iMac メモリ増設・・・なはずが

 今使っているiMacは2007mid だ。先日、購入後満4年を迎えた。会社ならリース切れで入れ替えだ。しかし、うちの iMac はまだまだ現役だ。

 実際、windows マシンだと4年も使ってると不具合が発生して使用が厳しくなってくる。4年以前のハードウェアスペックなので当然ともいえるが、使っているアプリが変わるわけではないので(会社の場合には ms office も同時にリースで買うので途中でアップグレードされることはない)、遅くなる理由はないんだが、月日と共に遅くなっていき、不安定になって最後の一年は忍の一文字で耐え忍ぶ感じになる。あまりに時間のかかるタスクは新しいPCを使っている同僚に頼んでやってもらうことすらあった(今年リプレースなので社内では最新機種だから今はそんな必要はないが)。

 一番腹立たしいのは、一番不安定になるのは MS Excel と Word ということだ。windows の純正ソフトといっても過言ではない。MS の代名詞とも言えるソフトがまっさきに不安定になる。これまで、excel が落ちて失った時間を数えたらむかっ腹たって眠れなくなりそうだ。まあ、windows 7 で office 2010 を使ってる今では、トラブルの回数は減ったし、以上終了してもリカバリできることが多くなったことは書き添えておく。

 話がそれてしまったが、iMacは今でも快適だ。先日 HDD がトラブって苦労したが、スペック不足になったわけではないし、リカバリ後は普通に使えている。

 そんなiMacなので、さらなる延命を図るためにメモリの増設を画策した。使っているiMacはメモリスロットが2つあって、最高 4G まで使える。今入っているのは 1GB x 2 も計2GB。この際なので、2GBX2で4Gまで増やそうと思った。Amazonで探したら3,300円というものがあった。規格も大丈夫そうだったので買ってみた。今日、メモリを換えようとやっと動き出した。しかし、iMacに付いているメモリを外して驚いた。ノートPC用みたいな形状のメモリだったのだ。つまり、買ったものはつかない。ということ。

 自分のミスなのでクレームを付けるわけにはいくはずもなく、再度(今度こそは間違いのないもの)メモリを発注した。やれやれ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です