標高差とGPS

 日常的に自転車に乗るようになってから、坂に敏感になった。先日の散歩のときに通った道を国土地理院の地図検索サービスで確認したら、標高が自分が思っていたものと全く違っていた。

 自宅(標高260m)>上り140m>船坂(標高400m)>下り360m>生瀬(標高40m)>上り220m>自宅。何より、自宅から船坂への標高差が140mもあるのにびっくりした。その道は車やバイクでしか通ったことがなく、整備された田舎道で流れもいいので、いつもあっという間に通過していた。SRX250では6速で十分上れるし、60km/h以上出ていれば1500ccの我が家の車でも5速で上りきることができる坂だからそんなに標高差があるとは思っても見なかったのだった。

 ちなみに、いつも通っている駅(JR道場駅)の標高は150mだから、毎日110mを上っていることになる。こちらも、予想よりはるかに差がある。朝と夜とで10分違っても不思議はない。

 こうなると、標高を計測できるデバイスが欲しくなるのがデジタルヲタの宿命だ。A5502KのGPSは標高差が出ないので全く駄目。visor用の springboard ユニットGPS companion は高度の測定精度は低い(高度を確かめる術がないので厳密な意味での確認はできていないが、同じ場所で測るたびに10m程度の振れで違う数字が表示されていたので精度が低いと判断した。)が、大まかな傾向を測るには十分だ。

 問題なのは、GPS companion を駆動するための本体がないこと。visor prism が動かなくなって久しい。CLIEにもGPSレシーバーがあったようだがもう売っていないし売っていても高くて手が出ないだろう。専用のGPSレシーバー(GAMINとか)を買うのも無駄な気がする。GPSや標高計内蔵のサイクルコンピュータもあるが、そんなものを使いこなせるほど本格的に取り組む気も無いし・・・

涼を求めて

 昨日買った、coolmaxドライ・ツータック・パンツとやらを履いてきた。60/40の素材はアウトドアでもおなじみだ。これなら、洗濯してもすぐに乾くだろう。しかし、意外に密な織り方で通気性に難がありそうだ。

 夏物スーツのズボンは毛100%で伸縮性のある織り方で通気もいい。だから、自転車で走っていると案外涼しい。

 「汗をかきやすいが、汗をかいても乾きが良く、洗濯も簡単」と「汗をかきにくいが、汗をかくとあとが厄介」と一長一短か・・・

ビジネスにも活躍するツータックパンツです。吸汗速乾性にすぐれたドライ素材を使用したので、さらっとしたはき心地をキープ。シワに強いイージーケア性も加えて、機能性をさらに高めました。 ドライツータックパンツ

パパチャリ購入

 最近、服を買うのはユニクロばっかりだ。息子と行って、通勤用上下(ズボンとシャツ)を購入。73cmが入ったのはちょっと嬉しいが、ユニクロのは他のメーカーのものより大きめだから安心はできない。息子は短パンとボディ・テックのシャツ。4枚買っても1万しなかった。助かる。

 帰りに寄った自転車屋で懸案のパパチャリを購入。内装3段変速で自動点灯ライトが着いて17800円。自転車屋から家まで10kmくらい、息子が乗って帰った。帰ってすぐに、「重い。めちゃくちゃ重い。前のパパチャリよりは変速機がある分スピードも出るけど、とにかく重い。全然進まへん。おとうさん、こっちに乗って行った方がいい運動になるで」「確かにそっちの方が筋力を鍛えるにはいいやろけど、方向性が違う」

 サイクルベースあさひ

目指せ体脂肪率15%

B000ANGYHA.01._SCMZZZZZZZ_ 自転車を買ってから、エクササイズグッズへの関心が高まっている。レーサーとまでいわないまでも、他のロードバイク乗りとであっても恥ずかしくない走りができるようになりたい。体型も重要なポイントだ。もちろん、この年になると成人病予防も忘れられない。

