ぼでー!ザナチュラルキラーズ ライブ動画@神戸スタークラブ

 2017/07/09 神戸スタークラブの動画も残っていたので貼っておく。

 16:55 オープニング
 18:12 見返り美人
 22:40 1.2.3.GO(ワン・ツー・スリー・ゴー)
 26:30 最高
 31:58 好きな事やるんだ
 34:45 超回復
 39:55 赤裸々きらら

ザナチュラルキラーズ動画紹介@twitcast

 Twitcastナチュキラをサポートしておくと通知が来る。結構高い頻度でやってるよ!

 ダウンロードやCDで販売している曲はお買い上げ頂きたい。

 0:13:30 オープニング
 0:15:50 見返り美人(iTunes)
 0:20:15 1.2.3.GO
 0:23:10 フォーカス
 0:26:45 最高
 0:32:00 太陽光線
 0:37:55 肩こりブルース
 0:41:00 好きな事やるんだ
 0:43:33 サンキューエイトビート(iTunes)
 0:47:25 お腹へった
 0:53:15 このまま
 0:57:40 幸せな気分(iTunes)
 1:02:00 赤裸々きらら(iTunes)
 1:07:45 超回復(iTunes)
 1:13:00 サンキューエイトビート(てふてふさんとのスペシャルコラボ)

 ザナチュラルキラーズが着ているエイトビートTシャツはこちらで買える(送料・消費税込みで2300円)。

映画:荒野の七人,キングスマン

荒野の七人

 TV版しか観たことがなくて、それもいつ観たのか記憶に無いくらい前なので、知らないシーンが結構有った。TV版では村人の苦悩やガンマンたちのミーティングなどは大幅に切られていて、「七人の侍の上澄みアクション」という印象が強かったが、フルバージョンを観て印象が変わった。

 特典映像も興味深かかった。当時の映画人にとって「七人の侍」がどれだけ高く評価され愛されたかを知った。

 堅苦しいことはどうでもよくて、7人(というか5人)のガンマンのかっこよさを単純に楽しめばいい。

キングスマン

 所々で映画を皮肉る台詞を入れるなど、王道を行かない半分ギャグのようなスパイ・アクション映画。

 悪役のエキセントリックな性格や場違いなファッションとキングスマンの自制心の塊のような振る舞いとスーツ姿が好対照。スパイの小道具やリモコンカー、武器なども 007 風で面白い。

 CGアクションの格闘シーンは個人的には退屈。切り貼り・CGの戦闘シーンはもう飽きた。勝敗決まってるんだし・・チャチャッとやってストーリーを進めて欲しい。

もやもやすることあるいはスポーツ観戦

 ポッドキャストで「ラッシュ」と「疑惑のチャンピオン」「茄子アンダルシアの夏」について語っているのを聴いた(他にもたくさん取り上げていたが)てもやもやした。何がこうさせるのか整理してみたい。

 F1についても自転車ロードレースについても、話している人は昔からファンだったわけではなく、映画を観て、周辺情報を wikipedia で拾っただけのように感じた。

「ラッシュ」

 映画は見ていないので映画については知らない。自分の年齢(55)では、ニキ・ラウダとジェーム・ハントは伝説の人でしか無かったから、「当時はこんな感じで観てた」とも言えない。もやもやしたのは、「ラッシュ」について語る時に、「F1はセナの死亡事故以降、安全対策を強化した結果下火になってきた」という言葉だ。

 第一にF1人気が下火になったのは日本だけの現象ではないか。F1というカテゴリーのレースが世界中で下火になっているというのは共通認識なんだろうか?中等や中国、韓国など新しい開催国を開拓することでF1ビジネスは膨張を続けているのではないか。逆に考えれば、これまで開催していなかったところに進出しないと本場のヨーロッパだけでは人気が落ちていることの証拠かもしれないが・・・どちらかは分からない。

 第二にそのタイミングだが、セナの事故以前から日本でのF1人気は下降傾向に有ったと感じていた。フジテレビのバブル報道が飽きられたのではないか。

 第三に、安全対策によるレギュレーション変更は以前から繰り返されていて、その度に一時的に平均速度は下げられてきていた。日本でF1がバブルになる前にもフラットボトム化、ターボ規制、燃料使用量規制、ウィング面積規制、生存エリア確保、クラッシャブルストラクチャー装備など多くの対策が打たれていた。安全強化によって見る人が減ったとは思えない。

 ただ、命を賭けた戦いを楽しむという観客の心理についての考察は興味深い。これは、古代のコロッセオの剣闘ショーやサーカスやボクシングなどに熱狂する心理と通じるものが有るだろう。

