「さらばADSL!」を読んで

 収容されている基地局がサービス対象になるのを首を長くして待ったのは同じだ。

 違うのはADSLーというより Yahoo!ADSL といったほうが正解だろうーがもたらした「こと」への評価だ。ADSLがもたらしたのは、定額での時間・容量無制限通信環境だ。速度よりコストだ。それ以前もISDN回線による定額契約はあったが、回線料金が高かった。ISDNは電話回線の置き換えだからISP契約が別途必要になる(今のフレッツ光と同じ仕組みだ)が、Yahoo!ADSL はISPと抱き合わせなのでーISPを選べないがートータルコストが大幅に下がった。このインパクトが日本におけるインターネット普及に拍車をかけたといっていい。

 Yahoo!japan の情弱を騙すようなやり方は気に食わないが、ADSLとiPhone発売による日本市場へのインパクトは高く評価すべきだと思う。Yahoo!ADSL と iPhone をそれぞれのタイミングで開始しなかったら日本のインターネットやスマートフォンの普及は、キャリアに阻まれてもっともっと遅れていたし、今でも高価な回線料を支払わされていたに違いないと思っている。

 因みに、社宅では Yahoo!ADSL を継続して使っている。2年毎に他社に切り替えるつもりでいたが、切り替えられる対象が見当たらないので諦めた。Nifty ADSL の広告は見たが、サービス提供は softbank というので、切り替えても回線の品質向上は期待できそうにないし価格も大差ないのでやめた。いろんな企業や自治体が競ってADSLサービスを立ち上げていたが、今はほとんど残っていない。

 ともかく、自分が生きているうちになるかどうかは分からないが、光も銅線も無線通信に取って代わられるだろう。ADSLがそれまで生き残るかどうかは分からないが。とはいうものの、相変わらず、遅くブチブチと切れる社宅の Yahoo!ADSL 回線には悪態をついてるけどね^^

情報源: さらばADSL! 我が青春のブロードバンドよ! | ギズモード・ジャパン

Yahoo!ADSL オプション解約の旅

Yahoo!BB ADSL モデム一式。PCMCIA の無線LAN子機が付いている・・・
Yahoo!BB ADSL モデム一式。PCMCIA の無線LAN子機が付いている・・・
 Yahoo!BB に限らずソフトバンクのサービスを契約したら付いてくるのが有料オプションだ。「一ヶ月使ってみて判断してください」と言うが、実際にはオプショを外すのを忘れるのを期待しているのだろう。

 無線LAN以外はWebで解約登録できた。というか、無線LANカードだけは返送しなければいけない。それも宅配でだ。

 この無線LANカードはモデムのPCMCIAポートに差し込むためのものだ。無線LANのハードウェアを物理的に着脱可能にすることで、一つのハードで複数の契約に対応できるというアイデアだ。これ自体は合理的で面白い。が、無線LANの契約を最初から望んでいないユーザには負担を押し付けるだけだ。しかも、送り返す送料はユーザ持ちでだ。ソフトバンクの収入になるわけではないが、ユーザの財布から支出が必要なことには変わりない。オプション契約を望んだユーザにだけ添付するようにすれば不信感を抱かれずに済むだろうに。

 ちなみに、この無線LANカードは2.g5GHz帯のbとgにしか対応していない。この仕様の無線LANルーターは2千円くらいで売っている。このブログを読むようなヲタがこんなものに月々千円払うようなドジは踏まないと思うがww

ソフトバンクはクソ
一ヶ月以内に解約しないと大変なことになる「サービス」www
 右が自動的に加入されていたオプション群。電話も要らないが、基本サービスに含まれているので解約はできない。電話機は繋いでいないのでかかってくる心配は無いがww

Yahoo!BB ADSL 開通

ADSL 回線サーファーに俺はなる!で書いた回線が開通した。eo光にする前は自宅でもYahoo ADSL を使っていた。ほぼ 10 年ぶりの ADSL だ。当時は 8M プランしかなく、基地局から遠い(約5km離れていた)自宅ではその半分も出なかった。が、時間を気にせず常時接続できることの効果は大きかった。

 今回は、自宅から基地局までの物理的な距離がかなり近い(約1.5km)ので速度が出るのではと期待していた。右のグラフによると 10Mbps が期待できそうに見えるから。また、住宅地の開発が比較的最近なので経路上の銅線やリレーも新しいはずなので、自宅から基地局までの条件は良い方だ。

 ただし、ネットワークの速度は物理的な信号の伝達だけでは済まない。自宅の eo 光が良い例だ。光ファイバーなので、自宅から基地局までの損失はほとんどないのに、理論値の 1/10 も出ないことが多い。どんなにラスト・ワン・マイルの品質が高くても、ネットワークが混雑すれば速度が出ない。eo 光の場合はジャンクションでの渋滞が耐えない高速道路のようなものだ(だから、早朝など空いている時間帯は速い)。