 自転車通勤による体脂肪率ダウンの成果を確認するために体脂肪計を導入した。ここ数年測っていないが、直近で測ったときは20%を超えていたような記憶がある。これを10年くらい前の水準(18.5%)まで下げたいと思っていたが、測ってみたら現状で18%前後だった。機械のクセというのか判定ロジックが違うせいかもしれない。とりあえずのスタートとして18%なので、15% を目指したい(ちなみに、中三の息子は13.5%だった)。omronの活用ハンドブックを読んでみると、内臓脂肪と骨格筋率が目指すものに近づくための指標として一番いいような気がしてきた。内臓レベルとは、CTで腹部をスキャンしたときの面積らしい。1あたり10平方センチメートルなので、6ということは60平方センチメートルらしい。60平方センチメートルは結構大きいと思う。

 後、健康診断のときにこがされるエルゴメーターも克服したい。日々チェックすることはできないが、健康診断のたびに測った数字があるので正確な比較が可能だ。毎年、年相応の星三つで他の検査項目(腹筋やバランス)で得たアドバンテージを食いつぶしてしまうが、来年は最低でも星を一つ増やしたいところだ。エルゴメーターのケイデンスは60だ。

 購入したのは、OMRON 体重体組成計 カラダスキャン[チェック] ホワイト HBF-357-W。予算が1万以下だったので、その中で体脂肪率や筋肉量が測定でき、3人分以上のメモリがついている機種で選択したらこれになった。あと、手元に表示部を持ち上げられるというのもポイント。足下に表示があるタイプだと、眼鏡をかけるかしゃがむかしないと数字が見えないから。

 取扱説明書の他に、活用ハンドブックがあり、指標の意味や標準値、使い方のコツなどがまとめられていて好感を持てる。それぞれに、改善のためのポイント(有酸素運動とか無酸素運動)にも簡単に触れられているのもいい。

がっかりニュース

060728_1908~001

 ジダンの頭突きよりも衝撃が大きいニュース。激昂した選手が暴力をふるって退場になることは珍しくない。今大会でも同じようなことは何回もあっただろう。そのときと同じようにペナルティを下せばいい。しかし、ドーピングは違う。

 今回のツール・ド・フランスは特別だ。大会直前になって優勝候補(過去に優勝経験があるウルリッヒ)を含む複数の選手がドーピング疑惑で出場停止になったばかりの大会だ。

 全日ハンガーノックで失速し、圏外に去ったと思われた翌日の快走は賞賛に値するものだったのに・・・

 このテストステロンは体内で作られる物質(必須な男性ホルモンの一種)らしいので、健康診断のときにたまたま蛋白で引っかかるようなものかもしれない。そうであってほしい。(テストステロンについて)

asahi.com:ツール総合優勝のランディス、ドーピング検査に陽性反応††スポーツ2006年07月28日02時18分

 自転車ロードレースのツール・ド・フランスで初の総合優勝を達成したフロイド・ランディス(米)が、大会中のドーピング(禁止薬物使用)検査で筋肉増強効果のあるテストステロンに陽性反応を示していたと27日、所属チームのフォナックが発表した。

 AP通信によると、フォナックは26日に国際自転車競技連合(UCI)から通知を受けた。ランディスは第17ステージで総合11位から3位に急浮上したが、同ステージ後に受けた検査で通常の水準を大きく上回るテストステロンが見つかったという。

 ランディスは3年前に股関節を負傷し、痛みを抱えながらの快挙だった。(共同)

オークション

 自転車を買ってからというもの、ヤフオクをチェックする機会が増えた。昨日は、短パンとグローブを購入した。買う場合は、オークションで買うというより、安売りしている店を探すために使うという使い方が大半だ。

 久しぶりに、息子に頼まれてゲーム関係を出品したら面白かった。モンスターハンター2という今年に出たゲームだが、PS2がネットにつながっていないことによる制限があって面白くなかったらしい。にもかかわらず、息子は祖父母からもらった小遣いで2300円もする公式ガイドブックを買っていた。そして、自分で「何で買ってもたんやろ。あんまりやってないのに・・・」と言っていた。で、この機会にゲームも攻略本も処分したいと言い出した。

