インフルエンザ予防接種後の社宅ルーター更新 TP-link

TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Archer C50 11ac AC1200 867 + 300Mbps デュアルバンド ipad, ipad pro 対応 無線lanルーター wi-fiルーター 無線ルーター 3年保証を買ってみた。2600円(税込み)だった。昼にインフルエンザの予防接種をして走れなくなることが決まっていたので、今日を受け取りに発注していたのだった。

 今まで使っていたものは単身赴任になったときにかったものでちょうど5年経ったところだった。別に大きな不満があったわけではないが、自宅のルーターをTP-linkのdeco20にしたら快適だったので同じメーカーのものにしたくなったのだった。

 そもそも1LDKに一人暮らしなのでショッボイものでも困らない。というか、WAN回線が今どきADSLなんだから速度へのこだわりなどない。デスクトップPCはモデム直結だし。

 届いて電源とLANケーブルをつないで2分くらいしたらつながった。SSIDとルーターの管理パスワードを変えるのに時間がかかった。SSIDとキーはいつも使っているものにしないと、他のデバイスも全部設定しなければならないからそうした。スマホとタブレットくらいならいいが、Withings のWi-Fi設定は結構癖があって面倒なので2.4GHz帯だけは元のものと同じにしたかったからそうした。まあ、「シールに書いてある初期値は変えろ」というのがネットヲタの助言なので従っておいた。

 TP-linkのルーターはアプリで設定変更ができるところが面白い。遠隔でもファームウェアのアップグレードができた。自宅のルーターにつながっているデバイスも社宅から分かる。

 ただ、このルーター有線のLANポートの速度は今どき100BASE-TXなんで、光回線の速い契約とかで使おうと思ってはいけない。これまで使ってきた5年前のエレコムのルーターは1000BASE-TXだった。逆に、有線でケチってるルーターって珍しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。