ニュースネタ


「ポケットPC」勢が「パーム」勢上回る――PDA世界シェア:ITビジネス&ニュース

 米調査会社ガートナーによると、4―6月期の世界の携帯情報端末(PDA)のシェアは売上高ベースでマイクロソフトの基本ソフト(OS)「ポケットPC」搭載機が47.7%を占め、米パームのOS「パーム」搭載機(41.0%)を上回った。出荷台数はパーム搭載機より少なかったが、ポケットPC搭載機の平均価格がパーム搭載機より66%高かったことがシェアの拡大につながった。

 こういうのをシェアで上回ったというんだろうか?

NTT、IIJを傘下に:ITビジネス&ニュース

 星間物質が大きな重力場に吸い寄せられて星系が形作られるのを見るようだ。どこもが太陽になろうとしているが、まだ光を発するまでにいたってはいない。

 まあ、他にも数万人とか数十万のユーザーを抱えたISPの合併はあった。しかし、IIJは俺の中で少し特別だ。俺がネット接続をしようとした時には、bekkoameとIIJしか選択枝はなかった。bekkoameはサービスが悪く、IIJは個人で契約するには高すぎた(月間が万単位だった。IIJ4Uはずっと後)。迷っているときにrimnetが神戸にアクセスポイントを設けて、俺はそこでインターネットを開始した。

 俺が始めた頃には個人の多くがbekkoameだったが、今は目にしなくなった。rimnetは名前は残っているものの、PSIに買収された。他にも上げたらキリがないほどの再編を繰り返しているISP業界だが、IIJですらも独立的な地位を保ち続けられなかったということで、「そうか」という程度の感慨がある。

 これまでの敵対関係にあったように見えたIIJとNTTだが、Y!BBという共通の敵が現れたことで、利害が一致したのだろう。

 もちろん、NetscapeがIEに駆逐されたときほどの気持ちはない。ユーザーじゃないんだから当り前か(^^;

経済効果期待してるよ

“阪神優勝”決裂…球団の“脅し”に不信感:ZAKZAK

 一般名詞に近い複合語を登録商標として認めたヤツが一番責任が重いと個人的は思う。こんなのを認めてしまったら、プロスポーツチームは考えうる全ての組合せで登録しなければなくなるだろう。しかも、早い者勝ちだったら、巨人の球団事務所が「阪神最下位」とか「Victory阪神」とか登録して、独占することを認めることになる。

 今になって文句を言う球団の態度にも問題は感じる。登録当時に異議申し立てをしていたのならともかく、1年以上も放置しておいて、今になって突然期限を切るのはおかしい。先に「異議申し立てを行う」と言ったのなら異議申し立てを行うしかないだろう。しかも、異議申し立てで商標の帰属(権利の有無)の決着がつかないうちに「不正競争防止法で、法的措置をとる前に商標を譲渡してほしい」というのは全く根拠がない。因縁でしかない。

 ただ、法的にどうなのかは分からないが、球団が「阪神優勝」を一般名詞的に使うことを差し止めることも困難だとも思う。

 オフィシャルグッズとして「阪神優勝だ」Tシャツとかをつくって、「『だ』がついたのがオフィシャルグッズです」と宣伝して笑いをとるのはダメですか・・・こんなことが話題になるのは今年のあと数ヶ月だけのことなんだし、「阪神優勝」という商標を持っていても、阪神球団の商品と紛らわしいロゴ・色使い・マークは使えない(紛らわしい商品を作ったら不正競争に抵触する)から、けんか腰になる必要なんかないだろう。

 いっそのこと、クロスライセンスにしておっさんにタイガースマークを使ってもいいとするとか、阪神の流通を通すとかすればいい。どうせ一過性なんだからさ。

微妙な問題

p>メガネチェーンの型破り経営:NewsStation

年商、およそ80億円。この平成大不況の最中、売り上げを伸ばし続ける、メガネ小売りチェーンがある。広島を本拠地に全国展開を図る『メガネ21』。この会社は、元勤めていた会社をリストラされた人たちによって設立された。リストラの衝撃をエネルギーに、社員をいかにしてやる気にさえるかを考え抜いて作った仕組みが巧く機能して、現在の快進撃に繋がっている。『社員の幸福を第一に考えた』その仕組みを紹介する。

 平均年収が800万円はうらやましい。査定もオープンで、これなら俺のような腐った人間を造らずに済むだろう。しかし、考課の項目に「サービス残業時間」があったのはちとマズイ。

 サービス残業とは賃金の不払いだから、本来許されるべきではない。現実では存在するし、そうやっている人に賃金という形で還元することは悪いことではないが、無駄な長時間労働につながる可能性も有り、難しい。経営側が悪用する可能性も高いからだ。