 セットで出品することも考えたが、攻略本を欲しいと言うようなふぁんならすでにゲームは持っているはずと思い、ゲームと攻略本、特典セットの残り(フィギュアとマウスパッドとでかい箱)をオークションにかけた。先週発売されたばかりの攻略本の反応は良く、送料を考えると上限に近いと思われる1500円の希望落札価格に達した。次は、ダメもとで出品したおまけのセットだが、現在販売されていないことがヲタ心をくすぐるのか、意外な高値になってきている。反応が無いのがゲームソフト。デメリットが無い代わりにメリットも無い。半年遅れの中古ゲームソフトでは高値は難しいようだ。やはり、何らかの特徴(新品未開封とかおまけ付きとか限定版とか)がないと難しいようだ。

 こんなところでもマーケティングの基礎を学べる。

スポーツTシャツ

 散歩がてら自転車でユニクロに行ってボディテックTシャツを3枚買ってきた。3枚買ったのは、会社に行くときの下着代わりに使うため。

BODY TECH(ボディテック)=慶應義塾大学と共同開発した「スポーツを科学したウェア」です。体温冷却に効果的なメッシュ使いや生地表面に立体感のある素材を使用。通気性にすぐれ、肌への接触面積が少ないので熱がこもりにくくなっています。スポーツシーンにおすすめの1着です。

 というありがたい素材だ。590円というところがまたうれしい。同様のハイテクスポーツウェアはいろんなメーカーから出ているが、こんな価格はユニクロしかないだろう。

 CW-Xのようなのを着るのはまだ先の話だ。

脂肪燃焼率の謎

 cateye:MSC-HR10という心拍計には、消費カロリーと脂肪燃焼率算出プログラムが組み込まれていて、身長・体重と心拍数から計算してくれる。カロリーはなんとなく分かる。この程度の人間がこれだけ動いたらこれだけカロリーを消費するということは経験的に分りそうだ。単位もカロリーだし。一般的な数値としては近いものが表示されているんだろう。

 疑問なのは脂肪燃焼率。単位はパーセントだが、何に対するパーセンテージなのかわからない。cateyeの取説にも、脂肪燃焼率については一言も書かれてはいない。40パーセントと出たとき、低いのか高いのかが分らない。高いほうがいいのか低いほうがいいのか、単なる結果なのか・・・

 「脂肪燃焼率」で検索しても出てくるのは、Polarやcateyeの心拍計の説明と「これを摂取したら脂肪燃焼率が3倍」とかいうサプリメントの公告、「脂肪燃焼率の高いのは有酸素運動で・・」といったエクササイズの紹介ページばかりだ。どこにも脂肪燃焼率で表示される数値についての説明が無い(いや、どこかにあるのかもしれないが埋もれて見つけ出せない)。

 「脂肪燃焼率の高い運動」とか「脂肪燃焼率が高くなるサプリメント」とかいう記述が様々なページにある。だったら、心拍計で表示される脂肪燃焼率は無意味だろう。運動の方法やサプリメントといった、心拍計で測ることのできないものによって、数倍(!)ものブレが生じるような数値が何の参考になるんだろう・・・まあ、「脂肪燃焼率が3倍(17倍と書いているものもあった)になる」というキャッチが誇大広告な気はするが・・・

おかしな表記am12:08

060711_0008~001 先日購入した cateye の心拍計(MSC-HR10)。心拍計として使わない場合は時計が表示されているが、12時間表示の0時台の表示がおかしい。12時間表示のときには12時は存在しないはずだ(午前0の場合は表示方法にかかわらず0時台しかない)。11:59の次は0:00だ。

 同じメーカーのサイクルコンピュータの時計表示は正しく「0:08」となっているところがなんとも・・・