Runcas180 #047 福知山マラソン準備

・福知山マラソンの受付完了
・NIKE ズームフライを買った
・ランニングサポートサービスの提案
・Adidas 4D

荷物の確認はOKか?

 シューズ(BEACON)、手袋(UNDER ARMOUR)、タイツ(NIKE)、靴下(C3fit)、ポンチョ(純正w)、アームウォーマー(asics)、アイウエア(ZOFF Athlete)、ランニングウォッチ(GARMIN630)、ヘッドセット(KOTORI)、ジェル類、ベスト(AONIJIE)、サンキューエイトビートTシャツ(NK)、オレンジリボン付き帽子(不明)、帰りの靴下(不明)、帰りのTシャツ(パタゴニア)、タオル(舞鶴市)、バッグ(Timbuk2 クラシックメッセンジャーL)。他に、カッパと座布団、ゴミ袋、ティッシュ、頻拍用常備薬、鍵などがバッグの中に入っている。

参考:

ポッドキャスト:

音楽:

ご注意:番組で使っている音源はモノラルでかなり強く圧縮をかけています。本来の音質ではありませんので、ここで聴いたもので音質をご判断いただかないようお願いします。

 連絡:@runcas180

また消える・・・サービス終了のお知らせ – Yahoo!ジオシティーズ

geocities 終了の通知メール
geocities 終了の通知メール
 なくなって残念というより、まだあったんやというのが正直な気持ちだ。Yahoo!グループとかも終わってたから。geocities にはいくつかサイトを持っていた。

 当時はホームページを作るのがネット上の流行りで、html をテキストエディタで書いてアップしていたのだった。

 閉鎖までにダウンロードできる仕組みを提供しているところは評価したい。しかし、アカウント名もログインIDもパスワードも忘れてしまったからどうしようもないが・・・まあ、消えてもいいような内容しか書いていなかっただろうからもういいや。それについてはここも同じやけどねw

サービス終了のお知らせ – Yahoo!ジオシティーズ

移行の案内

オワコンの逆襲なるか?「日本最大級のロボット売り場」

 百貨店という業態が終わってるというのはここに10年以上前に書いた。その流れは加速していると思う。

 国民の購買力という財布はほとんど増えていない。社会保障費の増加で可処分所得は減っているといってもいいくらいだろう。購買行動の変化も大きい。通販ビジネスの比率は増える一方で実店舗ではコンビニや郊外ショッピングモール、ディスカウントショップの比率が増え続けているのではないか。

 80年代初頭の西武は関西地方に進出を図っていた。つかしん、宝塚、神戸、自分ですら行ったことが有る。つかしんは、ちょうど尼崎市に住んでいた時期でもあり、小さい子供がいた時期でもあり、車で行けて子供が遊べるような場所も有ったのでよく行った。

 が、宝塚店が閉店し、つかしんの別館が廃墟のようになりだし、神戸ハーバーランド店もしょぼくなったあたりから風向きが変わった。これは、西武に限らない。関西では梅田近辺の再開発とかで盛り返した雰囲気を演出しているが、80年代に近郊に出店した百貨店は縮小の一方。都心部に古くから有った比較的小さい店舗も閉鎖していった。

 百貨店で割高な商品を買うことの意味が変わってしまった。同じものを買うのにわざわざ百貨店に行って買うのが面倒に思える人が増えた。さざえさんではおめかしして(マスオさんなんか休みなのにスーツを着て)百貨店に出かけることが娯楽だった時代は終わったのだ。

 商品が均一化し、その情報がネットで拡散されれば、店舗の独自性とか付加価値は付けられない。付加価値で勝負するような高価な洋服や宝飾品、化粧品などが百貨店の主力になっているのはそのせいだ。未だに、これらを喜ぶような人たちは減り続けながらも残っているが、多くの百貨店を生き残らせるほどの購買力はない。

情報源: 「そごう・西武の売却説」が急浮上、百貨店は“オワコン”なのか

 と思っていたら、百貨店も頑張っているという記事があった。

support robot
©いらすとや

情報源: 日本最大級のロボット売り場=大阪に2号店オープン-高島屋

 でも、残念ながらこれは失敗が目に見えている。「ロボット売り場を作る」というのが前時代的発想なのだ。ロボットを使った売り場を作ることが考えられないところがオワコンなのだ。サヨウナラ。