 この程度の規模の会社で資源の再配分が明確だから不満や不正が入り込まないのだろう。ちゃんとした経営者がこの程度の人数の組織を管理するなら、考課のためのサービス残業をさせないことは可能だろうしね。ただ、この会社と同程度の人数の組織なのに、全然仕事をしていないお荷物にしかならないクソホワイトカラーを高く評価し実際に仕事をしている人間を不当に低くこき使っている会社をよく知っている。

 #俺がどっちに属しているかも微妙だが、少なくとも不当に高い賃金はもらっていないので、俺の場合は例外的に賃金と仕事のバランスが取れてるかも(^^;…

カテゴリ消滅

 ヨドバシカメラのサイトでは、palmカテゴリが存在しない。Pocket Cosmoという京セラの一機種とがザウルス・PocketPC・CLIEと同列というのはどうかと思うが、JAVA端末というカテゴリがないから仕方がないか・・・

 俺の巡回リストともいえるぱむあんの上位常連サイトの多くは新しいCLIEを購入したようだ。もちろん、新型を買ったら書きたくなるのが人情だし、書きたいことや珍しいことがすごく多い機種だから更新頻度が突出するということかもしれない。

 ただ、多くのサイトで「あまり買うつもりはなかったのに、実物を見たら・・・」とか「今の機種も2年使ったからそろそろと思ってた」といった表現が多くて驚く。palmコミュニティ(?)の平均的可処分所得の高さには相変わらずなじめないのが俺だ。まっ、これはfmacuserに盛んに書き込んでいた頃から感じていたことだが。きっと、他のプラットフォームでも意気軒昂なのは可処分所得の高いユーザーなのだろうから、ビンボ人の俺はどこを見ても変わらないともいえる(;_;)

 俺が今買おうかどうしようか迷っているものは、マンダラートというソフト。これが15000円もする。アイデアとして面白いし興味がある。使うならば高くはない・・・これについては別の機会に書く。

倒産しないようにね

ソフトバンクがADSL顧客獲得経費が増え347億円の赤字 四半期決算 Mainichi INTERACTIVE ネットワーク

 最初は、「Y!BBは広告をせずに販促経費をかけないので、安く高品質なサービスを提供できる」と言っていたが、街角モデム無料配布なんて、プッシュマーケティングの最たるものだろう。一人あたりの契約コストの大きさは他のISPや接続業者の比ではないだろう。昨日も、大阪駅に大きなブースを作ってミニスカートのYahooBB販促部隊がモデムを配りまくっていた。

 最初に採算ラインは300万といっていたので、そろそろ既存ユーザーへのサービス充実も図って欲しいものだ。俺の回線も最初はかなり速かったが、すっかり遅くなってしまって、以前の1.5Mフレッツ(実行900k)と大差がないことが多くなった。新規ユーザー獲得もいいが、既存ユーザーへのサービス向上も進めないと困る。

 一つ提案したいのは、オークションの本人確認料撤廃だ。会費といわずにオークション参加者の本人確認という口実で導入したのだった。クレジットカードや銀行口座のようにオフラインでの確認を行ったものなら、オンラインサインアップよりは身元の特定がしやすいだろう。それは認めよう。しかし、住所地を特定し、郵送での荷物の受け取りで実在の確認できる、しかも回線使用料として本人の特定の可能な関係にあるY!BBユーザーが別に本人確認されなければいけないのか根拠がない。この根拠薄弱な課金を正当化すべく名称の変更(プレミアム会員)は行われたが、俺にとっては全く意味がない。Y!BBユーザーのオークション参加費用撤廃くらいは利益還元の意味も含めて行って欲しい。プレミアム会員とかいうサービスで得られるサービスなんて使いたくないようなものばかりだから。

可能性は無限大?

Lindows OS

 Lindowsのアプローチには、特にlinuxをパッケージしユーザーにインストールやアップデートを不要にするアプローチには、可能性を感じる。しかし、日本では難しいと、このサイトを観て思った。

 lindows.comと比べてみれば、力の違いが明白だ。そのままで使えるものならいいが、日本語化と日本語への対応はある意味人海戦術になる。この程度の力の入れようで果たして可能かどうか・・・「1700本のソフトが使い放題」とあるが、1700本ものソフトを全部チェックしたんだろうか・・・

 ただ、実際にこのアプローチには興味があるし、俺の欲しいサービスがワンクリックで実現されるなら乗り換えてもいいと思うくらいだ。今のサーバー環境は快適だが、一から構築するにはまた何日もかかってしまうだろう。ちゃんとメモっておけばよかったんだが、試行錯誤の連続でどれが活きているのかわからなかったり、複数の変更箇所を加えてどれが本当に必要なのかわからなかったりするからできなかった。これは完全に俺のミスだが、取り返しがつかない。そこで、次に構築しなければならないときには、lindowsもいいかもと思うのだ。

