Windows 8で日本を元気にしたい–日本マイクロソフト 樋口社長 – ZDNet Japan

むしろ、Microsoftさんには引っ込んでて欲しい。パソコンの一番高い部品がWindowsなのだから。同じことを Windows RT を繰り返そうとしているが・・・

Windows 8で日本を元気にしたい–日本マイクロソフト 樋口社長 – ZDNet Japan

日本マイクロソフトは、東京・芝公園のザ・プリンス パークタワー東京において、「マイクロソフト ジャパン パートナー コンファレンス 2012」を開催した。

 同社のビジネスパートナーが一堂に会し、マイクロソフトの事業方針などを説明。10月26日に発売が予定されている「Windows 8」をはじめとする同社新製品に関する最新情報などを公開した。

 同社によると、事前登録した参加者数は1800人にのぼっており、同社が今後投入する新製品に高い関心が集まっていることを裏づけるものとなった。

 午後1時から開始したコンファレンスは、日本マイクロソフトの樋口泰行社長による「新年度のビジネス戦略とフォーカス分野」と題した基調講演で幕を開け、その後、日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows本部 本部長の藤本恭史氏によるWindows 8の最新情報、業務執行委員 Officeビジネス本部 本部長のロアン・カン氏による次期「Office」の概要、業務執行役員 サーバープラットフォームビジネス本部 本部長の梅田成二氏による「Windows Server 2012」の説明のあと、テクニカル・ソリューション・エバンジェリストの西脇資哲氏による統合ソリューションのデモストレーション。そして、業務執行役員 パートナーソリューション営業統括本部 統括本部長 兼 パートナー戦略統括本部長の佐藤恭平氏によるソリューションパートナービジネス支援策の説明と、午後6時まで半日をかけて行われるものとなった。

 基調講演で樋口社長は「今年7月から始まった当社新年度は、Windows 8、次期Office、Windows Server 2012と、過去最大規模の新製品をリリースするシーズンになる」と前置きし、「特に最大の目玉となるのがWindows 8。Windows 8は、キーボートやマウスだけでなくタッチ操作も可能になり、インテル以外のCPUでも動作し、様々な形状のデバイスで採用されることになる、いわば万能なソリューションである。Windowsを再創造するものであり、パートナーとの連携強化や、市場の活性化を促すことができるだろう。10月26日の発売が今から待ち遠しい」などと語った。

 講演の中では、Windows 8への広告投資が過去最大規模になることについても触れ、「広告投資額はWindows 95を上回るものになるだろう。オンライン、新聞、雑誌、屋外広告のほか、テレビCMも展開することになり、かなり長期間に渡りテレビCMを流すことになる」とした。

 続けて「良い商品を自信をもって出し、相当数の広告量によって広く告知されることになる。自ずと盛り上がることになるだろう。このモメンタムをパートナーと一緒に生かし、Windows 8で日本を元気にしたい」などとした。

日本企業の改革を支えるITの重要性を説く
 だがその一方で、「Windows 8に関する情報については、グローバルでの一元的な施策を実行しているため、これまで通りに情報が出てこないとの指摘も頂いている。これは競合戦略上のものであり、その点を理解してもらいたい」と語った。

 樋口社長は、市場の要求が変化していることも指摘。「コスト削減や事業継続性に対する要求が急速に高まるだけでなく、韓国や中国、台湾の企業に比べ、日本の企業がもっと強くなるにはどうしたらいいのかといった要求が高まってきている。経営のスピード向上や社風の改革、世界視点での取り組み、ガバナンスの向上、インテリジェンスなオペレーションの実現といった点に関心が高まっており、その改革を支えるのはITになる」などとした。

 また、樋口社長はマイクロソフト自身も変化の中にあるとし、新製品群の投入により新たな時代へと突入することを示しながら、「四半世紀ぶりにロゴを変更した。それもマイクロソフトにとって、新時代を迎えることを象徴する取り組みのひとつ」などと語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です