カール・ルイス曰く“私は私で当時のテクノロジーの恩恵を受けていた”

 去年の3月記事だし、ここでも書いたか話したかしたと思うが、クリップしておく。

情報源: 【60歳】カール・ルイスが語る“厚底シューズは規制されるべきか” 「公平性に不満を言うなら反論をしたい」(Number Web) – Yahoo!ニュース

「私は、ナイキのような企業には選手のために最高の靴を作ってもらえるよう奨励すべきだと思っていますし、世界陸連や他の企業がヴェイパーフライに公平性の観点から不満を言うなら反論をしたい。だって、不公平というなら、コーチも使用する練習施設も、他のアスリートと同じということはないでしょう。最新の施設の使用や素晴らしいコーチからのアドバイスは誰かに許可を受けるものではない。公平じゃないという理由で、練習場所を移動させ、コーチを変えるべきだというつもりですか? 違いますよね? シューズも同じです。

 1月下旬に発表された世界陸連の新しい規制は概ね正しい方向を向いて作成されたと思いますが、陸上競技を『公平』の名の下に平準化しようとするのは、彼らの仕事ではないはずです。企業のイノベーションを促し、選手がより良いものを手にできるように支援することが彼らの仕事であるべきでしょう。

 そしてシューズに関して規制をつくる場合は、私は選手の『安全』に基づくものであるべきだと思っています。着用する選手が怪我をしないかどうか。これだけにフォーカスすべきなのです」
「私はマラソンを走ったことはないですし、ファンランナーに過ぎません。それでもネクスト%やアルファフライは素晴らしいシューズだと思います。私は軽い靴が好きです。誰もが覚えがあることだと思いますが、子どもの頃、友達とかけっこをする時に靴が重たいからと脱ぎ捨てて走っていたでしょう。軽さと速さは結びつくのです。ナイキは、私の現役時代には存在しない素材を使い、厚底シューズの開発でも『軽さ』を重視しています。だからこそ、履いたときにそんな子ども時代の感覚を思い出させてくれると思います。

 現役時代に現在のスパイクが欲しかったか? いや、そんな事は考えませんね。我々のシューズだって1940年代や’50年代に使われていた革製のスパイクよりは機能がよかった。私は私で当時のテクノロジーの恩恵を受けていたんですから。

 イノベーションは止められるものではありません。私たちが住む世界についてもっと現実的になりませんか? 私は数週間後に南アフリカに行く予定なのですが、フライトは17時間かかります。でも、50年後にはおそらく4時間ほどで到着する飛行機が開発されているでしょう。そして、未来の若者に『17時間飛行機に乗るのはどんな感じですか? 』と尋ねられることになると思います。シューズも同じです。

 これがまさに私たちの世界です。前に進むためにバーを押し続け、物事をより良くし続けることで、あなたも『終わった時間』に立っていることに気づくはずです。

 ナイキは選手たちと話をして、開発に時間とお金をかけ、驚くべきシューズを世の中に送りだしました。古い価値観を守ろうとする人たちが不平を言うかもしれませんが、ランナーは『よりよいものを選ぶ』だけなのです。時間は前に進むのです」

新型コロナワクチン接種1回目~翌日経過報告

 「睡眠時間を長くとることと水分をとることが重要」と聞いていたので、いつもと同じ時刻に寝て8時過ぎまで寝た。

 接種の予約時刻は15時50分だったので時間を持て余し気味だったが、ランニングというわけにもいかずダラダラ時間調整。

 10時くらいに社宅をでて自宅で昼食。自宅のPS4に溜まったソーイングビーを消費して更に時間調整。早く行き過ぎて会場の人に迷惑を掛ける老人が多いらしいので、10分前につくように計算。自宅から会場までは車で15分程度なので、15時10分に家を出て駐車場に車を止めたのが15時25分くらい。名塩駅周辺を散歩して時間を調整しピッタリ40分に建物に入った。

 入り口に大きな看板が立っていて、入ったらすぐに係の人から声をかけられた。要所要所に、というかそこら中に案内係の人がいて立ち止まることすらできないくらいスムーズに進んだ。問診票をチェックし、受付で入力、医師の問診と接種場所は同じ。石の前に座って「はい、はい、ありません、大丈夫です」で、そのまま左に立った看護師さんから注射してもらった。

 おおげさかもしれないが、「いつ注射したか分からないくらい」だった。筋肉注射だから皮下注射より長い針を使っているのに全く痛くなかった。ちょっとでも斜めに力が加わったら痛かったはずだ。正確に真っ直ぐ刺したからだろう。献血の針は大量の血液を入れたり出したり(成分の場合)するから太い針を使うから当然だが、それに比べたらほんとに「なにこれ」だった。