風疹:ワクチンで築く防波堤

 流行する感染症には特徴がある。参考「錯覚の科学

  1. 発祥までの時間が長い
  2. 感染してから発祥までの期間も感染源として菌をばらまける
  3. 感染力が強い。飛沫感染等で拡散できる
  4. ワクチンがない
  5. 統計的事実より顔の見える個人の経験談を真実と感じてしまうという人間の心理

 効果的なワクチンがあるにもかかわらず、2018年の日本で麻疹(はしか)と風疹、インフルエンザが日本で流行する原因としては

  1. 発症後の致死率が低い:罹ったら高い確率で死ぬような病気ならワクチンの接種率は上がるはずだろう
  2. ワクチンに対する不信感を持っている人間の数が多い:自分でなんにも考えないけど、一言社会に物申したい wired とかに書いてある記事の見出しに影響を受けるような意識高い系
  3. マスコミによるワクチン副作用の過大報道:副作用があることは事実なので、その補償は社会が行うべきで、それが見捨てられているなら、その矛盾を報道で知らしめることは重要。問題なのは、ワクチン接種がなかったらもっと大きな被害があることとのバランスが取れていないこと

 さらに、ワクチンが発達した現代社会でもこういった病気が流行る理由として、

  1. 移動手段の発達
  2. 人工の密集

 が考えられる。今年2018年春先に沖縄で発症例が確認されたはしかが、東京、大阪、名古屋に飛び火した。これなどは典型例だ。数百年前だったら沖縄で流行ったとしても、簡単に本土には来なかっただろうし、きたとしても九州経由だっただろう。今は、東京や大阪などのハブに到達したら次が札幌になるか北九州になるか誰も予想できない。

 後、日本独特の習慣で、ゴールデンウィーク、盆と正月という全国的に移動が盛んになる集中期間がある。人口シャッフルの際にハブとなるエリアで広い範囲の人が同席する。下の記事の夏休みもそうだ。発症前の北陸出身の感染者が東京駅でゴホゴホやる。右隣りに座っている人がそれを京都に持ち帰る。左隣に座っている人は仙台に帰る。京都や仙台から出てない人へと2次感染、3次感線が広がる・・・数日寝込むだけで治る人は多いだろう。しかし、妊婦さんが罹ったら・・・

 この鎖を断ち切れるのがワクチン接種を受けた人だ。東京駅でゴホゴホしている人の隣の京都に帰る人がワクチン接種をしていたら京都に持ち帰ることがなかったのに・・・(全て架空の話)

 これはパンデミックというボードゲームをやってみれば分かるはずだ(自分はやったこと無いが、ボードゲームおっぱいとペガの屋根裏部屋で聞いた)。ゲームルールを見た限りでは、航空機時代の調整が必要だろう。実際にはニューヨーク、ロンドン、パリ、東京などは隣と考えなければならないだろう。

 もちろん、麻疹や風疹に関しては海外は隣じゃない。なぜなら諸外国はワクチン接種が義務化されているから。東京で流行ってもそう簡単にニューヨークで流行はしない。ワクチン接種できない人や、しても効力を発揮しない人が少数いるので発症する人が出てくる可能性はあるが、日本のようには広まらない。アメリカでも麻疹のワクチン接種率が下がって流行の確率は上がっているらしいが。

風疹患者、1週間で倍増 夏休みで関東から全国へ拡大か(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

国立感染症研究所は4日、直近1週間(8月20~26日)の風疹の患者数を発表した。前週の約2倍の84人に上った。流行の兆しがある関東以外でも患者が出始め、新たに3県から感染報告があった。

 感染研によると、今年に入ってからの患者数は273人。昨年1年間の約3倍に上る。累計患者数は千葉84人や東京72人、神奈川24人など関東地方が多い。新たに山形や栃木、和歌山でも患者が出て、今年に入って感染報告があった自治体は27都道府県に上った。感染経路は不明だが、夏休みで都市部と地方で人の行き来が増え、感染が広がったとみられる。

 風疹はウイルス性の感染症で、くしゃみやせきなどのしぶきでうつる。潜伏期間は2~3週間。発疹がでる1週間前から、人に感染する。症状が軽い場合は患者本人も風疹と気付かないまま、感染を広げてしまうことが少なくない。

 妊娠初期の妊婦が感染すると、赤ちゃんに障害が出る恐れがある。1万6千人超の患者が出た2012~13年の流行では、45人の赤ちゃんに障害が出て、うち11人が亡くなった。

 感染症に詳しい、岡部信彦・川崎市健康安全研究所長は「赤ちゃんの命と健康のためにも、妊娠前の女性や、妊婦の夫、職場の同僚といった人は、ワクチンの接種を検討してほしい」と話す。(水戸部六美)

Keep on running 超回復だぜ!

