夜更かし癖と記憶の美化について

 連休が長いと、夜更かしの癖がついて、連休明けがきつい。今日も眠れそうにない。緊張するから余計だ。明日は、もうろく爺さんの新年の挨拶があるから、テープに録音する必要があるのに・・・また、小能力上司が、テープを文章にしてくれとかいってくるんだろう。4日まで休んでいたために、月次関係が4日遅れになっていることなど全く意識に上っていないのだろうから。まあ、前任者のように半日かけてやってやるか。

 夜にジョン・レノン・スーパー・ライブをNHKでやっていた。若いロックアイドルがでているのには違和感を覚える。42の俺ですら、リアルタイムは厳しいくらいだった。俺が中学生の頃、マッカートニーがコンスタントにヒットチャートに登ってくるのと違って、ジョンはほとんどかかることはなかった。Rockn’RollMusicとかで、渋くヒットを飛ばす程度だった。事件がおきる年に「ジョンが活動を再開する」ことが話題になり、StartingOverがリリースされると、久しぶりにポピュラーヒットになる予感がした。そのときに事件がおきたのだった。

 後追いでの知識は、すでにフィルターがかかっていて、ジョンをカリスマ化するようなきれいごとの情報ばかりだったのではないだろうか。醜い現実の姿を晒すことなく死んだ多くのアーティストがそうであったように。例をあげればきりがない。ジェームス・ディーン、モンロー、日本では尾崎豊、かまちと言った感じだ。若い頃、どんなに二枚目で売った俳優でも中年以降も一線で活躍している人ほど、伝説になりにくい。スポーツでもそうだ。選手だけで消えていった人は選手としての記憶で美化されるが、監督として醜態を晒した野村などは、今では監督としての記憶しか残っていない。彼の現役時代の記録は王や長島と比べても全く見劣りのしないものだったし、選手をしながら監督までしていた時代もあった。そこで、引退して球界を去っていれば、記憶に残る大選手だったのだ。

 また、オノ・ヨーコという人についても、あの会場に来ていた人のうちどれだけの人が、ライブ以前に知っていたのか怪しい。

「人は同時代人を過小評価し、過去の人間を過大評価する(多分マーク・トゥエイン)」ということだろう。

観たい映画は古いものばかり

 テレビをつけていて、偶然いい映画を見つけるとすごく得をした気分になる。特に、チャンネルを換えていて、一瞬見た映像が目に止まって観た映画が名作だったときには、自分の鑑賞眼を自画自賛してしまう。また、そういう映画ほど、前宣伝もなく夜中とか昼間とかにやっていることが多い。

 映画情報を収集することもないし、テレビ情報もあまり観ない俺にとっては、知らない映画と出会う数少ない機会だ。一つ残念なのは、教育テレビで月一回やっていた名作映画劇場がなくなったことだ。これは本当に痛い。ノーカットで字幕で民放では流れないような作品をやってくれることはめったにない。俺がHDD+DVDレコーダーを買ったら、タイトル関係なく無条件に録画したい唯一の番組だったのに。

 最近では、20日にサンテレビで「34丁目の奇蹟」をやっていた。すぐに子供を呼んでみせた。残念ながら、気付くのが遅く途中からだったので、感情移入しにくかったらしくもったいなかった。「信頼とは信じていないものを信じることなんだ」。

 関東地方でも、ローカル系のテレビ局は侮れない名作を意外な時間帯に流しているようだ。サンテレビの場合、名作というより外国製B級アクションとかが面白かったりするが。

Mamo-Dead 3.0: 映画の話を少々

テレビ東京(12チャンネル)で13:30から2時間枠で月〜木までやってるんだが、以外と馬鹿に出来ないのである、たまにではあるがマニア(?)には嬉しい迷作が放映されるのである。

 ついでに、「北の国から」とか「水戸黄門スペシャル」なんかいらんから、こういうのを流して欲しい。というか、俺がDVDレコーダーを買ったら放映して欲しいリストを並べる。テレビ局が公共放送としての使命を感じているなら、NHKが受信料で放送しているなら、放送にプライドを持っているなら、地上波のゴールデンタイムに放送して欲しい映画ばかりだ。

  • 3人のゴーストScrooged”:これは、12月の定番でしょう。
  • 俺たちは天使じゃない(’55年版)We’re No Angels (1955)
  • 情婦Witness for the prosection“:途中まで「不発か」と不覚にも思ってしまっていた。心から反省しています。監督がビリー・ワイルダーだというのは意外だった。
  • ワイルダーといえば、あなただけ今晩はIrma La Douce“もはずせない。 愛について考えさせられるが、深読みしすぎが(^^;
  • 愛といえば、恋愛方面に疎い俺だが、こういう作品は押さえておく。昼顔Belle De Jour“:ある意味理想。夫にとってもという意味だ。
  • すばらしきかな人生”It’s a Wonderful Life“:こちらは、観たことがない作品。関心空間で紹介されていて観たくなったが、会員になっているレンタル・ショップにはなかった。Amazonで調べたら在庫切れ。この作品の監督は他にも泣ける映画をいっぱい撮っていることをFrank Capraファンページで知った。
  • ポケット一杯の幸福”Pocketful of Miracles “もそFrank Capra監督作品。

ここからは、多分レンタルにもあるし、売ってもいるし、ひょっとしたらテレビでも放映されるかもしれない作品。

  • バグダッド・カフェBagdad Cafe
  • 12人の怒れる男12 Angry Men “:見ていない人は観ろ。
  • ニュー・シネマ・パラダイスCinema Paradiso“:amazon.comでのレビューに一つ面白いものがあった。星一つは辛すぎると思うが、この点にだけは同意する。

    I was shocked that when the boy leaves home he never comes back once to see his mother in 30 years. What kind of a son is he?

    :関西地方は「12月31日ABCテレビ 01:35~04:51」に放映されるのでレッツ録画!ちっきしょー。俺がHDDレコーダーを買ってからにしてくれよ・・・

 他に、お勧めの作品があったら遠慮なくコメントして欲しい。

やれやれ

 ほんまにきつかよ

 せめて天気がよくなることを祈る。カスが選んだデブPC(東芝のサテライト)を会場まで運ばなきゃならないからね。だるいなあ・・・

 ここ数日は三木道三とSKAにボレロを交えて聴いている。三木の声と詞は好きなんだが、アレンジでストリングスっぽいシンセサイザーが耳につく。特に、lifetime respectなんか昔の演歌みたい。だからヒットしたのかもしれない。

 しかし、ランキンのJah light comeに比べると、ちょっと違う気がするのは俺のひいきなんかなあ。