 別室に案内され、15分のタイマーを渡される。間隔を開けて置かれた椅子に座って待つ。アラームが鳴った人から順番に、体調を聞かれて退出。自分がいた時間帯には体調を崩した人は一人もいなかった。

 夕方に娘と夕食を食べた後で社宅に移動。特に体調に変化は感じなかった。

 社宅について寝るまでに上腕部が筋肉痛のような痛みが始まったが、腕が上げれなくなるほどではなく、熱も出なかった。

 寝ている間に上腕部が痛み始めた。横を向いて寝ようとすると注射したあたりが痛んだ。また、水分を普段より多く摂っていたせいか、しょっちゅう目が覚めて熟睡できなかった。ワクチンの副反応が少しくらい入っているのかどうか自分でもわからない。

 今日は普通に1km歩いて出社。朝の体操もできた。が、腕の痛みは少し強くなった。熱は36.1度。体は少し重いがだるいほどではなかった。

 昼頃少しだるくなってきた。昼休みの体温は36.6度。

 午後の会議から頭痛が始まって、少し寒い感じがした。しかも、この会議が長くてきつかった。きつかったのはワクチンのせいか、会議がだるすぎるからか分からない。というか、後者の可能性が高いwww会議が16時ごろに終わったが、かなり消耗して社宅に帰り着いた。

 17時15分くらいに部屋についてすぐにベッドに倒れ込んだ。横になっているとかなり楽だったが、試しに体温を測ったら37.0度だった。

 その後、アイシング用の氷嚢があったことを思い出し、氷を入れようとしたがトレーに氷がなかった・・・とりあえず水を入れて頭に載せたら、快適になった。

 うつらうつらしながらpodcastを聞いていたら、荷物が届いた。飛び起きたときに体が軽くなっていることに気づいた。

 その勢いで夕食を食べた。食欲は全く減ってなくていつもと同じ量を食べた。そして、Instagramに報告を上げたりしているうちにどんどんと体が普通になって、今(23時ちょうど)には一昨日とほぼ変わらない状態になったと感じる。

 注射の跡を押さえると痛いし大きく腕を回そうとすると痛いが、頭痛はなくなった。疲れが残っている感じはあるが、昨日、車で自宅まで往復したことと今日の会議のストレス(担当の発表があった)の影響のほうが大きい気がする。

 

ミント神戸で献血してきた #53回目

 神戸に行って献血をしてきた。最近定番のミント神戸の献血センター。

 車を谷上駅近くの駐車場において地下鉄。早く着いたこともあるが、16時の予約で15時15分には待機時間も完了した。

 成分献血でも滞在時間が1時半くらい。待合室が結構混んでいたし自分と同じエレベーターで3人入っていったので、「(娘との待ち合わせが18時過ぎなので)ちょうどいい」と思っていたが、予想よりかなり早く開放されてしまった。次回からは16時半でいいか。

 献血自体は特記することはない。今日はなぜか献血後も調子がよくほとんど普通に歩き回ることができた。

 前回は緊急事態宣言中で商業施設や飲食店はほとんど閉まっていたが、今日の三宮は普段より少し少ないかという程度の人手だった。飲食店も、一部の居酒屋とかは閉まっていたが、他は営業していた。19時過ぎには三宮を出たので、20時以降の雰囲気がどうなっているかは分からないが。

 なので、今日はミント神戸の2階でタコスを食べた。期待していた、硬いトルティーヤではなかったが、美味しかった。

 夕食後自宅から社宅に移動したとき、前回のように鹿を2回見かけたが、道端にいたので写っていなかった。一頭は子鹿で可愛らしかった。

 献血センターではANCによって快適に過ごせた。ANCの効果をこれほど感じられる場所は少ないかもしれない。換気のための空調が最強で回っていて、機器の動作ノイズも多きい。背景雑音として、耳はすぐになれてしまうが、ANCが効いたときに「こんなうるさかったんや」と実感させられる。

(ワクチン接種数)加速していかんなぁ。ネックはどこにあるんやろ?

