やばくま

Runcas180 2019/10/06 由良川堤防遠回りルート/Apple watch 液晶保護フィルム 20.0km

 夏ほどではないが、昼間は暑い。

 昨日の疲れが残っているのか足がだるかった。何回も止まって給水した。というか、給水を口実に止まった感じだった。

 昼間に息子が来たので、Apple watch の保護ガラスを貼ってやったが失敗・・・気泡が入ってしまった・・・説明書も何も入ってないから、類似品のAmazon の説明ビデオのかすかな記憶のみwww

 いつものクリーニング不織布2枚セット。1枚目の液が付いてるやつで脱脂し2枚めで仕上げる。その後、黒い容器に入った液を液晶の上に置きそこにガラスを載せる。その後、付属の紫外線発生ライトをマイクロUSBにつなぎ保護ガラスの上から照射して硬化させるというもの。

 だが、液が Apple watch の液晶上にじっとしていないので難しかった。硬化樹脂は粘度が低くすぐに流れ落ちてしまう。そして、液の量が不十分だと保護ガラスとの間に気泡が生じてしまう。かなり大量に載せて素早く保護ガラスを置くほうが良さそうだ。それと、液を垂らす前に紫外線発生装置はUSBにつないでおくこと、保護ガラスの保護フィルムは先に外しておくことも重要だ。

 次回は自分の Apple watch だが、息子のも貼り直すつもり。ちなみに、気泡が入っていても機能は問題ないみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です