 自分はフジテレビが放映する前からモータースポーツファンだったし今でも基本は変わっていない。ただ、鈴鹿サーキットに出かけるほどの情熱は失った。自分の場合は、フジテレビのF1バブル報道によって冷めたといっていい。ドライバーをアイドル芸能人のように扱ったり、レースの見どころを死と隣り合わせのクラッシュであるかのように盛り上げるやり方にうんざりした。フジテレビではF1を「地上最速」ともてはやしていたが大嘘だ。最高速はC1やINDYの方が速いし、加速ではドラッグの圧勝だ。

 自分の中でF1への興味が失われたのは、ショーを面白くするためだけのレギュレーション変更が繰り返されたことだ。安全の旗印の基コンストラクターの出る杭を打つ変更が続いた。公道を走る自動車の技術をF1にフィードバックする時代になったのだ。これが一番の理由だ。

 「モータースポーツは元々退屈なショー」としかいいようがない。それを楽しむためにはリテラシーが必要だ。それを持たない人間に、有りもしない面白さを有るかのように見せかけようとして、メッキが剥がれただけだろう。

疑惑のチャンピオン

 番組での言及内容についてではなく、取り扱われた内容についてもやもやしているというのが正しい。

 ランス・アームストロングがドーピングを認めた時には驚きはなかった。というより「やっぱりそうだったか」という気持ちで、卑怯者と罵る気持ちはわかなかった。

 映画を観ていないので、ランス・アームストロングの性格や人間性について正しく描かれているか知らない。そもそも自分がランス・アームストロングの人間性を知らないから、観たところで正しいかどうか判断できない。

 もやもやするのはそこではない。ランス・アームストロングがドーピングをしたことは本人も認めている。もやもやするのは「ドーピングによって掴んだ栄光だった」と遡って批判することだ。あの時代、クリーンな選手がどれだけいたのか?遡ってすべての検体を調査した上で、ランス・アームストロングだけが陽性ならば批判は妥当だが、特定の選手だけ遡り、それ以外は不問に付すというのは納得できない。

 マルコ・パンターニがドーピングしていなかったと思っている人は少ないだろう(レース直前に急死)。が、彼は英雄のままだ。ツール・ド・フランスの最中にドーピングで失格し所属チームがレース撤退に追い込まれたヴィノクロフに至っては、2年後レースに復帰しロンドンオリンピックの金メダルを獲った。しかも、その後チームの監督に収まって未だにレース界の重鎮だ。

 この違いがおかしい。

 もちろん、他の全員が陽性だったからといってランス・アームストロングの名誉挽回しろとは思わない。遡って検体を調査し、陽性だった選手は全員が失格。レース記録抹消。そして、UCIとASOの当時の責任者やチーム関係者も含め全員永久追放になればスッキリする。

 他の競技でもそうだ。陸上競技で匿名で過去の検体を検査したらメダルの多くが剥奪対象という報道が有った。ランス・アームストロングは失格で記録抹消で永久追放されたのに、匿名のメダリストは今もメダリストのままだ。

 WADA は何をやってるん?

茄子 アンダルシアの夏

 「リアル」というのに、少し引っかかった。確かに、弱ペダとかよりはずっとリアルに近いと思うが、単独で逃げた選手がスプリンターと競り合って勝つというのは弱ペダレベルのあり得なさだ。そんな超人的パフォーマンスにしなくても、数十秒差を保ってのゴールでも十分に興奮できるのに。

 ゴール直前で集団に飲み込まれて50位くらいでゴールしても良かったくらいだ。それでも、あそこまで一人で逃げた選手は十分賞賛される。

 2017/5/9 ジロ・デ・イタリア第4ステージは山岳ステージで逃げた選手が逃げ切って優勝した(マイナーなチームの9番ゼッケン)。追走と20秒、集団とは30秒差でのゴールだった。最大で6分あった差がゴール地点でここまで追い上げられる。

 見えない敵(追走との差は無線やバイクによる掲示で知ってはいるが)からの追い上げを感じながらの逃げ。集団ではGC候補たちの牽制(まだ序盤なので体力は温存したい)、アタッカーと集団との争い(優勝候補の一人、アルーが逃げた時集団のペースを上げて潰したのはライバルのクィンターナをリーダーとするモビスターのアシストだった)、勝利を目指すアタッカーの飛び出しなど面白さが詰まったレースだった。

 あり得ない設定での超人的活躍など必要はない。

連休ログ ツイキャスとツムツムにまみれた一週間www

4/30:

 ジム最終日、兄を迎えに行き親の priori の fitbit との接続確認。

 夜、「イマズマンツーマン」​4月30日(日)中野坂上aja を聴いた。

5/01:

 滋賀県高島市のメタセコイア並木にドライブ。親のPCで Flickr! にアップロードできない・・・後日

 夜に自宅に移動。

5/02:

 河下川ダムルートを Wilier Izoard で。サイコン、心拍計の電池切れ、空気入れ不調、GPS電波切れに見舞われた。

 体調は良く、かなりいいペースで走れたと思う。帰りのR176もそこそこのペースを保てた。

5/03:

 waze まみれな一日。高島市の編集可能域はほぼ完了。

5/04:

 裏六甲ルートで一軒茶屋まで。山頂付近は大渋滞で歩かなければならなかった・・・

 夜、LOT のトークライブのツイキャスを聴いた。

5/05:

 昼ラン。

 娘のWordPressの設定変更。オリジナルドメインで表示出来るようになった。admin に入れなくなると手も足も出ないので手汗が半端ない・・・おかげで、完全バックアップを取る方法が分かった。Lollipop の ftp で大体できるが、アップロード画像は一度PCにダウンロードして ftp でアップロードするしか無かった。

5/06:

 小雨なので、げんしけん17~21を読む、夕方息子が帰ってきたので迎えに行った。

 夕食後社宅に移動。信号運が良かった。

 夕方にザナチュラルキラーズのツイキャスを観た。

5/07:

 昼ラン。iPhone 6 の GPS 不調・・・体調もいまいち・・・

 夕方、食料品の買い出しを兼ねて6kmウォーキング。

 しかし、歩いている最中にナチュラルキラーズのツイキャスが始まり、茶を投げていたら iPhone の電池が切れたorz…

 買い物を済ませ早足で帰ったら最後の2曲だけ聴けた。ありがとう。焦ったせいか牛乳を買うのを忘れていたが(^^;

 ツムツムのイベントをクリア。おまけイベントチャレンジ中。

毎日やったこと:

 ツムツムイベント、waze で高島市から小浜市、舞鶴市にかけて編集。国道と地域の主要道路周辺を大量に修正した。

できなかったこと:

 庭の草刈り、Homtom 修理連絡

GW 二日目といってもゴールデンウィークじゃない

 GW とは Galaxian Wars のこと。自分は昨日出勤だったので Golden Week 二日目じゃないしな。

 昨日は、偶然最初から聴くことができたが、今日は綿密に計画した上で最初から観た(今日は観たなのだ)。18時過ぎに東京から兄が返ってくるというので駅まで迎えに行き、両親の家に送り届けて帰ってきたらちょうど ザナチュラルキラーズのツイキャス開始通知が来た。夕食を食べながら待っていたら始まった。

 ザナチュラルキラーズのツイキャスは画像も配信してくれているので臨場感が増して楽しかった。

 が、画像が無理だったのか、会場の電波状況が悪いのか、画像が乱れたり音がおかしくなったり止まったりを繰り返すようになり、最終的には音もしなくなった。現場で何回も再開をしてくれているようだが改善はされなかった。そこに、救いの女神が現れて音声の配信をしてくれた。そこからは快適に聴くことができた。感謝!

 残念ながら、録音は聴けないが、聴ける範囲で楽しんでいただきたい。後半のSASAYAMA.も途中から切れたりとハプニングに見舞われた。自分的にはパノラマのアレンジバージョンが一番だった。

全部ではないが、twitcast の録画ラジオでお聴きいただけます。聴いたらアイテムを投入しよう!

 GALAXIAN WARS がザナチュラルキラーズとSASAYAMA.というミュージシャンが出るということはここまで読めば嫌でもわかるだろう(ここまで読んだ人がどれだけいるか知らんが)。二人イマズマンというポッドキャストをやっている。「イマズマン」は二人が住んでいる兵庫県西宮市今津から来ている。この時点で西宮市民は応援したくなるじゃないですか(今は単身赴任で別の所に住んでるが自宅は西宮市にある)(イマズマンの Youtube チャネル)。自分は、ライブに行ったことのないネット・ファンで紹介はおこがましいので、リンクだけ貼っておく。興味を持った人はクリックして、「いいね」を押してください。

 ザナチュラルキラーズは某宅配便会社で配送を副業にしながら、本州四国の様々な都市に出かけてライブを行っている。北海道と九州からも呼んであげて。

 SASAYAMA. は他にも多くの番組を持っていて、自分が好きなリビング・オン・ザ・トーキン(LOT)もやっている。普段は神戸16bitというライブハウスを経営したり出演したりしている。今年の2月からなんであのときcafeでずばりこの夜という定期ライブを行っている。

ザナチュラルキラーズ「サンキューエイトビート」いいね押して!