 職域接種とか個別接種の回数とかがリアルタイムに反映されてないのかもしれないけど。

 第5波に向けて唯一救いなのは医療関係者に接種が終わってること。医療関係者が感染することで医療体制が崩壊することだけは防げるかもしれない。もちろん、病床の数が足りなければ第4派のときに大阪で起こったことが再発するだろうが。

 今すべきことは、接種率を高めることに尽きる。感染力の強い変異株が国内の主流になったので、より高い接種率が必要になってしまったのだ。

 なぜ急がなければならないかは、オリンピック・パラリンピックのためではない。感染者数が増えれば次の変異が起こりかねないからだ。というより、変異は常に起こっている。

 マスコミでは、「変異して感染力を強めた・・」という言い方をするが、これは違う。感染力を強めたものだけが生き残るということだ。変異の中には、感染力を弱くするようなものもあるだろう。そういうものは感染できずに終わってしまって人間に検知されないだけなのだろう。生き残るのは感染力が強かったり、発症までに時間がかるものだったり、ワクチンが効きにくいものだったり、人間にとって都合の悪いものだけが生き残り拡散する。これが、ウイルスの拡散が進むうちに感染力の強い変異株が増えるメカニズムだろう。

 変異が起こる確率は一定だろうから、変異株が発生母集団を減らすことが重要なのだ。そのために、できるだけ早く接種率を上げなければならないのだ。

 だから、「公平に」とか「一律で」とか言っている場合ではない。キャパを増やすこと(ワクチンを輸入し現場まで運ぶこと、接種できる場所・人間を手当すること)は行政がとりくんでいて6月に入って効果はでてきた(とっかりが遅かったのが日本の制度の壁で、その課題は課題として今やるべき緊急の課題ではない)。

 次はそのキャパを目一杯使って接種する運用だ。これは、現場と国民の意識が重要だ。今問題となっているのはここだ。

ワクチン接種が明らかにすること


 福知山の接種券配付スケジュール。年齢別に時間差を設けているのは正解だろう。早い者勝ちで多くの人に送ってサーバーがダウンするなんて愚の骨頂だ。予約を希望してくる人数をコントロールできるんだから、優先順位の高い順に捌ける範囲内で送付すればいいだけのことだ。



 ワクチン接種にキャンセルが出るのは仕方がない。体調が万全でなければ危険になりかねないのが予防接種なんだから。しかも、今は高齢者から始めているのだから、キャンセル者がある程度の数いるのは前提として考えておかなくてはならない。そして、ワクチンを無駄にしないための手段も用意すべきだ。そういう意味でこの福知山のキャンセル待ち登録は正解だと思う。

 しかし、一つ残念なことがある。それは、登録できるのが接種券を持っている人に限定されていることだ。キャンセル待ちは制限を加える必要はないだろう。キャンセルが出たときに連絡する順番は市役所か保健所かで決めたらいいんだから、キャンセル待ちを早いものにするひつはない。キャンセル待ちのプールの中から接種券を持っている人を選んで連絡し、都合がつかなければ継ぎの接種券を持っている人と順に接種券を持っているに連絡して、それでも余るようなら接種券を持っていない人のうちで優先順位を着けて連絡すればいいんだから。

 後、できれば、医療従事者ではなくても感染者と接触しやすい立場の人、高齢者施設の職員、救急隊員とか教員、警察官、駅員、バス・タクシーの運転手といった人もとりあえずキャンセル待ち行列に入れておいたらいいと思う。



 こういうときには色々と面白い物が見られてウォッチャーとしては楽しい。「発送期間」の欄に「行っておく必要があるとされています。」って、アホとしか言いようがない。「決まっておりません」ではダメだったんだろうか。担当者の苦労が偲ばれる。

638_2021/05/12 小雨 4.0km

 雨の中を一周だけ。

 両親のワクチン接種の予約がとれたらしい。少しホッとする。90前後なので、変異株に罹ったらアウトの可能性があるので、早急にワクチン接種が済んでほしい。自分の年齢層が対象になるのは早くても10月頃だろうか・・・

 東京に住む兄のところには接種券が届いたらしいが、予約しようとウェブサイトにアクセスしたらサーバーがダウンしているらしい。

 福知山の両親がこんなに早く、混乱もなく予約できたのは、接種券の配付を絞っているからだろう。早い者勝ちで接種券をばらまいたら集中するに決まっている。申し込みの人の数は接種券の配付数でコントロールできるんだから、捌けるであろう数を優先順位に従って送っていけば混乱しなくても済む。福知山市のやり方は正解だと思う。

 65歳以上というくくりに問題があるのは、65歳と85歳とで罹ったときのダメージに差があるからだ。65歳以上で早い者勝ちでよーいどんしたら低年齢の人から予約が埋まってしまうだろう。

 下にSTRAVAが表示されない人はSTRAVAのサイトへ行

Youtube :panheadpirates

  • Insta360 ONE X
  • Insta360 GO
  • twitter:@runcas180
  • instagram:panhead
  • pinterest: スポーツ・シューズ
  • twitter:@geek_panhead
  • 献血51 血漿献血 ミント神戸

