AONIJIEランニングベスト 購入 RV2

runvest-packing 前に AONIJIE のランニングベストを買った(名称がないので”RV1″と呼ぶ。以下同様)。かなり良かったので、軽量版を買ってみた(同様に”RV2″と書く)。ベースが全てメッシュなので涼しそうだから。後、価格が信じられないくらい安いことももちろん大きい(1,500円程度)。


runvest-front RV1 と比較すると涼しそうに見える。



runvest-back 後ろから見るとRV1が着衣のベストに近いことが分かるだろう。

 かなりの表面積を覆うので特に涼しさは感じない。が、条件を揃えて比較したわけではないので、このベストが暑いのか、単に気温・湿度が高いのかは分からない。またRV1との比較もしていない。


runvest-backpocket 背中のポケットはフラップなどはなく、磁石で留めてあるだけ。マチがないので大きなものを入れないかぎり開きっぱなしになることはなさそう。

 背中のポケットは小さいので RV1 に同梱の水袋は入らない。少ない水で余分を折りたためば入るかもしれないが・・・そんな大量の水を持たなければならないシチュエーションならRV1を使うだろう。


runvest-leftpocket ショルダーベルトの前についているポケットは小さく浅い。なので、500mlのペットボトルは入らない。

 アクエリアスの300mlのペットボトルを潰したものでちょうど。これなら走っても飛び出す心配はない。AONIJIE の 250ml 用フレキシブルボトルは収まらず飛び出てしまう。固定用のループもない。

 左のポケットの上には小さなファスナー付きのポケットがある。が、小さいのでiPhoneはもちろんクレジットカードサイズのカードキーも入らない。金属の鍵や小銭くらいしか入らない。札も折りたためば入るが後ろがメッシュなので汗で濡れてしまうだろう。iPhoneが入らないのは予想していたがカードキーも入らないとは、ちょっと誤算だった。

 右のポケットにはiPhoneを入れているが、6 でもギリギリという感じだ。plusやAndroid の大型モデル入らないだろう。また、防水性は全く無いので必ず防水性の何かに入れたうえでポケットに入れないと汗で水没状態になる。また、落ちやすいので靴紐を結び直したりする時に注意しないと落としてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です