安藤友香選手のフォームはトレッドミル走法?

 12日の名古屋女子マラソンで2位、日本人1位でゴールした安藤友香選手の走りを下の動画で初めて観た。たまげた。

 優勝のキルワ選手の上半身の回転を使って腰を振って足を大きく振り出すダイナミックな走法と対照的だ。前にトレッドミル走法でとりあげた走法に似ている。目立つのは腕の振りが少ないことだが、それ以上に、骨盤より上がほとんど正面に向いたままというのが気持ち悪い(いい意味で)。足も高く蹴り上げないしヒールストライクにすら見える。

 あんな走り方でもあんなに速く走り続けることができるんだと驚いた。そして、同じチームの清田選手も同じようなフォームだ。コーチの意図があってそうしているのだろうか。偶然、似た特徴の選手がいたのか分からない。どちらにしても、あのような個性的なフォームを触らずに伸ばせたのは素晴らしい。

 でも、真似したい走りじゃないなぁと5時間もかかるジJJYは思う。どうせ遅いんだから見た目くらいカッコよく走りたいじゃんww

 下の動画で2人のフォームを堪能していただきたい。消えている場合は「名古屋女子マラソン2017」で検索だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。