関西ではJR西日本や私鉄の早い判断のおかげで帰宅難民が少なくなった。北海道ではNTTが公衆電話を無料開放したらしい。自販機が停電していても取り出せるようにされたりもしていた。

 少しずつではあるが経験値が溜まっていく。パーフェクトに機能したとは言い難いだろうが、少しはマシになったと思う。

 今回初めて知ったのは水没自動車が炎上するというものだった。中古車オークションの在庫置き場だった。昔の自動車は水没したからといって自発的に発火することはなかった。所が今のハイブリッド車は高出力な電池を積んでいるためにショートして回路が加熱したか、リチウムイオンバッテリーが暴走したかで火が出たのだろう。そして暖められたガソリンが気化して引火。強風で密集してしまった隣の車の燃料を加熱し引火を繰り返したのだろう(素人考え)。

 従来型のエンジン車ではこのようなことはなかった。こういう新しい事態への対策をどうするかは新しい課題だ。

 後、これは予想通りだが、太陽光発電のパネルが飛んでいた。基礎工事のちゃんとしていない太陽光発電施設が多いのはここでも指摘したと思う。太陽光発電施設でなくても、戸建ての屋根やビルの屋上に配置されたパネルなどは屋根ごと飛ばされるくらいの風の前では無力だ。

 しかも、注意しなければならないのはこれらのパネルは太陽光を受けると発電してしまうことだ。火災の出火元になったり人的被害の原因になりかねない。

 とにかく、被災地でない個人にできることは少ない。祈ることと経済を回すこと。立ち止まってはいけない。

 ”ただ治るだけだけじゃないぜ、人” from 超回復 by ザナチュラルキラーズ

Runcas180 シューズ大試し履き会、Adidas SPEEDFACTORY

 スーパースポーツゼビオの御茶ノ水本店で「シューズ大試し履き会」が、9月16日(日)~17日(月)に、スーパースポーツゼビオ・東京御茶ノ水本店で開催されるそうです。on とか hoka one one とか履いて感想を教えてください。

 Adidas SPEEDFACTORY

BGM:日曜の午後kkさん

連絡:@runcas180

ERL Total-Wireless Earphones 続報 その2

 半分あきらめていたERLのワイヤレスヘッドホンだが、またメールが来た。前のメールでは6月末に発送するとあったが、まだ写真のような状態らしい。

 手元にあるERLは短時間ランニング用限定で使っている。電池が2時間も持たないので、長めに走ると途中で電池が切れる。充電ケースで充電できれば、それほど不満は感じないだろうが、それはできない。毎回USBケーブルに繋げなければならないので、充電ケースは事実上USBケーブル・アダプター兼保管ケースでしかない。使っていても全然楽しくない。

 ただ、前に送った製品がミスだったと認めて改良版を作る姿勢は評価できる。遅くてもいいからちゃんとしたものを送ってほしい。

雨の週末

20180707_Fukuciyama water 金曜日の夕方から緊急速報が鳴りまくる週末だった。福知山市で一番雨がきつかったのは金曜日の夜だった。福知山市は数年前の洪水のことがあり厳戒態勢で避難指示が出た。自分が住んでいるところも両親の家も水がついたところよりかなり高いので避難する必要はないが、落ち着かなかった。自分が勤めている会社には避難指示の対象となった人も多い。何事もないことを祈りたい・・・

 土曜日には強くなったり弱くなったりしていたが、午前中に一回、夜に一回走った。昼はシャワーランのつもりで出たが意外に降られ無かっただけでなく、途中から日が射してきて、湿度と気温に負けて引き上げた。夜は完全に日が落ちた時間帯で昼間の熱気も収まっていたのを見てからのスタートだったので、快適に走ることができた。

 昼に出たとき、9号線をまたぐルートを走ったが、西向き車線が渋滞していた。その車線は信号が少なく普段は渋滞することはない。その地点で渋滞しているということは、相当の距離がふさがっていると考えられる。高速道路が閉鎖されたことや宮津方面へ行く道が閉鎖されたことが原因だろう。近くで事故が起きている可能性もあるが、それにしては静かだった。側道や工業団地に大型トラックが溢れ出して休んでいた。長期戦を覚悟してのことだろう。お疲れさまとしかいいようがない。

