「自律走行車が環境に与える影響は誰にもわからない」だと?

 答えてあげよう。

 「アレキサンダー=カーンズを含む報告書作成者チームは、ロボットカーが環境に及ぼす影響は、次の3つの疑問を明らかにしない限りわからないという。(1)自動運転の普及がクルマの総走行距離にどう作用するか (2)自律走行車は渋滞にどんな影響を与えるか (3)自律走行車の効率はどの程度になるか、の3つだ。」

(1)自動運転の普及がクルマの総走行距離にどう作用するか:わかるとかわからないという性質の問題ではなく「どうするか」という問題だ。不要なドライブで走行距離が伸びることで環境に負荷がかかるようであれば、一人あたりの走行距離に応じて累進的に使用料を設定するとか環境負荷税などを課せばいい。自分が提案する社会システムとしての自動運転が実現されれば、ユーザ毎の走行距離も把握できるから、走行距離をクレジットとして、売り買いすることも考えられる。今でも、排気量の大きな車や業務用車両は税金が高い。それと同じことだ。十分にコントロール可能だ。

(2)自律走行車は渋滞にどんな影響を与えるか:自分が提案する社会システムとしての自動運転が実現されれば、渋滞はほとんどなくなる。理由は前に書いた。

(3)自律走行車の効率はどの程度になるか:どの程度かを数値化することは難しいが、自分が提案する社会システムとしての自動運転が実現されれば、大幅に良くなる。理由は前に書いた。

robot driver 一番のハードルは人間運転車の淘汰だ。人間ドライバーがいる限り信号や無駄な駐車場をなくすことは出来ないし、車間距離も人間の反応速度に合わせる必要がある。これを排除するための法整備とインフラの構築をすすめるべきだ。

 それとは別にこの記事は wired らしい分かりにくい記事だ。「悲惨な未来を予測する研究もある。」と「環境にとってのユートピアをつくり出すことも、ディストピアをつくり出すこともありうる」とあるが、その論拠が全く示されていない。

 最後の方で電気自動車が解決するような文があるが、それは自動運転とは関係ない。自動運転のもたらす環境負荷について考える時に自動運転と関係のない動力源を持ち込むのは間違いだ。でないと「だったら、人間運転の電気自動車すりゃいいじゃん」になってしまう。

「自律走行車が環境に与える影響」はまだ誰にもわからない|WIRED.jp
 自律走行車についてあまり議論がされていないのが、その環境への影響だ。自動運転の普及によって環境負荷は大きくなるのか、小さくなるのか。研究者の間でも意見が分かれている。

自律走行車の開発を手がける自動車メーカーやテック企業に対して開発の理由を尋ねれば、きっと次の2点を主張するだろう。ひとつは、自律走行車は人間の命を救うこと。そしてもうひとつは、人間が運転しなくてもよくなれば、クルマの新たな使い道と新しいユーザーが生まれることだ。

それと比べればあまり言及されないが、より安全かつ快適な世界を実現するために等しく不可欠な要素がある。効率性だ。つまり、自律走行車はガソリンで走る従来の自動車と比べて、環境に与える影響が少ないだろうということだ。

ところが、シンクタンク「Center for American Progress」(CAP)が2016年11月に発表した報告書は、その仮定に疑問を投げかけている。報告書作成者のひとり、ミリアム・アレキサンダー=カーンズは「(環境への影響については)どちらに転ぶかわかりません」と話す。

アレキサンダー=カーンズを含む報告書作成者チームは、ロボットカーが環境に及ぼす影響は、次の3つの疑問を明らかにしない限りわからないという。(1)自動運転の普及がクルマの総走行距離にどう作用するか (2)自律走行車は渋滞にどんな影響を与えるか (3)自律走行車の効率はどの程度になるか、の3つだ。

問題は、自律走行車が、とりわけ導入の初期段階でどのように利用されるかがわかっていないことだ。自動運転技術はまずライドシェアサーヴィスで導入される可能性が高いので、必要な自動車の数が減り(日本語版記事)、クルマの走行距離が全体的に減ると想定できる。一方で、運転する必要がなければクルマに乗ることがはるかに快適になるので、走行距離が大幅に増えると考えることもできるだろう。

「これまでの研究では、明確な結論は出ていません」とアレキサンダー=カーンズは言う。むしろ、相反する結論が出ている。自律走行車が大きな可能性を秘めていることを示す研究もあれば、悲惨な未来を予測する研究もある。

米環境保護庁もこの問題を調査しており、交通・大気汚染管理部のクリストファー・グランドラー部長によれば、自動運転技術は「環境にとってのユートピアをつくり出すことも、ディストピアをつくり出すこともありうる」という。

CAPの報告書作成者らは、データをもっと収集し、より複雑なコンピューターモデリングツールを使ってさらに厳密な調査を実施すべきだと述べている。そうすれば、自律走行車同士や、自律走行車と人間がハンドルを握る自動車が、さまざまな状況においてどのように作用し合うかを明らかにできるかもしれない。

「自律走行車がいたるところを走るようになるまで、問いかけるべき重要な問題を放置しておくわけにはいきません」とアレキサンダー=カーンズは言う。

とはいえ、容易に解決できそうな問題もある。それは、各自律走行車がどの程度環境を汚染するかという問題だ。自律走行車が電気で動き、適切な再生可能エネルギーが使われるようになれば、それほど問題はない。最近では、未来を見据えたコンセプトカーのほとんどが電力で走り、自律走行機能を搭載している。しかし、政策立案者たちが燃費向上と電気自動車の普及に力を入れることをやめ、必要なインフラづくりを推進しなければ、自動車メーカーはガソリンを使う自律走行車をつくることになるだろう。

「わたしたちは、いまが電気自動車の普及を進めていくための絶好の機会であることを強調したいのです」と報告作成者の1人であるミランダ・ピーターソンは話す。そうしなければ、未来は、思ったよりも未来的ではなくなってしまうかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です