再生工場または2006年XPマシンの可能性は如何に 2 windows 8, さらに 10 まで・・・

 HDD が回りっぱなしになって反応は悪いが、それほど重くはない。調子が悪かった頃の XP よりはるかに快適だ。UI については iMac に入れていたので戸惑いもない。IE でしか試していないが、IE のレスポンスは XP 上の IE9 より良いくらいだ。

 気を良くして、Windows 10 をインストールしてみた。ダメでも 8 に戻すことができるし残すべきデータもゼロなので気楽だ。Windows 10 はネットからダウンロードする必要があるので 1 時間以上かかったようだが、席を外していたので正確な時間はわからない。XP はインストール途中でダイアログに答えたりする必要があり無駄に時間を費やした。席を外して、「そろそろ終わってるかな」と戻ってみたらダイアログを出して止まってることがあった。Windows 10(8もそうだった)のインストーラーはそのようなアホなことはない。

 Mac OS のように外付けメディアからデータや設定を引き継ぐというオプションはないが、アップデートインストールの場合には前バージョンの設定は引き継いでいた。

 Windows 10 は 8 とあまり変わらない。ブラウザのレスポンスも悪く無い。UI は 8 と基本的に一緒なので 8 を使っている人なら戸惑うことはないだろう。intel core 2 duo 1.8 GHz 2GB G954 という古いハードでもブラウザ中心の使い方なら問題はなさそうだ。waze の画面の書き換えなど、CPUに負荷のかかる処理は遅いが、イライラするほどではない。時間がかかるのは HDD アクセスが多いタスクだ。HDD が 300GB と今主流のものより少ないのが原因だろう(容量が大きいと一回転に記録できるデータが増えるので回転が同じでも時間あたりの転送量が増える)。SSDに換装すればブラウザメインの使い方ならメインマシンにできるだろう。

 使うアプリが少ないので windows 8 でも困ってはいなかった。スタートメニューの復活も自分的にはそれほど大きなことではないが、一々タイル画面に行ってアプリを起動しなければならない不便さは解消された。

 Edge というブラウザはフラット過ぎて使い難いが、慣れれば Chrome と大差はなさそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です