祝日出勤ログ ジムには間に合わなかったが GALAXIAN WARS に間に合った

sunset  カレンダーの都合で今日まで出勤で明日から連休。こんな日は出勤するに限る。だって、人が少なくて邪魔されずに済む。会議もないし電話もかかってこない(電話は普段からほとんどかかってこない。というか、携帯電話の電源入れていないことも多いww)からだ。予想通り自分の所属部署は自分以外は出勤していなかった。お陰で集中して作業が進んだ。

 スッキリして帰宅し、着替えてジムに向かった。しかし、入り口を入ったら「すいませ~ん」という店員の声。「今日は祭日なんで・・・」

 土曜日と重なっていたので忘れていた。世間の人達が休みなのは土曜日だからじゃなく祭日だからだったんだ・・・ジムは日曜祭日は入館が5時半までだった。土曜日なら20時半なので、仕事の後でも大丈夫だと思っていた。

 仕方なく社宅に帰ったが、天気のいい夕方に社宅に戻るのしゃくだし、運動不足なのでママチャリで距離が倍になるように遠回りして帰った。お陰で GALAXYAN WARS 16 を最初から聴くことができた。

 Twitcast の録画が聴けるのでぜひ。
  4/29&30 TOKIO GW2days part1
  4/29&30 TOKIO GW2days part2

トレーニングログ 2017/04/27,28 ジムで汗を流した後のナチュキラ。最高ちゃう

27

the naturalkillers on twitcast ふくらはぎはほとんど良くなったが慎重を期して、エリプティカル・ワークアウトにした。

 レッグカール、レッグエクステンション、腹筋、プルダウン、チェストプレス、バックエクステンション、エリプティカル・ワークアウト35分。

 最近は野球の中継が有るので、とりあえず目の退屈はしのぎやすくなった。

 帰ったらザ・ナチュラルキラーズがツイキャスをやっていた。ここで観られる:Twitcast 録画ライブ ザナチュラルキラーズキャス2017/4/27豪徳寺 5分くらいから出演するのがザ・ナチュラルキラーズです。

28

 ホントはトレッドミルに乗るつもりだったが、10台全部がふさがっていたので、阪神・中日戦を観ながらエリプティカル・ワークアウト。

 レッグプレス、ヒップアダクション(内・外)、トーソローテーション、エリプティカル・ワークアウト35分。

 昨日に引き続きザナチュラルキラーズのツイキャスがあるかもしれないので早めに切り上げた。今日の様子はこちら:Twitcast 録画ライブ ザナチュラルキラーズキャス 2017/4/28 八王子 7分くらいからの再生をオススメ。

 ザ・ナチュラルキラーズ 公式サイトTwitter @nkrecordツイキャスYoutube channel

サンキュー・エイトビート

ガジロウは空を飛ぶよ<間違い>飛んでるのは天狗だったwww

 ラジオ組体操の「怖すぎるゆるキャラ、食い逃げスイミング、野でするアレ」で話題になっていたガジロウの動画銅像。片道1時間以上車に乗ってわざわざ見に行ったらしいwww

 可愛らしい銅像・・・プレデターではない。

ア——– #かっぱ #やばいくま

iori_taさん(@iori_ta)がシェアした投稿 –

 追記:こちらは天狗だそうです。失礼しました。ガジロウが逆さ吊りの刑にあっているわけではなかったwww

……? #天狗 #やばいくま

iori_taさん(@iori_ta)がシェアした投稿 –

トレーニングログ 2017/04/20

人間病院診察券 昨日のVFF効果が残っているのか、カカトがちょっと痛いので、今日は普通の靴で出勤。ローテーション的にはトレッドミルに乗るタイミングだったが乗らなかった。

 代わりに筋トレをゆっくりやった。筋トレマシンのエリアが空いていたというのもあるがww

 レッグプレス、腹筋、トーソローテーション、プルダウン、チェストプレス、バタフライ(大胸筋)、エリプティカル・ワークアウト45分。エリプティカル・ワークアウトも少し長かった。野球をやっていたから。野球には全然興味はないが、芸能バラエティとかニュースバラエティとかよりは退屈せずにすむ。

 帰ってから人間病院wikiの更新をしようとして、病名リストを見てたら編集欲が止まらなくなった。一回抜本的に見直したい・・・