脂肪燃焼率の謎

 cateye:MSC-HR10という心拍計には、消費カロリーと脂肪燃焼率算出プログラムが組み込まれていて、身長・体重と心拍数から計算してくれる。カロリーはなんとなく分かる。この程度の人間がこれだけ動いたらこれだけカロリーを消費するということは経験的に分りそうだ。単位もカロリーだし。一般的な数値としては近いものが表示されているんだろう。

 疑問なのは脂肪燃焼率。単位はパーセントだが、何に対するパーセンテージなのかわからない。cateyeの取説にも、脂肪燃焼率については一言も書かれてはいない。40パーセントと出たとき、低いのか高いのかが分らない。高いほうがいいのか低いほうがいいのか、単なる結果なのか・・・

 「脂肪燃焼率」で検索しても出てくるのは、Polarやcateyeの心拍計の説明と「これを摂取したら脂肪燃焼率が3倍」とかいうサプリメントの公告、「脂肪燃焼率の高いのは有酸素運動で・・」といったエクササイズの紹介ページばかりだ。どこにも脂肪燃焼率で表示される数値についての説明が無い(いや、どこかにあるのかもしれないが埋もれて見つけ出せない)。

 「脂肪燃焼率の高い運動」とか「脂肪燃焼率が高くなるサプリメント」とかいう記述が様々なページにある。だったら、心拍計で表示される脂肪燃焼率は無意味だろう。運動の方法やサプリメントといった、心拍計で測ることのできないものによって、数倍(!)ものブレが生じるような数値が何の参考になるんだろう・・・まあ、「脂肪燃焼率が3倍(17倍と書いているものもあった)になる」というキャッチが誇大広告な気はするが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です