     ミント神戸は自宅からアクセスがいい。長田の鉄人28号の近くにもあるからそっちにも行ってみたいが、精神的に遠い。
     4時の予約で5時15分に完全に終わった。献血センターに入ったときには人が多かったので、もっとかかるかと思ったが、それほどでもなかった。
     献血のときに、子供にもらった Kindle fire 8 インチで読書してみたら快適だった。iPhoneより目が楽だし、タブレットにしては軽い。
     帰りに娘と待ち合わせて三宮で食事して帰ろうと思っていたが、飲食店(小売店も)はほとんど閉店しているようだったので、北区に引き返した。神戸市北区や西宮市山口町はしまっている店は少ないから。結局、西宮市の王将にした(ここもラストオーダーが7時45分くらいだったが)。
     都会に出るので Insta360 GO を持っていったが、移動中の自撮りくらいしかできなかった・・・この時期はしょうがない。

    不謹慎な話

     実に興味深い。後年の疫学者への良い教材となるだろう。

     吉村府知事が緊急事態宣言を前倒しで解除した2週間後くらいから感染確認者の数が増え始めて加速されている。「こうやったらダメ」というのを正確にやってくれるから素晴らしい。

     逆に言うと、感染症の専門家が言っていたとおりにすれば減らすことができる。彼らは最初からワクチンが開発されて人口の60%が接種したら収束に向かうと言っていた。新型コロナウイルスに対して科学は勝利した。政治家が足を引っ張らなければもっとダメージは少なかっただろう。

     GoToと緊急事態宣言の解除前倒しが致命的だった。これに比べれば、あべのマスクなんかマシな方。というか、あべのマスクは実効があったといえる。使ってないとかは別だ。自分も使う機会がないままに普通のマスクが手に入るようになった。重要なのはマスクがなかなか手に入らない中で「待っていればマスクは届く」というメッセージを発信したことだ。メーカーの増産体制が整ったということもあるだろうが、買い占めや出し惜しみの経済的な合理性が失われて、逆に在庫を早く売りさばくという行動を促したことで一気に市場が沈静化した。

     GoToも緊急事態宣言解除前倒しも直接的な感染拡大につながったかどうかはわからない。が、人の行動を変えてしまった。「旅行してもいいんだ」「前倒しするくらいだからもう心配ないんだ」といったメッセージを与えてしまった。Gotoや前倒しと直接関係していない地域へのメッセージともなってしまった。東京などは自粛解除を先送りしたのに大阪の解除前倒しの雰囲気のおかげで感染が再拡大した。

     4月18日時点で大阪府の新規感染発覚者数は東京をリードしているが、自粛解除のタイムラグが有るだけで東京はすぐに追いつくだろう。当たり前だ。有効な手立てを打たずに放置してるんだから。

     このテキストが後年の疫学研究者に届くかは知らないし、わかりきっていることだろうが、2021年に渦中にいる一般人の感じていることの記録としては少しは参考になるだろう。

    COVID-19 ワクチン接種状況

     一日あたりの接種者が増えない。こんなペースでは年内に収束させることは不可能だろう。一日あたりの接種者が100万人レベルにならない限り9月までに日本人が集団免疫を獲得することはできないだろう。しかし、今の政治家がやることは製薬会社に対してワクチンを送ってもらうように契約することだけだ。送られてきたワクチンを国民に接種させる地道な作業を蔑ろにしてだ。

     2021年4月18日 京都府北部のマンボウ非対称地区に住む独身59歳男性単身赴任者によるテキスト。

    献血 51回目

     ミント神戸で成分献血してきた。

     帰りに娘とカレーを食べて帰った。

     腰の調子はまずまず。かがもうとすると痛みが走る。靴下を履くのが一仕事(-_-)。昨日の疲れはほとんどない。筋肉痛も。腰の調子さえ問題なければジョギングくらいなら余裕でできそう。

     スエズ運河を塞いだコンテナ船が離礁して運行が再開できるようになったらしい。

     新型コロナウイルスは順調に感染確認数が伸び続けている。そらそうだろう。ワクチンの効果が十分に広がる前に元の状態にしたんだから。前回と違うのはGoToとかで移動を煽らなかったことくらいだ。くすぶっている状態のところによく燃える木材を放り込んだんだから勢いよく燃えるのは時間の問題だろう。

     俺がよく知っている会社でも緊急事態宣言が解除された途端在宅勤務をやめたり出張を再開したりした。やれることは続けるべきという感染症の専門家の声は全然届いてない。在宅勤務をしたい俺の声もなwww