 金曜日の夜に自宅に移動するつもりでいたが、途中の国道が閉鎖されたりしているということで、やめた。土曜日の午前中の国道の渋滞を見て土曜日に帰ることもやめた。

 今回、洪水にならなかったのは、前回の洪水以降続けられた堤防の嵩上げ工事のたまものだろう。写真はライブカメラ。深くはないが道路が冠水しているようだ。

トレーニングログ 2018/07/07 昼のシャワーラン 9.8km

 一昨日からの大雨で騒然としているが、社宅は高台なので仮に由良川の水位が堤防を超えたとしても浸水の心配はないが、なんかザワザワして落ち着かない。昨晩自宅に帰るつもりでいたが、途中の国道が閉鎖されているという情報も有って帰るのをやめた。

 朝、といっても、11時頃にシャワーランのつもりで部屋を出た。が、雨はほとんど降らなかった。このため、予想より体感温度が高くてきつかった。途中からは少し日差しも出て路面から蒸気が沸き立つようになり、湿度は100%に近くなったと思う。少し長目に走りたかったが、8kmくらいでボトルが空になったので帰った。

 国道9号線をまたぐ陸橋を通ったら西向きの車線が大渋滞だった。高速が閉鎖されて国道に流れたためらしい。長時間の渋滞に疲れたのかトラックが高速の進入路の端や工業団地に停まっていて騒然としていた。5時頃に来るまで-スーパーに行ったら、高速の入口が閉鎖されていて再開待ちのトラックが本線まで溢れていた。ランニングしていたら、避難の支援に向かうであろう自衛隊の車両やパトロールのためのガス会社の自動車、救急車、消防車を見た。また、歩道脇の法面が崩れたところにパイロンを張り巡らしてあった。一昨日からの大雨の中にやってくれていたのだ。感謝しかない。 とりあえず、足手まといにならないようにおとなしくしていよう。

 これを書いているのは19時過ぎだが、かなり雨脚はよわってきた。このまま川の水位が下がってくれることを祈るしかない。

UFOの目撃数が減っているらしい

情報源: 写真や動画をすぐ撮れる時代なのに、UFOの目撃数が減っているのはナゼ? | ギズモード・ジャパン

日清食品 焼きそばUFO
食べる前にはキャベバンバン
 面白い記事だ。目撃数が減っている原因としてはいくつも可能性がある。UFOの飛来数が減ったとすればいいが、もともと存在しないものが増減するはずはない。

 目撃証言が減った理由は主に心理的要因だろう。記事にも書かれているように、何かを見たときにUFOと結びつける人が減ったという可能性はある。同じ現象を見た(実際に何かの現象によって発生した光が網膜に届いたという意味)ときに、「これは光が雲に反射してるだけだ」という知識が普及したということだ。それを陰謀論に結びつける人もいるようだが。

 それより自分が興味をもつのは、なぜ昔は有りもしないUFOを見たという人がいっぱいいたかという点だ。それは心霊現象にも通じる。最近読んだ「感じる科学」で、「だれもが見えてないものが見える」というのは脳の勘違いと切り捨てていた。

 この辺は「なぜ人は幽霊が見えるのか」が詳しいのでぜひお読みください。

 そもそも、500年前にUFOを見たという人はいなかったはずだ。UFOという概念が存在しなかったから。これがヒントだ。つまり、人はものを見てそれが何なのかを判断するときに経験(知識)を用いるということだ。さらに言えば、知識が見えるものを決定するとも言える。「XXが見えた」のではなく「脳の中のストックにあるXXに近いものが見えた」のにすぎない。

 昔のスーパーマンのオープニングは「あれは何だ」「鳥よ」「円盤だ」「スーパーマンだ」だった。自分が幼い頃(45年くらい前)にはUFOという名詞はまだ広まっておらず、空飛ぶ円盤と言っていたからだ。「空飛ぶ円盤」から「UFO(ユーエフオー)」になって「UFO(ユーフォー)」になっていった。だから、昭和40年頃では円盤の目撃は有ってもユーフォーの目撃はなかった。

 何かわからないものを見たときに、それを表現する適当な単語が見当たらないときに、(脳の)引き出しにある近い概念の言葉を使う。UFOは2016年のアメリカ市民の心の引き出しの順位が下がったということだろう。それが、科学知識による知見なのか、もっと胡散臭い陰謀論なのかはわからないが。