次の iPhone は3D顔認証の可能性が浮上

iPhone 8 case leak これに信憑性を感じるのは右のケースの写真と実装が簡易に思える点だ。このリーク写真が本物ならインカメラの3D化は間違いないだろう。これは液晶タッチパネルでの指紋認識よりは現実的だ。何といっても現行の技術でできる。ハード的にはインカメラを2つにするだけだ。認識エンジンはソフトウェアで実現可能だろう。

 最大の課題は顔認証データのプライバシーだ。タッチIDのように端末に暗号化して保存する認証システムはハードウェア的に独立して組み込むだろう。

 記事にもある通り顔認証には懐疑的だった。自分的に気になるのは、眼鏡(サングラス)による影響だ。メガネを変えたら別人として認識されるのは困る。かといって、眼鏡をしたおっさんなら誰でも使えるというのも困る。

 指紋認証のように、登録時に何種類かの顔写真を登録するか(それはそれで面白そうだが)。素で撮った写真を学習して、認識率を上げていくんだろうか。誤認識してログインできないときにパスコード入力を求め、正しいパスコードを入力した顔データで登録した写真に補正をかけられれば面白い。ただ、本当に別人がパスコードを借りて行うログインとは区別しなければならない。

 あと一つの問題はGALAXY8が写真に騙されたように、立体像にだまされないかだ。複数の色んな角度の写真が出回っているような有名人なら3Dプリンタで立体像を頭像を作ることは可能だろう。それをどうやって見分けるのか・・・

 なお、拉致したり殺した相手の iPhone の認証を解除するという問題についてはタッチIDと同レベルの危険性を引きずるということだろう。まあ、これについては iPhone にかぎらずすべての生体認証に言える脆弱性だが。まあ、ターゲットになるような資産を持ち合わせていない自分には無関係だがww

 話は逸れるが、ログインアカウトを複数作れるようにするのはいつなんだろうか。iPhone はそれほどではないが iPad は家族で使うことも多い。そういう場合に、あまり強いパスワードや顔認識を組み込まれても不便なだけだ。家族の顔認識でログインIDを振り分けられたら、iTunes や Amazon に安心してクレジットカードを登録できる。使用できるコンテンツに制限を加えることもできるようになる。

iPhone 8のロック解除は「3D顔認証」へ切り変わるとの噂。Touch IDはなくなるかも|ギズモード・ジャパン
マスクとか外さないといけない?

突如浮上した、次期iPhoneこと「iPhone 8」に指紋認証機能「Touch ID」が搭載されないという、アナリストからの報告。さらにそれを裏付けるかのように、iPhone 8の指紋認証機能は「3D顔認証」で置き換えられるとの報道が登場しています。

Bloombergによる匿名ソースから得られた報道によると、Apple(アップル)は現在顔全体を認識する3Dスキャン技術をテストしています。これには新型の3Dセンサーが利用され、また虹彩認証も同時に搭載されるようです。

開発者はセンサーの認識速度の向上に取り組んでいて、なんと数百ミリ秒と超高速での生体認証が可能になる予定なんだとか。またスマホを持ち上げなくても、机の上においたままの状態でも顔認識が可能だそう。…え。

なお、3Dセンサーはより多くのポイントから認証を行なうため、指紋認証よりも安全なんだそうです。ただ「Galaxy S8」の顔認証や虹彩認証が簡単に写真などで騙されているのを見ると、若干不安も…。ただGalaxy S8は「2Dスキャン」を利用しているため、3Dセンサーならより安全に生体認証が可能なのかもしれません。ただしBloombergによればこの3D顔認証機能は現時点では検討段階で、すぐにも搭載の可否が決定されるだろうと報じています。

すでにiPhone 8では多くのケースや本体寸法に関するデータが流出しています。このデザインが本当に実現するのであれば、顔認証に仕様される3Dセンサーはこの切り欠き部分に搭載されることでしょう。

さらに、3Dセンサーが「AR機能」と関連したものだとしたら、なかなか楽しみですね。特にスナップチャットやSNOWのような、顔を認識するフィルターが進化する可能性があります。

またiPhone 8では「独自のAIチップ」を搭載して音声認識や顔認識機能を改善し、なおかつバッテリー稼働時間を延長させられるという噂もありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。