 Yahoo! ADLS が細くても空いている田舎道なのか、流れの悪い片道一車線の3桁国道なのか・・・

 後、ひとつ忘れられないのは使用環境。この回線を使うのはモダンな高速マシンとはほど遠い過去のマシン(Prius Air type R)だ。Core2Duo(E6300) 1.8GHz、2GB メモリ、300GB HDD、LAN とグラフィックスは G965 チップセットだ(LAN は1000BASE-Tだが)。なので、仮に部屋のモデムまでの速度が十分数値として反映されない可能性はある。

 と、ここまで書いて置いていたが、10日に無事開通した。NTT(来たのは下請けの工事屋さんっぽかった)の工事担当者は9時15分くらいに来てくれて、外での仕事を済ませて確認のためだけに自宅に入り数分の確認だけで終わった。が、モデムがないのでモデム待ち。ソフトバンクに問い合わせようとしても電話の受付は10時から。10時まで待って電話し、繋がるのを5分くらい待ってモデムが来ていないことを言うと、「今日お届けします。時間指定はありませんので夕方かもしれません」と言われた。

 10年以上前に Yahoo!BB ADSL を使っていたことがあるが、その時には一週間以上前にモデムは着いていて、NTTの回線を持っていたので、工事は基地局内だけだった。開通日には自宅にいるように念押しの郵便まで送ってきたのだから、モデムを前日までに届けておくべきだろう。前日までに不在票があれば、工事の立ち会い時刻には家にいるのだから再配達で受け取ることが可能だ。そうすれば宅配待ちで半日潰す必要はない。

 諦めて、図書館にでも行こうかと考えだした11時くらいにインターホンが鳴って、モデムが届いた。

 とりあえず、モデムを配線し電源を入れた。2~3分でWANの接続が確認できた。そこから慌ててPCの配線(回線がないのでPCは完全に放置していた)をした。ひと月近く使っていないせいか、Window10が起動するのに時間がかかって焦ったが、特に何もしなくてもPCはネットに繋がった。モデムは、ハード的には無線LAN機能も持ったルーターらしく、RJ45ポートも4つ付いている。ちなみに、モデムの入った箱にはPCMCIAの無線LAN子機も入っていた。今時これを使う人はほとんどいないだろうが・・・

 早速、気になる速度チェック。BNRスピードテスト(ADSLが開始された頃からのサービスで、回線を変えるたびにお世話になっている)を実行した結果。空いている平日の午前中という時間帯なので、回線の最高速が出ていると思う。それにしても9Mbpsは上出来。上りは遅いが、動画を配信したりしなければ問題はないだろう。
 

 23時に同じテストをしたら下りは500KBpsまで落ちた。やはり、みなさんが使う時間帯なのだろう。それでも、Youtube の動画やGYAOの映画も止まることなく視聴できた。

 追記:その10分後くらいに計測したら9Mbps出ていた。同じブランチにいる人が大きなダウンロードでもしていたんだろうか・・・細い道(帯域が狭い)なので、他の回線の影響をもろに受けるのかもしれない・・・

新規回線契約 回線サーファーに俺はなる!

 単身赴任の社宅(借り上げ)にはネット回線はない。マンションタイプの割安なプラン等は受けられないらしいので、完全な新規だ。下記により ADSL にした。そして、申し込みが一箇所で済む Yahoo!BB にした。

     

  • 長時間使う土日は余り使わない(自宅に買えることが多い)ので、高品位な回線は不要
  • 電話局との距離が近い(銅線には重要)
  • iPad、iPhone、windows 10 常にアップデートする
  • インチキ臭くわかりづらいサービスが嫌い

 3,500 円と微妙な月額使用料だが、無制限(速度が遅いので、それが事実上の制限につながってはいるが)で、使えるサービスのうちでは最安値に近い。

 昼休みに契約の見積もりを取るつもりでフォーム入力したら申し込みまで行ってしまった。まあ、結果オーライ。

 1時間くらいで先方から電話があり本申し込みが完了した。実にスピーディ。例によって、9ヶ月後にキャッシュバックの申し込みをしないとキャッシュバック特典が得られないという罠のような契約だが、「俺は忘れないぞ!」。

 開通するのは 11 月 10 日くらいらしく、この点では物理的工事が不要なモバイル回線に及ばない。が、こんなものは、以前ADSLサービスが日本で開始された頃のことを思えば誤差の範囲だ。「いつサービスが始まるか、いつ自分の収容局(ADSL は NTT の局単位でサービスが行われる)がサービスの対象になるか」を毎日のように2chやウェブサイトで確認しながら1年半くらい待たされたのだから。自宅の電話回線が収容されている有馬温泉局は周囲の局より大幅に遅く、しかも、自宅からの距離はADSLの限界ギリギリだった。

 今回のプランは最速で 12Mbps なので、あまり期待はできないが、基地局との距離は1kmもない。それに、今時ADSLを使っている人間も多くないだろうから eo光のような混雑もないだろう。吉と出るか凶と出るかは開通後のお楽しみ。

 とりあえず、この部屋には10年も住まないだろうから、2年毎に契約先を替えるつもり。契約月を忘れないようにして次々に回線を乗り換える回線サーファーとは俺のことwww