iPhone 3GS Jailbreak 失敗

 iPhone 3GS の延命のためにルーター化する事を思いついた。こういった事をするには古いバージョンのほうがいいだろうから iOS 5 にも上げずにいた。

 しかし、結論から言うと、ダメだった。iPhone 3GS の最新OSは4.3.5でこのバージョンの成功例は多数ネットに転がっていた(ひもつきだが)。しかし、そこで定評のあるソフト redsn0w で試みたが反応がなかった。DFU モードに入るのに失敗してるのかと何回もやったが同じ所で失敗。システムプロファイラで DFU モードに入っているか確認出来るという事を知りやってみたらちゃんとDFUモードに入っていた。にもかかわらず先に進んでくれなかった。

 どうやら、今の自分の iPhone 3GS に入っているベースバンドは脆弱性を塞いだバージョンらしい。そして、これは日本ローカライズ版なのかアメリカの報告には全く上がっていない(見落としてるかもしれないが)。いくつかの日本のサイトにこのベースバンドの端末を脱獄させるためには iPad のベースバンドを入れるという物があった。しかし、そのためには GPS が使えなくなってしまうらしかった。テザリングをするためにGPSのような基本機能(他でカバー出来ない)が使えなくなるのでは本末転倒だ。

 で、脱獄は諦めた。しかし、ルーターを使って自宅以外でも XOOM (将来的には出るであろう iPad3)をネットにつなぐという野望を捨てたわけではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。