対からアプローチ。有馬温泉の手前からアドベンへの急坂を登ることができなかった。スタート地点からずっと登りだったので、調子が出る前に心拍が上がりきってしまった。

 アドベン坂から岡場のミスタードーナツの交差点までの下りで心拍を戻して、岡場からの上りは調子よく上れた。気を良くして「流通の公園のトイレに寄って、遠回りしてかえろか」と思って、交差点を左折しようとしたら、点字ブロックに足を引っ掛けて転倒した。

 調子が上がってきてきて、坂を上りきって楽になったところでスピードが乗ったまま左折しようとしていたので体重が左前方に寄っているところで右足のつま先が引っかかったので、全く対応できなかった。狭い歩道で左側の見通しが悪かったために、先を確認したい気持ちもあって視線がそっちにいっていて路面の凸凹への注意力が下がっていたこともあるだろう。

 右膝と左肘、両手のひらが痛くて再スタートできなかった。そこから自宅に向かって歩き、数百メートル歩いた頃に痛みが引いてきてリスタートして家の近くまで走ってこれた。

 これを書いているのは転倒から3時間くらい経過しているが、右膝の打撲以外にはそれほどの痛みは残っていない。右膝は年末に歩いているとき転けて打ったダメージが残っている。ここにまた付け加えてしまった。

 もう一つ大きなダメージがあった。それは上の写真を見ればわかる。保護ガラスが貼ってあるので液晶は大丈夫だと思いたい・・・少なくとも表示とタッチセンサーは機能している。630は中途半端にタッチ液晶を使っていて、液晶のタッチに依存しているので、液晶のタッチセンサーが機能しなくなったら使えなくなる。

 社宅にもう一枚保護ガラスがあるはずなので、社宅にいってから剥がすことにする。

トレーニングログ 2019/01/02 初走り・初ピットン 12.1km

走り初め。天気が良く暖かかった。といっても、ギリギリ二重ミトンで手がかじかまない程度だが。

有馬川沿いを下流方向に走ってるときに便意が来た。引き返して途中の公園のトイレに向かった。すると、公園のトイレの周りが工事中バリケードで囲われていた。基礎をやり直している途中らしいので撤去ではなく建て直しらしい。

がっくりしながら、「家まで歩いて帰らんとあかんかな」と思って帰ろうとしたら、逆側に仮設トイレがあった。助かった。和式便器だったが贅沢はいっていられない。紙もちゃんと有るし。感謝。2019年の出し初めだったwww

出すものを出してしまえば体が軽くなったので、岡場方面に向かって遠回りして帰った。

走りにくい道が多くペースは最後まで上がらなかったが、心肺機能的には問題なく走りきれた。

正月恒例ドライブ更新(HDD>SSD)MacBook pro 2012

 買った頃から(といっても買ったのは娘だが)、CPUの割に遅いなぁと思っていた。2.5インチのHDDがネックになってそうなのは、ブートやアプリの起動に時間がかかることから予想はされていた。それでも、本人(娘)がそれほど気にしていなかったので放置していた。SSDも高かったし。

 年末の Amazon のセールで1TBのSSDが1万6千円くらいになっていたのを見つけたときに、試してみたくなった。年末年始の休みに換装できるし。

 で、今日(2019年1月1日)、換装を実行した。

 詳細な手順は「MacBook Pro 2012midモデルをSSDに換装したらめちゃくちゃ快適なMacになりました」を参考に。これまでにHDDを換装した中で一番簡単だったかも。気を使うのは背面パネルを止めてる10本のネジ。小さいので潰さないように十分に注意しなければならない。内部のレールとHDD固定用のネジは工具さえ合っていれば失敗しないだろう。

 電源を入れたらコマンド+Rでネットリカバリーモードで起動。Wi-Fiの設定を入れたらインストールオプションでTimeMachineから復元を選ぶだけ。

 今回は、なぜか一回目に失敗して再起動する必要があったが、再起動後はスムーズに復元できた。2時間くらい放置しておいて、再起動音がしたら完成。いつもどおりTimeMachineの復元は優秀。

 再起動後に少し試してみただけだが、快適この上ない。重いアプリの起動時間がかなり短縮された。iMac 2013-27インチでも30秒以上かかる iTunes が数秒で起動するのは感動だ。また、意外にブラウザの反応も良くなった。ネットワークのスピードがネックになっているのかと思っていたが、ストレージの速度も関係していたらしい。

 こうなると iMac 2013-27 も SSD か Fusion dive にしたくなった。しかし、iMac 2013 のドライブ交換は難易度が高い。その前に使っていた 2007−20 は自分で交換できたが 2013 は交換できる気がしない。それ以前に、使用頻度が低いからリスクを犯してまでやる必要もないかなと思ってしまう。

 抜いたHDDはHGSTだった。昔は高品質の代名詞だったが今は Western Digital 資本の一ブランドだ。2.5インチで5400rpmのドライブなので速度は期待できない。というか、これが速ければ換装する必要は無かったのだから。でも、捨てるのももったいないので社宅のデスクトップのストレージに使うつもり。今入ってるのが 240GB と 300GB の 5400rpm なので、750GB のこれのほうが理論的には速いはずだが(密度が高いので一回転あたりに書き込まれているデータが多いので)、省電力に作られてるので、アクチュエーターの移動速度は遅いかもしれない。またバッファーの容量もどうか分からない。速度が十分なら起動ドライブにしてもいいんだが・・・

トレーニングログ 2018/12/30 有馬温泉バイパス坂トレ 8.9km

 2018年最後は好調に締めくくれた。

 昨日と同じくらいの気温だったが、風が弱かったおかげか、体感温度は昨日より高かった。Buffをかぶったのも良かった。走り始めに耳が冷たいと体まで寒く感じるから。それと、頭部は体全体の30%の熱を放熱するらしいから頭部からの放熱を減らすことで体全体の熱収支が都合良くなったのかもしれない。

 今日は、スタート時点で調子が良い気がしたので、有馬温泉バイパスに向かった。途中全く止まらずに登りきり、セブン・イレブンの交差点まで、ノンストップで走りきれた。

 昨日は水回りの掃除をしたので、今日は床掃除とワックス掛け(部分)をした。ワックス掛けは結構重労働。

 今年は(も?)、網戸とガラス拭きはなしの方向で・・・

トレーニングログ 2018/12/29 アドベン坂・有馬 8.8km

予想通り自宅(六甲山の北)は晴れていた。少し雪が降った形跡はあったが道路は乾いていた。

昼頃にスタートした。日差しはあったが北西風が冷たくて寒かった。3kmくらい走っても調子が出なかった。ウィンドブレーカーを着てたのに寒かったのは今シーズン初めてだ。

防止をかぶっていたらだいぶ違ったと思うが、Buffをかぶったら良かったと思ったときには遅かった。

朝、娘がスパイダーマンをやっているのを横で見ていて3D酔いして気分が悪くなっていた。走り出したらリセットされるかと思ったが最後まで気分悪く調子が出なかった。

調子が出ない理由として、昨晩、こちらに来る途中で公園のトイレに行ったとき、暗い歩道の段差に足を引っ掛けて転倒し、右膝を打ったダメージが残っていたこともあった。

今回はアドベンチスト病院から有馬温泉に行く峠越えを半分くらい歩かなければならなかった。真夏でもここまで消耗したことはなかった。

BEACON が今日のランで500kmに到達。切りの良いところで終わらせて良かった。