強気なlinuxディストリビューション

エンタープライズ:レビュー:簡単に使えるOSを目指す「LindowsOS4.0日本語版」

 強気なチャレンジャーだ。ここまでとは思わなかった。5%というとmacと変わらない数字だ。linuxPC全体のシェアなんてmacよりも低い。もちろん、このOSの狙うのはwinマシンなんだろうが、一般ユーザーの大半がwinプリインストールマシンを選択している現状で、lindowsの入り込む隙が残っているんだろうか。俺はないと思う。

 しかも、この記事を見ても、新しいディストリビューションでしかないようだ。「ここにはApacheやBINDなどをはじめ、ZshやMozilla、さらにはStarOffice、RealPlayerなど1800種類以上が用意されている」そしてClick-N-Run Warehouseというパッケージ管理ソフトで、「同社のサイトに用意された「Linuxネイティブアプリケーション」を、GUI上で選択すれば、自動でダウンロード、インストールを行い、すぐに利用可能にする」らしい。しかし、クライアントのアプリケーションならともかく、サーバーアプリが「すぐに利用可能」なんて無理だろう。起動できる状態と「使える」状態は別物だ。正しくインストールして起動しても、期待した動きをするように設定したことにはならない。ApatcheやBINDなんて、設定が一番の山じゃないのか。

 俺がTL8wで苦労したのと同じような壁がそそり立っているような気がする。TL8wにもCDには開発環境もサーバープログラムも入っていた。しかし、使える状態ではなく設定のサポートも一切なしだった。何かやろうと思うたびに、新たなパッケージをインストールしなければならなかった。

 lindowsのセールストークを読んだwinユーザーが「これなら簡単にadslを使って自宅でwebサーバーが作れる。ディスク容量も気にしなくていいし、cgiの制限もないし、俺もやってみよう」なんて思ったら・・・もちろん、ディストリビューションの最終目標はそんなパッケージなんだろうけど、今のlinuxの方言だらけの寄せ集めでは難しいだろう。

 ディストリビューションについては事実上の勝敗は決したといってもいいだろう。インストールベース=情報量となってその差は現れる。もし、だれかに「linuxを使ってみたいんだけど、どうしたらいい?」と、このレベルの質問しかできない人間に聞かれたら、俺はまず「やめとけ」という。「それでも」と言われたら、「俺は使ったことがないから良く分からないけど、情報集めが楽でセキュリティ・パッチなんかのアップデートも多そうなredhatがいいじゃないの」と言うだろう。上の記事を読んだ限りでは、lindowsを薦める理由は見当たらない。

 間違っても。「俺はTL8wを使ってて、よく分かるからTurboLinuxにしたら」とは言わない。

ソニー・エリクソンのCDMA撤退

 CDMAが世界を席巻することはないのかも。当分はGSMで十分なのかも。

 これで、SO505iのAU版もCLIE CDMA2000x1版もなくなったな・・・元々なかったかもしれないけど・・・

 どこかの情報システムのように、リースが切れたら必ず新しいマシンにするアホばかりじゃないということだろう。だって、既存の資産を十分に使わずに投資ばかりしても利益なんかがあがらないよ。

Auのパケット割引の広告

 auのパケット使用料の広告で、6507のパケット使用料が2410になるとして1/3になると説明している。

 しかし、ここには定額の1200円が含まれていない。

 パケット割引料を含めたら、月額2400円以上使うヘビーユーザーでなければメリットはない。

 この広告の問題点は固定費用が発生することを十分に説明せずにパケット通信全体の費用が1/3になるかのような印象を与えることだ。このサービスは、「月額1200円払えば、パケット単価が1/3になるので、月々2400円以上使っている人にはメリットがある」というものだ。つまり、これまでかかっていたパケット使用料がトータルで1/3になるということではない。3000円使っている人では2200になるだけ。2000円程度しか使っていなかった人は損するのだ。もちろん、月額パケット使用料は10000円を超えるようなヘビーユーザーにはお勧めのプランだが、そんな人がどれだけいるんだろう。

 受け手が誤解することを前提として、というより期待して(?)、作っているとしか俺には思えない。

 ちなみに、固定費について、電車の中釣広告には小さく書いてある。注意深く見ない限り気付かないだろう。テレビcmに至っては、意識して探している俺ですら見つけられないほどだ。

 auとj-phoneについて注目するようになったから気付いただけで、docomoも似たようなことがイッパイあるんだろうな。