Soundpeats Q12 2.0 は快調そのもの(一月で壊れました)

 LEDが点灯しなくなって修理(交換)となったのはSoundpeats Q12 修理に書いた。

 受け取って気づいたことを記録したい。

 完全な新品を送っていただいたので、現在購入すればこのバージョンが手に入るはずだ。ただ、これがバージョン間の違いなのか自分のものがハズレだったかの検証はできていない。

  1. 音質が大幅に改善された。前のものは音楽を聴く気になれなかったが、新バージョンは普通に聴ける。有線ヘッドセットには劣るが、耳障りな高音とスッカスカな低音が補正されて、静かな部屋でもそれなりに音楽を楽しめるようになった。同価格帯の無線ヘッドフォンと同等の音質にはなったと感じる。
  2. コントローラー部に認証マークが付いて安心w
  3. メッセージが日本語になった。音量の大きさは変わらず、若い女性の声のようになったので前よりうるさく感じるようになった。
  4. 磁石の強度が少し上がって、レジとかでちょっとヘッドフォンを耳から外す時とかに使えるようになった。ランニング中には使えないことは変化なし。

 一番大きなのは音質の改善だ。メッセージの悪化を補って余りある。音質にこだわりのある人は知らないが、外で移動中に音声コンテンツを楽しむという程度には十分なコストパフォーマンスだといえる。これまではおすすめできないと書いたが、オススメできるものになった。こんな価格帯の製品だから、一度製品化したら改善なんてしないのかと思っていたが、そうではなかった。

関連:Soundpeats Q12 を買ってみたよ

追記:これを書いたのが4月8日だったが、1ヶ月もせずに不調。5月25日には電源が入らなくなった。何度もサポートに修理を依頼するとクレーマーと思われそうだし、どうせすぐ壊れるのでストレスが溜まるだけだ。もう二度と Soundpeats の製品は買わない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です